イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

『イッテQ』ヤラセ騒動の余波

人気バラエティ番組の企画はヤラセばかり!?打ち切り危機も…
写真

人気連載

11月上旬の人気記事ランキング

 元貴乃花親方の花田光司氏が、10月29日放送...…
写真

ドラマレビュー

『下町』悪役たちが“顔面パレード”

 鍋料理の後のおじやのように味わい深い、オジさん俳優たちが大挙出演する熱血理系ドラマ...…
写真


 >   > 激白Wインタビュー『宇宙ショーへようこそ』のヒミツを語り尽くす(後編)
【舛成孝二(監督)×石浜真史(キャラクターデザイン)】

激白Wインタビュー『宇宙ショーへようこそ』のヒミツを語り尽くす(後編)

usy03.jpg(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会

前編はこちら

■テーマは友情と成長

──この作品のテーマはなんですか。

舛成 テーマは友情と成長ですね。友情に関しては、子どもたちのピュアな友情と、過去のいろんなモノを背負った大人たちの友情が描いてある。

──大人の話で言うと、人間いいことも悪いこともある。時には悪い人間になってしまうこともあるという、人生の難しいところまで描いてありますね。

舛成 たぶん映画をたくさんご覧になっている方には、今回表現している部分だけでそこまで汲みとっていただいていると思うんですよ。でも分からない人には、分からないと言われるレベルでしか描写していないんです。キャラクターの会話だけで納得させられるようなスパイスは効かせてあるんですが。

──そうしたちょっと分かりにくい大人の友情と、分かりやすい子どもの友情が交錯するわけですね。ポチが初めに子どもたちと出会う冒頭の田舎の場面は、匂い立つようにとてもリアルで驚かされました。どんな狙いがあるんでしょうか。

舛成 なんであそこまでリアルにやるかというと、基本的に絵空事だからなんですよ。でもそこで、子どもたちはリアルに宇宙を体験しているんだという方向に持って行きたいんですね。そうすると、冒頭の地球篇をリアルに描いて、この子どもたちは本当にこの村で生きているんだということを描いておかないといけない。そのあとに続くファンタジーが絵空事になってしまうので。

──おっしゃるように、宇宙に出て行くことでストーリーは飛躍するんですが、子どもたちの月世界体験に、初めての海外旅行的な意味合いを込めたことはありますか? 共感できるリアルな描写もありますが。

usy05.jpg(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」
製作委員会

舛成 シナリオの段階から入っていますね。僕が最初からやりたいと言っていたのが「月でバイトする」ということ。子どもが初めて自力で働いて、初めて給料をもらう、という。給料をもらったあと、みんなが誇らしげな顔をしているんですよね。あそこが一番好きなシーンかもしれない(笑)。

──異文化交流と勤労体験と。

舛成 そうそう、ふたつ入っているっていう。

──そんな子どもたちの描き方がステロタイプじゃないなと思ったんですが。

石浜 実際に子どもたちひとりひとりのバックグラウンドとか、それまでその子たちが考えてきたことを、舛成さんに細かく訊いて進めていきました。服装や髪型も、こういうふうに生きてきたからいまこうなんだっていうのを、きちんと話し合い進めたんで、ステロタイプじゃないというニュアンスが出ているんだと思います。

舛成 最近の子どもたちの様子を見ていてびっくりしたのが、子どもが大人なんですよ。言ってることがびっくりするくらい大人なことがある。もう、なんか普通に愛の告白をしているようなガキンチョがいたりするわけですよ(笑)。

石浜 政治家に文句言ったりね。

舛成 そう。でも、よくよく突き詰めてみると、言っていることは子どもなんですけどね。パッパッと出てくるセリフのチョイスがびっくりするくらい大人な瞬間があって。周(あまね)はそれがポン、と出ちゃうんだけど、でも目の前のバッタには飛びつくんですよね(笑)。

──ここでちょっと変化球の質問なんですが、最近、非実在青少年問題が大きくなってきています。ややもすると問題視されるので、フェミニンな要素のある描写をどのくらいの濃度で抑えるのかというのも、難しかったんじゃないかと思うんですが。

石浜 そのキャラクターが持つ魅力と思えば、抑えるということではなく、魅力として前面に押し出そうという気合はありましたよ。それが仮にフェミニン……フェミニンにつながり得るものだとしても、あくまでキャラクターの持つ魅力、という描き方をしました。

舛成 ただ、そうは言っても、やはり全く無視をしていたというわけでもないです。夏紀は最初ミニスカートの設定だったんですが、これはダメだろうと。夏紀は何も気にしないで動いちゃう子なので、ショートパンツに変更しました。「私がかわいい」と自覚した上での絵作りだとマズイと思うんですよ。ただ、今回出てくる女の子の所作は、「私がかわいい」と思ってのことではないんですよね。たぶん倫子は気にしていると思うんですけど。

石浜 だから「決めポーズ」がないんですね。倫子だけがそれは解禁、ちょっとした決めポーズが唯一できるキャラクターとして描いています。

──でもそれも、現実の女の子が、ちょっと意図的にかわいこぶってみる、という範囲の調整ですよね。きちんとケレン味はあるんだけど、アニメ的な小芝居はさせていない。

舛成 『かみちゅ!』や『R.O.D』のときもそうなんですけど、画面を通して媚を売らない。本当にそこにいるように(ノンフィクション的に)描くんです。アイドル映画は、アイドルの子がこの役をやっている、というのがバレバレなことをやるじゃないですか。そうはしたくない、という。

usy02.jpg

 よくできた映画は、ブサイクなんだけど、最後になるとかわいく思えてくる作り方をする。そういう感覚なんだと思うんですよ。わざとかわいく撮らなくても済む。結果、かわいくなっていく。

──話は尽きないんですが、お時間が来たようです。最後にこれから映画をご覧になるファンの方、これから観る気になってほしい読者のみなさんに、一言ずついただけますか。

石浜 死ぬ気で作っている映画で、絶対面白いはずなので、とにかく観れば大丈夫です。舛成さんを知らない人もぜひ来ていただきたいと思います。

舛成 人生に疲れている方に(笑)。

石浜 そんな効果が(笑)。

舛成 ちょっと自分探しをしたいと思っている人は、観ると新しい発見があるかもしれません。

石浜 キャッチコピーみたいですね。

舛成 本当、観た人の感想を聞くと、ひとりひとり感動するポイントが違うんですよ。オレはここが好きだったんだけど、この人はここが好きらしい。そして互いに相手が好きなところを否定する必要がない。そういう作りになっています。

──見どころがいっぱいですね。舛成さんは何回観て欲しいと思ってますか。

舛成 たくさん観てほしいけれども、実は一回でも十分なんですよ。一回観て、面白かったと心に残しておいてくれれば、それで十分ですね。「観てない」って言われるのが一番辛いですから(笑)。
(取材・文・写真=後藤勝)

●舛成孝二(ますなり・こうじ)
アニメーション映画監督、脚本家、演出家。島根県出身。OVA『R.O.D -READ OR DIE-』テレビシリーズ『R.O.D -THE TV-』を経てテレビシリーズ『かみちゅ!』を監督し、第9回(平成17年度)文化庁メディア芸術祭アニメ部門優秀賞を受賞。アニメ監督としての評価を確立した。映画の教養とセンスを基礎に据えた画面構成に定評がある。『宇宙ショーへようこそ』が初の劇場作品となる。

●石浜真史(いしはま・まさし)
アニメーター。東京都出身。OVA『R.O.D -READ OR DIE-』テレビシリーズ『R.O.D -THE TV-』でキャラクターデザインと作画監督を務め、舛成作品の一翼を担う存在となる。他作品に忙殺されて『かみちゅ!』ではオープニング制作にとどまったが、『宇宙ショーへようこそ』では再びキャラクターデザインと作画監督を担当。舛成監督を世界に担ぎ出すという誓いを守るべく必死に働き、作品を完成に導いた。とにかく巧い。

●『宇宙ショーへようこそ』
美しい自然に囲まれた村川村。唯一の小学校に通う生徒は全学年を合わせて5人だけだった。夏休み恒例の「子どもだけ合宿」で学校に集まった5人は、謎のミステリーサークルと、ケガを負い倒れている一匹の犬を見つける。しかし、人の言葉を解し、話しだす犬に子どもたちは仰天する。なんと犬は犬ではなく、惑星プラネット・ワンから来訪した犬型宇宙人のポチだったのだ。2100万光年のかなたから飛来したポチの事情を聞いた5人は、この出会いをきっかけに、人類史上最大の宇宙旅行へと旅立つことになる。過疎の村の子どもたちと一匹の宇宙人は、銀河で何と遭遇するのだろうか──。
6月26日(土)から新宿バルト9、シネ・リーブル池袋ほかで全国ロードショー。
<http://www.uchushow.net/>

かみちゅ! 1

R30?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
『マイマイ新子と千年の魔法』地味すぎるアニメ映画が起こした小さな奇跡
Production I.G×XEBEC ハイクオリティ手描きロボットアニメ『ブレイク ブレイド』起動!!
竹達彩奈&巽悠衣子との握手を求めて日曜の昼下がりにファンが殺到!

こんな記事も読まれています

激白Wインタビュー『宇宙ショーへようこそ』のヒミツを語り尽くす(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

下町ロケット

TBS/日曜21:00~

新シリーズは竹内涼真が大活躍!?

下町ロケット

今日から俺は!!

日本テレビ/日曜22:30~

伝説のツッパリ漫画に福田組が全力で挑む

今日から俺は!!

SUITS/スーツ

フジテレビ/月曜21:00~

織田&鈴木の『東ラブ』コンビが復活

SUITS/スーツ

僕らは奇跡でできている

フジ/火曜21:00~

高橋一生、ゴールデン初主演で“変人”に

僕らは奇跡でできている

中学聖日記

TBS/火曜22:00~

教師・有村架純が生徒と禁断の恋

中学聖日記

獣になれない私たち

日本テレビ/水曜22:00~

チーム『逃げ恥』が再集結!

獣になれない私たち

PRINCE OF LEGEND

日本テレビ/水曜24:59~

「ハイロー」のLDHがおくる新プロジェクトは「王子」

PRINCE OF LEGEND

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

テレビ朝日/木曜21:00~

米倉涼子、医者から弁護士に転身!?

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

フジテレビ/木曜22:00~

佐々木蔵之介と中山美穂の不倫モノ

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

大恋愛〜僕を忘れる君と

TBS/金曜22:00~

ムロツヨシが本格ラブストーリーに初挑戦

大恋愛〜僕を忘れる君と

忘却のサチコ

テレビ東京/金曜24:12~

高畑充希が“食べて忘れる”グルメコメディ

忘却のサチコ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-

日本テレビ/土曜22:00~

泥棒エンケンが刑事ケンティーの相棒に!

ドロ刑 -警視庁捜査三課-