トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

『イッテQ』ヤラセ騒動の余波

人気バラエティ番組の企画はヤラセばかり!?打ち切り危機も…
写真

人気連載

11月上旬の人気記事ランキング

 元貴乃花親方の花田光司氏が、10月29日放送...…
写真

ドラマレビュー

ガッキーより榮倉奈々に共感するワケ

 高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)。13日放送の第6話の視聴率...…
写真


 >  >  >  >   > AKB48黎明期を支えたファンの”夭逝” NMB48が歌い継ぐ「ライダー」誕生秘話

AKB48黎明期を支えたファンの”夭逝” NMB48が歌い継ぐ「ライダー」誕生秘話

rider000.jpg『teamA 3rd Stage「誰かのために」』
(DefSTAR RECORDS)

 5年の活動で、関連グループを含め350曲以上のオリジナル楽曲があるアイドルグループ・AKB48。その中で、唯一特定のあるファンをモチーフにした楽曲がある。それが2006年8月から07年1月に行われたチームA3rd公演『誰かのために』の7曲目「ライダー」。AKB48を活動10日目の05年12月18日から応援し続けた故・福原浩文さんに捧げられた1曲だ。

 バイクが好きで”ライダー”の愛称で知られた彼は、連日AKB48劇場に通っていたが、06年6月16日に劇場で倒れ、病院に搬送された後、7月1日、不帰の人となってしまう。32歳で夭逝した彼のエピソードは、ファンブック『48現象』(ワニブックス)で6ページに渡って紹介されている。

 そんなファンの思いが詰まった楽曲を含む『誰かのために』公演を、11年1月1日から大阪・なんばを拠点に活動を開始するNMB48が披露することになった。そこで、福原さんのご家族の許可も得た上で、彼の親友で同じくAKB48ファンのYさんに、福原さんとの出会いから楽曲誕生の背景、年月を重ねた現在の思いを語っていただいた(以降、「」内はYさんの言葉)。

「福原くんとは94年に指圧師の専門学校で会いました。お互い格闘技やアイドルが好きだったことから懇意になりました。翌年、福原くんはボクシングを始め、その後プロデビューも果たしています。ボクサーは引退しますが、それからお互い指圧師の道に進み、05年12月に彼はAKB48と出会います。駒谷仁美さんと渡邊志穂さんの二人(現在は両名とも卒業)を推していましたね。メンバーをあえて苗字で呼ぶ声援をしたり個性的な面もあったけど、ほかのファンの方からもその熱心な姿勢は認められていたと思います。メンバー全員にまめに手紙を書いていたし、『桜の花びらたち』の全国イベントでは、北海道、金沢、大阪、名古屋などにも遠征。その時も、AKB48のハッピを着たまま飛行機や新幹線に乗っていました。それは彼が周囲の視線を気にしない人間だったのではなく、AKB48をより世間に広めたい一心だったからだと思います」

 Yさんは福原さんに誘われて、06年1月6日にAKB48劇場に足を運び、それから一緒に劇場に通うようになる。現在チケットは一般3,000円だが、当時は1,000円。しかも、ファンは多くても70人ほどしかいなかったという。だが、2月4日には初の劇場満員公演を迎え、4月にチームKが発足し、チームAは2nd公演『会いたかった』がスタートし、次第にファンは増えていく。劇場で知り合った共通の友人もできる中、06年6月16日は、Yさんにとって忘れられない日となる。

「その1週間前から福原くんは『風邪をひいている』と言っていました。6月16日は大江朝美さん(現在は卒業)の生誕祭で、チケットが早く売り切れてしまったんです。徐々にAKB48の人気が出ているのを実感しつつ、劇場には僕と福原くんともう一人友人が一緒に来ていて、食事に行こうと彼を誘ったんですが『体調が悪い』と言うので、とりあえず僕は友人と食事に出ました。そして劇場に戻ると、福原くんがトイレの入り口で倒れていたんです。彼が『救急車を呼んでください』と言うので、劇場のスタッフにも相談すると、迅速に対応してくれて、救急車を呼びました」

 Yさんは福原さんの救急車に同乗し、東京医科歯科大学へ向かう。福原さんは脳内出血の可能性があり、精密検査の結果、緊急手術を行った。小康状態となるが、再出血があり、集中治療室に入ることになる。そんな福原さんの容態をAKB48サイドに伝えるかどうかは大いにためらったが、友人と相談し、最終的に6月28日、劇場側に報告。すると30日に、劇場支配人の戸賀崎智信氏が駒谷、渡邊のお見舞いメッセージが入ったMDを手に福原さんを見舞った。だがその夜、7月1日未明に福原さんは亡くなってしまう。

「通夜は2日に行われ、戸賀崎さんがいらっしゃるのは事前に聞いていたんですが、駒谷さんと渡邊さんも参列してくれました。本当にびっくりしましたし、心からうれしかったですね。実はほかのメンバーも『行きたい』と言ってくれていたようです。僕は、10年来の友人を突然亡くした衝撃が大きくて、しばらくは劇場に足が向きませんでした」

 そんな中、AKB48は当時行われていたチームA2nd公演が8月11日で千秋楽を迎える。次の公演の準備が行われる中、Yさんには福原さんをテーマにした曲「ライダー」がその新公演で披露されることが告げられる。

「正直、複雑でした。今だから言いますけど、最初は止めてほしいと思ったほど。劇場に行っても『何で彼がいないんだ……』と思って、亡くなったというより、突然消えてしまったという印象でした。でも、僕も福原くんも好きだった漫画で、当時映画化された『逆境ナイン』に『それはそれ これはこれ』という意識の切り替えを語った名台詞があって、その言葉のおかげで、考え方を変えられましたね。久しぶりに入った劇場は、1曲目の『月見草』からメンバーの靴音がやけに耳に残ったのを覚えてますね」

 そうして披露された楽曲「ライダー」はさわやかな曲調で、遠い街に引っ越した友人への思いを綴ったポジティブな曲となっていた。福原さんがファンだった駒谷、渡邊から歌い始め、大江、折井あゆみ、川崎希、戸島花、星野みちる(全員卒業/星野はMichiruに改名)、佐藤由加理、浦野一美(両名SDN48に移籍)の計8人のユニット曲となった。メンバーは公演期間中一度も涙を見せることなく、気丈にこの曲を歌いきったという。

「曲を聴くと辛い時期もありました。でも、ある日、戸賀崎さんから『戸島から伝言がある』と言われて、『(劇場に)来るの、辛くないですか? 心配しています』とメッセージをもらいました。これは極めて特別な計らいで、心強かったです。このころから次第に曲の意味合いが自分の中で変わってきましたね。公演の千秋楽では友人から『曲という形になって、よかったんじゃない?』と言われて、一つ前に進めた気がしますね」

 その後も、Yさんは福原さんが見たかったはずの公演を見続け、彼が倒れた日から1年後に、100回劇場公演を見たファンの名前が劇場のネームプレートに刻まれる”100MVP”を達成。さらに300公演越えも達成し、その記録を持つファン限定で09年12月8日に開催された4周年記念公演も参加した。Yさんは「彼の代わりに劇場に足を運ぶのが、僕と彼との約束」と語る。AKB48は活動6年目に突入する中、AKB48の妹分・NMB48が『誰かのために』公演を開始する。

「AKB48に出会った時の僕は、夢に敗れて、ものすごくやさぐれていた時期でした。そんな時に、必ず夢が叶う確証もなく、何も省みずにがむしゃらに歌い踊るAKB48の姿に胸を打たれました。頑張っている人を見ると、自分の今の心境が見えてくると思うんです。彼女たちを見て、『じゃあ自分はどうするんだ?』と。なので、新たに活動を始めて、夢を追いかけるNMB48が、当時のがむしゃらなAKB48の曲を歌うのは感慨深い。NMB48には、過去の『ライダー』にとらわれないで、新しい『ライダー』を作ってほしいと思います」

 メンバーがファンの通夜に参加することなどに違和感を覚える人もいると思うが、これは極めて異例の出来事。福原さんはチケットが並び順だった当時、その列にいつも一番で並び、全国イベントで各地に参加するなど、初期からAKB48を熱心に応援してきたからだった。当時は今以上に、メンバーとファンが一体となってAKB48というグループを盛り上げていったという一つの証拠だろう。また、これらのことでYさんもいわれない中傷を受けたことがあったという。だが、それをいとわず、Yさんは貴重なお話を語っていただいた。

 『48現象』では、A3rd公演の期間は「ゆっくりとライダーを弔ってきた日々」で、メンバーたちが一度も涙を見せず「ライダー」を歌ったことで「特定個人を感傷的に歌った曲にとどまらず、親しくした人と別れる寂しさと、それを乗り越える強さを歌った普遍的な曲になり得た」と表現されている。楽曲「ライダー」に公演開始当初は戸惑ったファンもいたが、楽曲へと昇華されたことで、最終的にはファンにとってもメンバーにとっても前へ進む力へとなったようだ。

 このように、AKB48はファンの意見をくみ取りながら成長を遂げてきた。実は、福原さんが全国遠征で着ていたAKB48のハッピも当時、アンケートに欲しいグッズとして彼が書いたものが反映されて、生まれたものだった。選抜総選挙、じゃんけん大会もファンの意見を参考にして発案されたが、そこには誰よりも真っ直ぐにAKB48を応援していた福原さんの思いが、今も息づいているのかもしれない。
(文=本城零次<http://ameblo.jp/iiwake-lazy/>)

teamA 3rd Stage「誰かのために」

誰かのために人は生きている。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
『もしドラ』とAKB48の相関関係 岩崎夏海が明かすAKB48大ブレイクの真相(前編)
『もしドラ』とAKB48の相関関係 岩崎夏海が明かすAKB48大ブレイクの真相(後編)
「ヲタにメアドがバレた」AKB48″オモドル”指原莉乃が深夜の衝撃告白

こんな記事も読まれています

AKB48黎明期を支えたファンの”夭逝” NMB48が歌い継ぐ「ライダー」誕生秘話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

下町ロケット

TBS/日曜21:00~

新シリーズは竹内涼真が大活躍!?

下町ロケット

今日から俺は!!

日本テレビ/日曜22:30~

伝説のツッパリ漫画に福田組が全力で挑む

今日から俺は!!

SUITS/スーツ

フジテレビ/月曜21:00~

織田&鈴木の『東ラブ』コンビが復活

SUITS/スーツ

僕らは奇跡でできている

フジ/火曜21:00~

高橋一生、ゴールデン初主演で“変人”に

僕らは奇跡でできている

中学聖日記

TBS/火曜22:00~

教師・有村架純が生徒と禁断の恋

中学聖日記

獣になれない私たち

日本テレビ/水曜22:00~

チーム『逃げ恥』が再集結!

獣になれない私たち

PRINCE OF LEGEND

日本テレビ/水曜24:59~

「ハイロー」のLDHがおくる新プロジェクトは「王子」

PRINCE OF LEGEND

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

テレビ朝日/木曜21:00~

米倉涼子、医者から弁護士に転身!?

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

フジテレビ/木曜22:00~

佐々木蔵之介と中山美穂の不倫モノ

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~

大恋愛〜僕を忘れる君と

TBS/金曜22:00~

ムロツヨシが本格ラブストーリーに初挑戦

大恋愛〜僕を忘れる君と

忘却のサチコ

テレビ東京/金曜24:12~

高畑充希が“食べて忘れる”グルメコメディ

忘却のサチコ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-

日本テレビ/土曜22:00~

泥棒エンケンが刑事ケンティーの相棒に!

ドロ刑 -警視庁捜査三課-