facebook
twitter
人気連載
矢印

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

戦争中のベトナムで撮影した幻の作品が初公開!『ナンバーテン・ブルース/さらばサイゴン』
写真

オススメ情報
矢印

編集部厳選!「きょうのおっぱい」

田村文香の美巨乳はホントにDカップ!?「もっとあるだろ!」の声が殺到中
写真

イチオシ企画
矢印

観月ありさ“結婚準備”報道で広がる波紋

上原さくらとの泥沼離婚劇も記憶に新しい、フェラーリ王子の正体とは…?
写真

インフォメーション
矢印

俳優・神木隆之介はオタだった!?

神木隆之介がバラエティに出ない意外な理由 プライベートが"オタ"すぎてNG!?



 >   > 【宇野常寛×荻上チキ】2011年、カルチャー的歩き方を考える~ガイドブック付き!~
【サイゾートーク the TV】

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


昨年7月号よりサイゾー本誌で連載が始まった、「CYZO×PLANETS月刊カルチャー時評」。タイトルに冠された「PLANETS」とは、批評家・宇野常寛氏が手掛けるインディペンデントマガジンだ。毎号8~10Pに及ぶこの大型連載を総まとめし、さらに、橋本愛や窪田正孝といった旬な役者、渡辺あやに入江悠ら注目のクリエイターたちへのインタビューをはじめとしたオリジナルコンテンツを加えたムック『CYZO×PLANETS SPECIAL PRELUDE 2011』が昨年末発売された。この本の意図するところは何なのか?

同じく本誌連載陣である批評家・荻上チキ氏を対談相手に迎え、2010年の社会的・文化的状況の総括、そして新たに迎えたばかりの2011年の歩き方を考える――。

●宇野常寛(うの・つねひろ)1978年生まれ。批評誌「PLANETS」の発行と、文化・社会・メディアを主軸に幅広い評論活動を展開する。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『批評のジェノサイズ―サブカルチャー最終審判』(共著/サイゾー刊)。

●荻上チキ(おぎうえ・ちき)1981年生まれ。テクスト論、メディア論を中心に、評論・編集活動を行う。思想系メールマガジン「αシノドス」編集長。著書に『ウェブ炎上』(ちくま新書)、『社会的な身体』(講談社現代新書)など。

【書誌情報】「CYZO×PLANETS SPECIAL PRELUDE 2011」
2010年12月31日 発売
発行人:宇野常寛
定価1365円(本体1300円)
http://wakusei2nd.cart.fc2.com/

2011年1月6日(木)20:00~
「サイゾー×プラネッツSP『PRELUDE 2011』発売記念 PLANETS NIGHT2011冬」
出演者/宇野常寛、中川大地ほか ¥1300(+飲食代)新宿ロフトプラスワン



[ オススメ記事 ]
[ 関連記事 ]

PR


powered by newziaコネクト
[ サイゾーテレビ 最新記事 ]

PR


PR





注目のキーワード

オススメ情報

サイゾーメディアの人気記事
トピックス

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。