イチオシ企画

今野杏南の考える“婚活”って!?

好物は「芋焼酎と猫」、「甘い酒」は苦手――アラサーグラドルの現実とは
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

10月上旬の人気記事ランキング

 先週飛び込んできた、タレントの清水良太郎容疑者逮捕のニュースに驚かされた人も多いの…
写真

ドラマレビュー

Dフジオカ、一本調子演技の衝撃

 音楽活動では「ライブ会場が中年女性ばかりで妙な雰囲気」ともっぱらの“おディーン様”…
写真



 >  >   > 「アニサマ2012」に不安の声
週刊アニメ時評
週刊アニメ時評 第13回

[ 関連タグ ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check


 声優がCDをリリースし、ライブを行うというスタイルがかつてないほど定着した昨今、彼らが出演するアニメの主題歌を歌う機会も非常に増えてきたことから、「声優ソング」と「アニソン」が同列に語られることも珍しくなくなってきたが、やはり「プロのアニソン歌手と、歌うことが本業ではない声優の歌を一緒にはできない」と主張するファンがいるのも事実である。

 とはいえ、声優がさながらアイドルのようにメディアに取り上げられる現在のアニメシーンにおいて、ストイックなアニソン歌手が駆逐され声優がシーンを席巻するのは無理からぬこと。この流れは、90年代後半から現在に至るまで続く「アイドルがドラマに出演し、その主題歌を歌う」という日本のドラマと音楽業界の関係によく似ていると感じるのは筆者だけだろうか。

 さらに言えば、昨年よりとりわけ顕著になってきた、アイドル声優ユニットの出演数増加が、よりファンを不安にさせているのだろう。アイドル声優を売るためにユニットを結成し、アニソンという体で楽曲を売る。つまり、アニメのために作られた主題歌を歌う、というファンがもっとも重要視する大前提が、「アニサマ」というアニソンの祭典においても崩壊し始めている、という疑念が今年のラインナップに対する不安として現れているのではないだろうか。

 しかし、「歌は世につれ」とはよく言ったもので、時代や世相が変わればはやる歌も変わる。音楽の消費のされ方も移り変わっていくものであり、アニサマの変革も時代の変化を受け入れ、イベントの新陳代謝を図っていく上で必要だったのだろう。そういう意味では、今後のアニソンのトレンドを読みとる上で、今年の「Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-」は非常に重要なイベントとなるはずである。
(文=龍崎珠樹)






ページ上部へ戻る

CYZOトークすべて見る

【森昌行プロデューサー】

サイゾーレビューすべて見る

陸王

TBS/日曜21:00~

池井戸潤原作『半沢』チームが再集結!

今からあなたを脅迫します

日本テレビ/日曜22:30~

ディーン・フジオカが"脅迫屋"に!?

奥様は、取り扱い注意

日本テレビ/水曜22:00~

綾瀬はるかが"謎の最強主婦"に!痛快おっぱい活劇

刑事ゆがみ

フジテレビ/木曜22:00~

浅野忠信&神木隆之介が難事件に挑む刑事バディ!

悩殺グラビアすべて見る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。