人気連載

宍戸留美×小明×VoiceArtist『声優onFINDER!』

「ひたすら、びっくりしています」【太田貴子】なぜ『クリィミーマミ』は30年以上も愛され続けるのか
写真

オススメ情報

スーパー芸能記者が見る“年始め芸能報道”の正しい読み方

SMAP騒動の魑魅魍魎……報道の裏には芸能界の重鎮たちによる支配の構図が垣間見える?
写真

イチオシ企画

淫行疑惑の狩野英孝、長期休養か――?

6股疑惑で世間を騒がせた狩野が、今度は17歳JKと…? これまでの騒動を振り返る!
写真



 >   > メディアやドラマで描かれる殺人事件に潜む"ウソっぽさ"の理由
【法社会学者・河合幹雄】スペシャルインタビュー

メディアやドラマで描かれる殺人事件に潜む"ウソっぽさ"の理由

 戦後最少の1030件、ピーク時(1955年)の約3分の1――。2012年に日本で発生した殺人の認知件数だ。もちろんそれ自体は決して少ない数ではない。しかし、確率からすれば、ひとりの日本人が一生のうちに当事者あるいはその家族として殺人事件に関わる可能性は、ほぼゼロに等しいといっていい。とすると、人々の脳裏にある殺人事件...

[ 関連記事 ]

[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。