トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

眞子さま・圭さん、“破談”へ一直線!?

今週の注目記事・第1位 「サヨナラの胸の内...…
写真

ドラマレビュー

山田涼介の靴舐めシーンが…

 Hey! Say! JUMP・山田涼介主演のコメディ・ホームドラマ『もみ消して冬 ...…
写真



 >   > アメリカ育ちのBENIは、J-POPにどうアプローチしたか?「日本の曲は洋楽に比べてポエティック」

アメリカ育ちのBENIは、J-POPにどうアプローチしたか?「日本の曲は洋楽に比べてポエティック」

140610_beni.jpg

【リアルサウンドより】

 BENIが6月11日、これまでにリリースしたすべてのオリジナルシングルに加え、累計100万枚に迫る大ヒットとなった『COVERS』シリーズからの人気カバー曲を収録した『BEST All Singles & Covers Hits』をリリースする。

 インタビュー前編では、デビューから10周年の節目を迎えたBENIにこれまでの軌跡を振り返ってもらうとともに、日本とアメリカを共にルーツに持つ彼女の音楽観や、J-POPをカバーすることで見出した日本語詞の特徴などについて語ってもらった。

「歌いたいことが溜まりに溜まっていた」

――オリジナル曲とカバー曲を収録したベストアルバム『BEST All Singles & Covers Hits』が6月11日にリリースされますが、今年はデビュー10周年の節目の年でもありますね。

BENI:いつも次の制作やライブに向かっていて、制作したものを振り返る機会があまりないので、ある意味で自分にとっても、自分の歌と向き合える作品になりました。改めてBENIとしての道のりを辿ると「あの頃はこういうサウンドでこういう気持ちをを伝えたかったんだな」とかわかりやすくて、自分でも「こういう風に成長してきたんだな」っていうことがわかる作品になりました。この間リリースしたシングルでさえ「うわ、懐かしい!」「この頃はボーカリストとしてまだまだだったな」と思うことがあって、それを言ったら5年前の曲なんてもう、聴くのが照れくさいところもあります。でもそれは、自分が一番自分に厳しく歌に向き合っていたからなのかなと思いますね。その頃にしか歌えなかった歌もあると思いますし、音楽ってそういうところがあると思うので、照れくさい反面「この流れがBENIを作ったんだな」って知らせてくれるアルバムです。

――その意味では「もう二度と…」「Kiss Kiss Kiss」など、2009年前後の曲を聴くと、ご自身でも初々しさのようなものを感じますか。

BENI:そうですねー。すごくフレッシュですね。あの頃はBENIとして活動し始めた頃だったので、気持ち的にもフレッシュで、自分のサウンドをいろいろ探していた時期でした。「Kiss Kiss Kiss」は特に私らしいというか、R&Bの、のれるアーバンなトラックと、女心をそのまま歌詞にしている歌のミックスで、それがBENIらしさにつながったかなと思います。この曲がある意味でそのスタートでした。

――たしかに、洗練されたサウンドと、リアリティのある歌詞の組み合わせがBENIさんの特徴であるように思います。当時を振り返ってみて、制作はスムーズに進みましたか?

BENI:けっこうスムーズでした。やりたいことや、伝えたいこと、歌いたいことがはっきりと見えていましたから。だからこそ頻繁なペースでリリースできたのかな、と思います。当時はとにかくいろんな思い…恋愛だけじゃなくて自分に対してのことも、溜まりに溜まっていた時期だったんです。だから、ただのラブソングではない、1人の女性としての心境がそのままリアルに出てて。ラブソングだったら、今聴くと若く感じるなぁ。「好きなのに伝えられない」とか。今だったら全然はっきり言いますけどね(笑)。そういう女の子らしい部分も詰まっていますし、逆にガツガツと「もっとみんなにわかってほしい!」みたいな強い意思もあります。そういう風に、この時期はとにかくいろいろな思いが溜まっていたので、それをスムーズに出していったんだと、いろいろな曲を通して感じました。

1234

こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

アメリカ育ちのBENIは、J-POPにどうアプローチしたか?「日本の曲は洋楽に比べてポエティック」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

CYZOトークすべて見る

【瓜田純士】
“元暴走族総長”絵本作家のぶみの「池袋連合」は実在? キング・オブ・アウトローの意外な回答

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」