イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

ゆがんだ日本のスポーツ中継

 連日、熱戦が繰り広げられている平昌オリンピ...…
写真

ドラマレビュー

山崎賢人と門脇麦の関係に変化?

 物語も折り返し地点を過ぎたところで、まさかの視聴率5%台をたたき出してしまった山崎...…
写真



 >   > 久々の大傑作!? プリンス、2枚のニューアルバムの聴き方

久々の大傑作!? プリンス、2枚のニューアルバムの聴き方

【リアルサウンドより】

 プリンスのニューアルバム『アート・オフィシャル・エイジ』と、プリンス&サードアイガールの『プレクトラムエレクトラム』が10月1日にリリースされた。ニューアルバムのリリース自体は2010年の『20Ten』以来4年振りと、そこまで特別に長いインターバルが開いているわけではないが、今回は海外でも日本でもいつになく大きな盛り上がりを見せている。その理由は端的に言って3つ。1つ目は、長年確執のあった古巣のワーナーと18年振りに契約を交わし、近作のような変則的かつサプライズに満ちたリリース方法ではなく、メジャーレーベルによる万全の体制のもとで作品がリリースされたこと。2つ目は、現在のプリンスの創作エネルギーの充実ぶりを象徴するようにまったく異なるコンセプトのアルバムが2枚同時にリリースされたこと。3つ目(サードアイとかけてますよ)は、何よりもその作品の出来が近年のプリンスのアルバムの中では抜群のものであること。特にプリンスの単独名義となる『アート・オフィシャル・エイジ』に関しては、「『ラブシンボル』(1992年)以来の傑作!」と言う人がいたり、「いやいや、『ラブセクシー』(1988年)以来だ!」と言う人がいたり。つまりは、「少なくとも21世紀に入ってからのプリンスの最高傑作」という評価がリリース早々に定まりつつある勢いなのだ。

 長いキャリアを持つアーティストの常として、プリンスに関しても世代によってその見方が異なるだろう。自分のような『パープル・レイン』(1984年)直撃世代、これまでの来日公演にすべて足を運んできた(1986年の横浜スタジアムでの初来日公演は、今後も絶対に更新されることがない生涯ベストライブだ)古株ファンの中には、『ラブセクシー』(1988年)『バットマン』(1989年)あたりを最後に、それまでの彼の音楽にあった神々しいまでの革新性と魔法が薄れてしまったことを長年嘆いてきた人も多いだろうし、「プリンス、奇跡の80年代」を後追いで知った世代の中には、90年代、00年代の作品にも強い思い入れを持つ人も多いだろう。今回の『アート・オフィシャル・エイジ』と『プレクトラムエレクトラム』の事件性は、その両方のファンを唸らせるだけの有無を言わさぬ魅力を放っていることだ。

 もっと若いリスナーにしてみれば「そもそも今回のプリンスとプリンス&サードアイガールの作品、一体どこがどう違うの?」という疑問を持つ人もいるだろう。これ、ものすごく乱暴な喩えで言うと、椎名林檎が椎名林檎名義の超ポップなアルバムと東京事変名義の超ポップなアルバムを同時にリリースしたようなものと言ったら、そのインパクトの大きさがちょっとは伝わるだろうか。プリンスの熱心なファンにも椎名林檎の熱心なファンにも怒られそうだけど。

 思えば、プリンスの歴史的名作とされてきたアルバムの多くは、明確な音楽的なコンセプトを持っていた。来るべきデジタル時代のファンクを予見していた『1999』(1982年)、大衆ロックオペラ(メロドラマ)を極めた『パープル・レイン』(1984年)、プリンス流サイケデリック絵巻『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』(1985年)、ヨーロッパ趣味とJBファンクの華麗なる融合『パレード』(1986年)。ファンク/リズム&ブルース/ロックンロールの伝統の継承者であると同時に革新者であり、繊細なシンガーソングライターでもあり、あらゆる楽器を操る万能プレイヤーでもあるプリンス。そのあまりに巨大すぎる才能は、アウトプット(=作品)のコンセプトをある程度限定しないと、収集がつかなくなってしまうのだ(その収集がつかないまま、それでもアルバムとして奇跡的なバランス保っていたのが1987年の『サイン・オブ・ザ・タイムス』である)。

12

こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

久々の大傑作!? プリンス、2枚のニューアルバムの聴き方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」