トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

顔面刺青男の意外な見識が明らかに! 映画、社会、人生を斬りまくる
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

前田日明×瓜田純士、和解の瞬間

 前田日明(59)と瓜田純士(38)が、10...…
写真

ドラマレビュー

吉高由里子のために脇役をパセリ化!

 吉高由里子主演のドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)の第2話が4月18日に放送され、...…
写真



 >   > なぜ『ナルコス』は数ある“麻薬モノ”の中で突出して面白いのか? 実録ゆえの説得力に迫る

なぜ『ナルコス』は数ある“麻薬モノ”の中で突出して面白いのか? 実録ゆえの説得力に迫る

【リアルサウンドより】

 1991年、 コロンビア。その施設は、コロンビアの大都市メデジン市内に建っていた。室内は高級家具に彩られ、広大な敷地にはバー・カウンターにディスコ、サッカー場まで整備されていた。住人達はサッカーで汗を流し、パーティーで酒を楽しみ、結婚式まで楽しんだ。時にはメデシン市内へショッピングに出かけることもあった。
 
 しかし…その施設「ラ・カテドラル」は、高級ホテルでもなければ、大金持ちの保養地でもなかった。ラ・カテドラルは、コロンビア政府の刑務所だった。しかし、パーティーを楽しむのは囚人たちであり、バーテンダーは刑務所の職員だった。コロンビアはもちろん法治国家である。このような無法は通常起きえない。なぜ、このような状況が成立したのか? それはラ・カテドラルに収監されていたのが、世界犯罪史上に残る麻薬王、パブロ・ エスコバルだったからだ。
 
 「麻薬王」こう書くと、ただの麻薬の売人の親玉くらいに思うかもしれない。しかし、このラ・カテドラルに収監された時点で、パブロの組織は単なる麻薬組織の範疇を超えていた。彼らが犯した凶悪事件は、麻薬売買や抗争にとどまらず、政府施設や旅客機への爆破テロ、大統領候補の暗殺…など、枚挙にいとまがない。当時のコロンビアでパブロと対立することは、死を意味していたのである。

 Netflixオリジナルのドラマ『ナルコス』は、文字通り巨悪と言うべき麻薬王パブロと、彼に挑む者たちの血みどろの対決を描いた作品だ。一応、「事実に着想を得た創作」となっているが、限りなく事実に近い…いわば「実録モノ」と言っていいだろう。
 
 「実録」「実話に基づく」…こういう触れ込みの作品は非常に多い。それは「こんな話が本当にあったのか」という驚きを担保できるからだ。また、フィクション内の殺人と、ノンフィクション内の殺人では、その物語を聞いた時の印象も全く異なるだろう。一方で、実話をベースとすることには短所もある。端的に言うなら、ネタが割れてしまうことだ。パブロの物語もそうである。この対決がどういう結末を辿るのか? それはネットで検索すれば、すぐに知ることができる(マーク・ボウデン著『パブロを殺せ―史上最悪の麻薬王VSコロンビア、アメリカ特殊部隊』という、ノンフィクションの決定版も出ている。これは、事実上このドラマの原作と言ってもいいだろう)。しかし、物語の結末と過程を知ってもなお、本作の面白さは決して損なわれない。

12

こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

なぜ『ナルコス』は数ある“麻薬モノ”の中で突出して面白いのか? 実録ゆえの説得力に迫るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

コンフィデンスマンJP

フジテレビ/月曜21:00~

詐欺師・長澤まさみに騙されちゃう!?

コンフィデンスマンJP

シグナル

フジテレビ/火曜21:00~

韓国発“傑作”サスペンスをリメイク!

シグナル

正義のセ

日本テレビ/水曜22:00~

吉高由里子が新米検事役に挑む!

正義のセ

孤独のグルメSeason7

テレビ東京/金曜24:12~

あの井之頭五郎が帰ってきた!

孤独のグルメSeason7

宮本から君へ

テレビ東京/金曜24:52~

“激熱リーマンマンガ”待望のドラマ化!

宮本から君へ

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」