イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

亀梨ドラマ大コケでカンテレ恨み節

 KAT-TUN・亀梨和也が主演している関西...…
写真

ドラマレビュー

山田涼介の靴舐めシーンが…

 Hey! Say! JUMP・山田涼介主演のコメディ・ホームドラマ『もみ消して冬 ...…
写真



 >   > 新海誠監督の“次回作”への不安とは

興収200億円も視野に入る『君の名は。』の大ヒットと、新海誠“次回作”への「たったひとつの不安」とは

1609_kiminonaha.jpg『君の名は。』公式サイトより。

 興業収入が130億円を突破し、その先に150億円、いや200億円までも視野に入り始めた『君の名は。』。配給の東宝内では、早くも「正月の映画が1本増えたつもりで全力でこの映画に力を注げ」と号令があがっているという。

 毎日のようにこの作品のニュースが流れる中、新海誠監督が「第21回釜山国際映画祭」で次回作に言及し、「思春期の男女を扱ったものを3年以内に作る」ことを明らかにした。「思春期の男女を扱ったもの」という新海監督の最も得意とする題材での新作宣言ということもあり、早くもファンや業界からは期待の声が上がっている。

 しかし一方で、『君の名は。』があまりにヒットしすぎたことで、否定的な声も多数あがってきている。例えば「おたぽる」でもすでに記事となったが、漫画家の江川達也氏の発言がそうであろう(参考記事)。また、放送作家である堀田延氏もTwitter(@nobubu1)で同作品に対して否定的な投稿をし、話題となった。

 どんな大ヒット作品であってもアンチが存在してしまうのは仕方のないことだ。好きになる人が増加する一方で、好きになれなかった人も比例して増えていくのは『君の名は。』に限ったことではないし、アンチが増えることが大ヒット作のバロメーターともいえる。

 ただ、これまで新海監督作品を全て追いかけてきた人たちにとって、ここまでヒットしてしまったことで、3年以内に公開されるであろう新作に対して不安の声がちらほらあがっているのも事実だ。

 それは、『君の名は。』がある意味、新海監督の集大成のような作品で、過去作品で見られた演出や構図のオンパレードだったからだ。

 例えば、予告編でも見られる三葉がティアマト彗星を見上げるシーンは、『秒速5センチメートル』の第2話で酷似した演出のシーンがあるし、雨の中、傘をさして三葉と瀧がすれ違うシーンは、同じく『秒速5センチメートル』の最終話の演出と酷似している。死後の世界に触れて現実に変化を与えるモチーフは『星を追う子ども』、夢でつながる世界と記憶の消失は『雲のむこう、約束の場所』でも見られたテーマだった。このように『君の名は。』を観たら、このシーンは過去作のどこそこの演出と同じだね、といった既視感を持つ瞬間がたくさんあるのだ。

 ディープな新海ファンにとっては、この「前の作品でも見た」「どこかで見たことがある」モチーフを圧倒的な情景描写と抒情的なセンチメンタリズムで描ききることこそが魅力であり、新海作品と既視感は常にセットともいえた。それこそが新海監督らしさであり、期待されている部分でもあっただろう。しかし、次回作も『君の名は。』のように新海節のオンパレードになれば、ディープなファンは期待通りだとしても、そうでないファンには許容されず「前回と同じ」「引き出しがない」などと言われ、飽きられてしまう可能性も否定できない。

『君の名は。』は、さまざまな声があるものの実際面白いし、実に新海監督らしい演出でファンからすれば大満足の作品であることはまちがいないが、今回のメガヒットはこれまでの新海監督が描く空気感の演出に触れたことがない人たちが、初めてそれに触れたことで情景の美しさに感動し、ヒットにつながったという部分もあるだろう。

「日本を代表するアニメ監督」という座を用意された今、次回作への期待はいやがおうにもの大きなものになるし、新海監督自身がそれを一番理解しているはずだ。次回作で新海監督が本当に日本を代表するようなアニメ監督の座に就けるか、真価が問われるかもしれない。
(文=Leoneko)


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

関連キーワード

興収200億円も視野に入る『君の名は。』の大ヒットと、新海誠“次回作”への「たったひとつの不安」とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

CYZOトークすべて見る

【瓜田純士】
“元暴走族総長”絵本作家のぶみの「池袋連合」は実在? キング・オブ・アウトローの意外な回答

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」