トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

顔面刺青男の意外な見識が明らかに! 映画、社会、人生を斬りまくる
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

瓜田純士、渋谷の路上で激白!

 28日に東京・新宿FACEで開催される格闘技...…
写真

ドラマレビュー

『あな家』リアルな夫婦描写に賛否!

 TBSの金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』の第1話が4月13日に放送され、初回平...…
写真



 >   > 戦後闇市の美貌の殺人鬼・青猫について

セーラー服の少女が男たちの首を斬り、腸をえぐる! 終戦直後の日本の“裏社会”を生きる美貌の殺人鬼を描く

161012_ohara01_2.jpg発売中の『青猫について』第1巻 (c)小原愼司 小学館

「ビッグコミックスピリッツ」「月刊!スピリッツ」に続く“第3のスピリッツ”として、“ゆるい漫画”を配信しているWEBコミックメディア「やわらかスピリッツ」(すべて小学館)。同サイトにて、今年3月より連載されている『青猫について』http://yawaspi.com/aoneko/index.html)が、「まったくゆるくない」と話題を呼んでいる。

 同作の舞台は終戦直後の闇市。開始早々、セーラー服の少女がヤクザたちの首を斬り、腸をえぐり、脳みそをぶち抜く。さらには、親を失い浮浪児となった子どもたちが“ヒロポン漬け”にした大人たちを操っている。

 そんな暗く重い世界を描くのが、昨年完結した『地球戦争』(小学館)でも話題となった漫画家・小原愼司だ。

 探偵モノや古典SF、そして今回の戦後日本と、どこかレトロな作品を独特の世界観で描き続ける小原氏は、1993年のデビューから一度も拠点を東京に移すことなく、大阪で執筆活動を行ってきた。

 今回はそんな小原氏に、大阪へのこだわりと、現在の漫画界について話を聞いた——。

* * *

——小原さんにとっては初となるWEB連載『青猫について』が、10月12日についに単行本として発売されました。同作では、重いテーマをさらっと散りばめていて、「やわらかスピリッツ」読者も衝撃を受けているのではないかと思います。テーマについては、何か思い入れがあったのでしょうか?

小原愼司(以下、小原) テーマと言えるかどうかわかりませんが、子どもの頃から、父親の話なんかを聞いては、「戦後の、何もかもすっからかんになった日常の中で、自分ならどうなってたかな?」と、妄想してたんですよ。その妄想から、戦後に生きたさまざまな人たちをエンターテイメントで描いていこう、と形にしたのが『青猫について』です。まあ、結構な確率で、彼らの生き方を(主人公の)青猫が台無しにしちゃうんですけど(笑)、力や精神がやたら強い人々をどんどん描きたいと思っているので、応援してもらえたら嬉しいですね。

——もともと「やわらかスピリッツ」は、比較的女性向けのマンガが多い印象でしたが、ここ2年ほどですっかり男性向けマンガが増えました気がします。読者層については、何か意識されていることはありますか?

小原 WEBでの漫画連載が初めてだった事もあって、読者層については、具体的には意識してないんです。薄ぼんやりと、(性別、年齢層共に)幅は広いのかな? と思っているくらいで。どの年齢のどの性別に向けてと言うより、この漫画(『青猫について』)を面白いと思ってくれる人々みんなにアプローチできる機会になればと思ってます。

——最近では、WEB漫画の台頭もあり、『青猫について』のようなスプラッタ要素のある作品や、いわゆるエログロと言われるような過激な作品がどんどん増えています。書き手側としても、意識する部分はありますか?

小原 エログロ作品に限らず、漫画で表現できる幅はどんどん広くなってるとは思いますね。「昔やったら、こんなことマンガでは成立しなかったよな」という話がネタとして成立して、漫画という形になって、しかもそれを読者の人が面白がれる土壌もできているという。

 僕は、大ヒットを出そうというわけではないけど、漫画家として「こういうのをやっても面白がってくれるかな?」という可能性を、考え続けないといけないと思ってるんです。その上で、面白いものを描きたいけど、僕が面白いと思うものを、読者のみんなに伝える時にどうやって読みやすくするかっていう工夫をいっぱいしないといけない。その結果、「こんなの描いてもわかりづらいだろうな」と思って、描かずにいたことってけっこうたくさんあるんです。ところが、その「わかりづらいこと」すら、今ではひとつのジャンルとして成立するようになりました。

——具体的に、これが漫画として成り立つのか! と、驚かれた作品とかってありますか?

小原 『ダンジョン飯』(KADOKAWA)とか、あんなの昔だったら考えられないですよ。架空の世界の生き物の料理について延々描いて、しかも面白い。20年前だったら、一部の人は「面白い!」って言うかもしれないけど、読む人の多くはキョトンとしたんじゃないかな。何を描いても、どこかに必ず読者が存在しているというのが、今の漫画界だと思います。

 ただその一方で、最近の若い子の漫画をブログなんかで見たりすると、変に戦略練っているところがあって、「小賢しい!」と思うこともありますけどね(苦笑)。

123

こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

セーラー服の少女が男たちの首を斬り、腸をえぐる! 終戦直後の日本の“裏社会”を生きる美貌の殺人鬼を描くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

コンフィデンスマンJP

フジテレビ/月曜21:00~

詐欺師・長澤まさみに騙されちゃう!?

コンフィデンスマンJP

シグナル

フジテレビ/火曜21:00~

韓国発“傑作”サスペンスをリメイク!

シグナル

正義のセ

日本テレビ/水曜22:00~

吉高由里子が新米検事役に挑む!

正義のセ

孤独のグルメSeason7

テレビ東京/金曜24:12~

あの井之頭五郎が帰ってきた!

孤独のグルメSeason7

宮本から君へ

テレビ東京/金曜24:52~

“激熱リーマンマンガ”待望のドラマ化!

宮本から君へ

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」