トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

亀梨ドラマ大コケでカンテレ恨み節

 KAT-TUN・亀梨和也が主演している関西...…
写真

ドラマレビュー

山田涼介の靴舐めシーンが…

 Hey! Say! JUMP・山田涼介主演のコメディ・ホームドラマ『もみ消して冬 ...…
写真



 >   > 隅々まで悪役が蔓延るホラードラマ『奪い愛、冬』、鬼気迫る狂妻・水野美紀
【messy】

隅々まで悪役が蔓延るホラードラマ『奪い愛、冬』、鬼気迫る狂妻・水野美紀に圧倒されるニセ野内と倉科/第三話レビュー

“ドロキュン劇場”こと、金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)。婚約中の女・光(倉科カナ)と元カレ兼元上司・信(大谷亮平)は、どしゃ降りの雨、タクシー捕まらない、という“偶然の産物”によりホテル(同室)で雨宿りをすることになりました。信さんは嫌いで別れを告げたわけじゃなかった……「光」ではなく「池内」って呼ばれて淋しい……と思っていたら今度は「光」って呼んでくれた……舞い上がる光。いよいよ光と信さんの焼けぼっくいに火がつくか、という“その時”、信さんの妻・蘭さん(水野美紀)が金田一少年も顔負けの推理力と洞察力と野生の勘(狩野英孝より相当強い)ですぐさまホテルの場所を探し当てて登場したのでした。光はクローゼットに隠れたものの、枕に落ちた長い髪の毛が見つかっていますし、蘭さんはクローゼットを“ガン見”……。光、ピンチ! ってところまでが第二話でした。

 第三話は、そんな危機的状況の続きから。クローゼット越しに蘭が不敵な笑みを浮かべ、ビクビクしている光(息が荒い)でしたが、蘭は最後まで開けることをしませんでした。ただし信と共に部屋を出る直前、光が潜んでいるクローゼットを見やって「じゃあねー」。怖いです。しかしながら蘭さん、杖ついているわりに随分すたすたと歩きます。二人が帰った後、クローゼットから出た光は「信さんの奥さんは、もしかしたら私に気づいていたのかもしれない」と不安げ。もしかしたらじゃなくて、100%気づいてるでしょ。どんだけ暢気なのか。あの狂妻の夫に近付いて殺されると思わないんでしょうか……?

▼水野美紀の股間に顔、三浦翔平の絶叫演技が棒でキュンキュンしづらいドロキュンドラマ『奪い愛、冬』/第一話レビュー
▼シャワーシーン多すぎ、ドン引きの三浦翔平フラッシュモブ、束縛妻「排卵日なのにーッ!」の絶叫/『奪い愛、冬』第二話レビュー

◎エッチもできない恐怖の婚前旅行

 自宅に戻った信は、光との馴れ初めを回想します。もともと同じデザイン事務所(光が今も働いている会社です)の先輩・後輩という間柄だった二人。生意気な新人である光に対して傲慢な態度を見せていた信ですが、真面目で一本気な光に惹かれていき、あるプレゼンで勝利した後「気づいたら、俺の中に光がいる。付き合って欲しい」と告白したんですね。鉛筆で描いた“光の似顔絵”を差し出して。信さん、クールな装いしていますがわりとロマンチストなんですね。そんな信さんの心の内を見透かしているに違いない妻・蘭さんは、ドライフラワーを握りつぶしたり、ベッドルームに誘い「できないの? もしかしてさっきしてきたとか?」とカマかけてきたり……。信さん相当ビビっています。

 そして、疑心暗鬼状態なのは蘭さんだけではありません。光の婚約者・康太(三浦翔平)も、どしゃ降り雨の日のことが引っかかっています。光は実家の母の元へ行くと言っていたのに、実際には行っていないと知った前回、康太は人格崩壊していました。あいにくホテルで雨宿り中の光は信さん一色、康太の存在を思い出す余裕などなかったでしょうに……。そんな康太の周りをちょろちょろしているのが、人の幸せがうざくて人のものが欲しくなるという最低最悪の同僚女性社員・秀子(秋元才加)で、一話、二話でも光と康太の仲を引き裂こうと身体を張って策略を巡らせていましたが、今度は康太に光の元カレ・信の誕生日を教えます。光さんの何かの暗証番号は元カレの誕生日かもよ~、ということです。なるほど……。とはいえ多忙な社会人、別れた後もついうっかりそのまま使用していることもあるような気がする……のが、筆者の認識ですが、自分の交際相手が元カレ・元カノの誕生日を暗証番号にしていると知ってどう感じるかはその時の状況次第ではないでしょうか。仕事に夢中だとなりふり構わずの光だから、信さんに別れを告げられた後もうっかり使い続けている可能性は十分ありそうにも思えますが、ちょうど疑心暗鬼に陥っていて光への思いが歪みつつある康太、光のスマホをガン見です。ですが、光にはそんなそぶりを見せず、誰もいない夜のオフィスでいちゃこら。康太、光を温泉旅行に誘います。またまた秀子がその様子をこっそり覗いているとも知らず。

 別に康太が好きっていうわけではなく、人のものを奪うのが快感なだけであろう秀子ですが、その快感を得るためには手段を選びません。康太の母親・美佐(榊原郁恵)が開くお料理教室に入会し(秀子って暇なんですかね)、郁恵ちゃんに「実は私、息子の康太さんと同じ会社で働いているんです」と挨拶、さらに「私、光さんが苦手で……」と、郁恵ちゃんが喜ぶことを言います。郁恵ちゃん「あなたとは気が合いそうね」。というわけでスパイ活動を開始した秀子、「早速ですが、ひとつご報告が」と温泉旅行のことチクります。ていうか、どの旅館に宿泊予定とか普通イチ同僚に言わないし、秀子はどういう経路で調べたんでしょうね……それこそ社内メール盗み見とかしてるんでしょうか。仕事しろよ、クビだよあんた。

熱海へ温泉旅行に訪れた光と康太は、一見幸せそうなバカップルです。しかし光は「私を幸せにしてくれるのは康太だけだ」と自己洗脳中ですし、康太もいちいち“暗証番号”のことが気になっています。にもかかわらず、二人とも相手の前では“幸せいっぱい”に振る舞っているのが滑稽。神社でおみくじを引いた際、康太は吉、光は凶でしたが、光は空気を読んで「私も吉」と嘘をつきます。くだらないです。この局面で“嘘”を吐かなくてもいいのに……。案の定、あとでその嘘はバレます。

 毎回ヌードシーンをサービスしている本ドラマですが、今回は貸切露天風呂での混浴シーン。海を望む露天風呂で、またしても二人そろって叫んでいます。今回のテーマは「お互いの好きなところをあの空に向かって叫び合おう」でした。ひとしきり叫び合った後、康太「ほんとは光の頭の中を俺だけで染めたい」「ゆっくりでいい」「ゆーっくり俺だけで染めてあげるね」って囁くわけですが、今後その目的を果たすためにどんな手段を使うのでしょう……。康太、蘭よりエキセントリックになるかもしれませんが、三浦翔平には迫真の演技を期待しています。とりあえずカップルで貸切風呂に入るなら真昼間だろうとそのままエッチするのが自然だと思うのですが、そういう描写はありませんでした。

 入浴後、せっかくの幸せ回復ムードに水を差すように颯爽と現れたのが、尾行してきた郁恵ちゃん。えっ、恋人との旅行に親が登場するってこれ以上ないほどイヤな展開なのに、郁恵ちゃんは嫌みを浴びせるだけでなく光の引いた凶のおみくじを(木に結んだのにわざわざほどいて!)持ってきていました。康太には「吉」と答えていたやつです。たかがおみくじ、でも近頃康太はナーバスになっているわけで、光が「心配すると思って」ついた嘘であってもショックでしょう。「頼むからさ……、頼むからもう嘘はつかないで」と切実に頼む康太に対して、光は謝罪し、康太は許します。いや、それより何より、ここはもう光が康太にキレていいところじゃないですかね。「おみくじの嘘よりヤバいのはあんたの母親だよね!?」と。

 なのに自分を責めるだけで相手の母親を決して悪くは言えない光。康太、光をバックハグして「俺光のこと幸せにする」。光「ありがとう」。康太「光との子どもが欲しい」。光「いいよ」。あら、蘭さんだけでなく康太も子どもが欲しいんですね。光の合意も得られ、手始めにキス……の手前で、郁恵ちゃん再登場。おにぎり持ってきました~。「結婚する前に子ども作らないでね。あたしそういうの大っ嫌いだから。アッハハハハハ~」と、釘を刺して去っていった郁恵ちゃんでしたが、温泉旅行シーンはこれにて終了。相変わらずな郁恵ちゃんの毒親っぷりに、康太は萎えちゃったんですかね。とにかく光を自分色に染めたい康太としてはさっさ射精→受精→着床→妊娠まで持ち込みたかったかもしれませんが……。

◎会社もヤバい奴しかいない

 秀子も郁恵ちゃんもヤバいですが、もちろん一番ヤバいのは蘭さん。夫とのデートで、“運命の”通り魔事件の現場へ出向き、杖振り回し事件が起こった時の状況を熱を入れて力説する彼女の姿は通行人もドン引きです。杖なくても……右足、大丈夫なんですか? 案の定Twitterでは、蘭の右足が本当は動くのではないかという疑惑の声続出です。蘭さんの言いなり男・信さんの目は死んでいますが、蘭さんはもう1カ所、信さんと行きたい場所があるそうです。行き先は信さんの元職場で、光、康太らが勤務するデザイン事務所。信さんを伴ってオフィスに現れた蘭さん、「みなさーん、私、以前こちらで働いていた小田信の妻です。主人が突如この会社を辞めて皆さんにご迷惑をおかけしたことをお詫びいたしますぅ~」と声高々に言って回ります。もう「こんな面倒な奥さんを持つ人(信)、辞めてくれてありがとう!」というのが大半の社員たちの本音でしょうね。こちらもドン引き。ねえ、周囲にドン引きされまくる妻に尽くさなければならない信さんの地獄、想像するだけで吐きそうじゃないですか?

 ところがこの職場には、もう一人ヤバい奴がいました。それが、部長の武田さん(三宅弘城)。以前、光に惚れるもフラれ、今では光を恨んでいるという嫌なおっさんです。「俺を振った女の困る顔が見たい」とねちっこい笑みを浮かべ、武田部長はその夜の会社飲みに信を誘いました。そのうえ飲み会では傍若無人な言動を繰り返し、やげて信に絡んで「お前がいきなり辞めて正直迷惑だったぞ。あの後プレゼンで負け続き、大きな仕事あんま取れないよ!」。そして「だってエースが光じゃ限界あるだろ!」と光に対するハラスメントを開始します。

「こいつ(光)はだめなとこばっかりだよ! 才能よりも、ちょーーーっと綺麗だからって気に入られる。いいよなぁ~女ってのは。えっ、まさかカラダで仕事取ったりしてないだろうね~。そんで仕事も中途半端で結婚? いいよなあ~女は」

 まじ最低最悪な上司だわ。光はずっと黙っていましたが、信が「いい加減にしてください!」と武田部長の胸倉を掴みます。康太もずっと拳を握りしめていましたが、寸でのところで信に先を越された格好です。でもそれくらいで武田部長が懲りるはずもなく、今度は信に「お前、よく俺の胸倉なんか掴めたな。お前が辞めて、俺がどんだけ迷惑被ったのかわかってんの~? 」「(すいませんっていう)言葉だけで済まされると思ってんの~?」。結局、信は「すいませんでした! 全部俺のせいです! 全部!」と土下座し、光の肩を叩いて店を出ていきました。胸を熱くする光、信がテーブルに(都合よく)忘れていったハンカチを大事そうにバッグにしまうんですが、あんたそれ持ち帰ってどうする気なんだ。乙女モード入っているけど、隣で婚約者見ているよ?

 家に帰ってからも信のハンカチを自分の頬に押し当てて信に対する思いを募らせる光、翌日康太には信に会いに行くことを打ち明けます。ハンカチを届けたい、昨日のお礼を言いたい、それをしないとすっきりしないんだとか。本当にそういうつもりだったとしても、光の感覚ズレてません? しかも周りが全然見えていないんですね。体育会系ならではの筋を通しているつもりなんでしょうか? そんな光に理解を示したように振る舞う康太でしたが、光のスマホの暗証番号が<0229>=信さん誕生日だと判明し表情が一変します。もう光を尾行するしかない★ というわけで、信へハンカチを届けに行った光をこっそり追いかけます。ギラギラした目で。

間抜けでしつこい未練タラタラ女・光

 さて、信さんにハンカチを届け、昨日のお礼を終えた光ですが、咳き込む信を見かねて額に手を当てると「すごい熱」。光は信を病院に連れていきます。郁恵ちゃん同様に尾行を実行中の康太、その様子をばっちり見ています。信は気管支が腫れていたようで「血液検査の結果が出たらまた来てください」と言われていましたが、まさか重病だったり? 韓流ドラマだと難病設定もポンポン飛び出すので……。それにしても光、お節介にもほどがあります。お節介というか、離れたくないだけなんでしょうけど、信が点滴を終えるまで待合室で待機してるとかほんと、どんだけヒマかと。プレゼン準備しろよと。

 のみならず、今夜は蘭が不在だと知ると、光は「途中で倒れたりしたら困るから自宅まで送る」と言いタクシーに同乗します。押しかけちゃダメだと思いますけど! ホテル(inクローゼット)でも会社でも、ヨメの気違いぶりは散々痛感しましたよね? ブレーキかけないと刺されるよ? 刺されるだけで済めばいいけど……ってレベルの狂妻ですよ!? こっちがハラハラしちゃうほど、暢気な光にだんだんイライラしてきました。

 光にイラついてるのは視聴者だけじゃなく、康太も元カノ・礼香(ダレノガレ明美)とその連れ(男性)の車に乗って追いかけます。どうしたのか聞いてくるダレちゃんに対しても「うるせえんだよっ!」と怒鳴りつけるなど、康太すっかりイッちゃっています。好青年ふうの演技をしているときの三浦翔平は薄っぺらくて嘘っぽいけれど、イラついたり怒ったり横柄な態度をとっているときの演技は素っぽくてお上手です。一方、ダレちゃんの演技は「演技」と呼べる代物ではなくて、水野美紀や郁恵ちゃんとは別のベクトルでヤバいなと思いました。この人、女優になるつもりなんでしょうか……?

 おっと、話を光と信さんに戻しましょう。何やかんや理由をつけ、結局信の自宅に上がり込む光。ダメだって、既婚男性の家に上がるとか……水野美紀じゃなくてもこれはヨメ激怒ですよ。常識が頭からすっぽ抜けてしまっているのか、そもそも常識なんて持ち合わせてないのか、光はその家でかいがいしく信の世話を焼きます。「この前は聞けて良かった。信さんがいなくなって、でもそれで私と康太が出会って結婚する。人生で起こることはすべて意味がある」「信さんと出会ったことも別れたこともお互いが幸せになるためなの」「(信さんとの再会は)整理するためだよ。悲しいと思ってた出来事を整理して前に進むためだと思う」など、いかにも体育会系思考で恋愛を語り出す光でしたが、舌の根の乾かぬ内、ついに信のキスを受け止めました。信さん「まだ……まだ、光のことが」。光、涙で「(信さん……)」。信さんの唇の温かさに光、うっとり……。と、その背後から聞こえてきた、声。

「ここにいるよ~」

 ヒイイッ! 視聴者全員、ビビって震え上がったんじゃないでしょうか。私たちはホラー映画を見ていたんでしたっけ? ドアを開けて現れたのは、もちろん、蘭さん!!!!! 信さんの反応、「いやぁー」って(苦笑)。

 「ここで見てたんだよ、ずっとぉ~」と高笑いが止まらない蘭さん。「友達の家に行く」と敢えて餌を蒔いていたそうです。「こないだと逆だね」と光に告げる蘭さん、やはり……。犬のぬいぐるみに仕込んだ小型カメラでキスシーンをばっちり盗撮していたことも即明かされ、光、言葉を失い固まっています。一体どちらからキスしたのかと詰め寄られ、信さん「俺だ」。でも蘭さん「信からするわけないじゃん。だってあたしのこと愛しているんだから」とあくまで光が唆したと固執します。信さん「違う!」、蘭さん「違わないよ~~~~~!!!!!」。杖ダンダンダンダンダン!!!!! (中略) 信さん「俺がいけないんだ」。蘭さん「それも、言わされているんでしょ~~~~、このブスに!!!!!」。蘭さん「あぁぁぁぁぁぁ~~~~!!!!!」ドライフラワーを光に投げつけ、「足が痛くなってきたぁぁぁ~~。さすって、さすってよぉ~~~」「ねえ、キスして信」「私のこと愛しているんだったらここでキスしてぇ」「あいつにできて、あたしにできない!? ねぇ!?」。もう怖すぎて失禁寸前です!

 蘭さんが信さんの頭をわしづかみにして強引にキスした時、光は泣きながら「本当にごめんなさい!!!」と頭を下げて逃げ去りました。これにて第三話終了。序盤の熱海旅行がもう随分前の出来事のような気分です。なかなか濃縮度の高い1時間でした。濃縮還元みかんジュースより濃いかもしれません。康太に「幸せにして“もらう”」つもりでいながら、信さんとも「会いたい」光……それ、相当に緻密な計算でもってバランスをとるならまだしも、行き当たりばったりでやってうまくいくもんじゃないですからね。信さんへの未練を一人で振り切れないまま、康太と結婚すればなんとかなると思っている光は愚かで軽薄ですし、既婚者の家に「ヨメは留守だから」を信じて上がり込むあたり間抜けすぎて引きます。登場人物全員悪人、ある意味『アウトレイジ』より恐ろしいドラマかもしれません。

 次回四話、予告ではWデート旅行に出かけている四人、ついに光の目の前で発狂している康太の様子なんかが公開されましたが、今回以上にホラーな演出が待っているのでしょうか? ていうかまだ第三話だなんて信じられない! 水野美紀はどこまで狂えるのか、三浦翔平も水野美紀や郁恵ちゃんのキチガイ演技に触発されて飛躍するのか、今のところ怯えた表情ばっかりで魅力の薄い倉科カナも悪女演技に転換するのか、気になることいっぱいです。そもそも蘭さんの足にナイフを突き刺した通り魔も、蘭さんが雇ったヤツなんじゃないかって気もしますし……すべて蘭さんの「計画通り!」だった、みたいなね。もうひとつ気になるといえば、イケメン設定のはずの信さん、つまり大谷亮平さんが、蘭さんに圧倒されてひれ伏すシーンばっかりで、いまいちカッコ良く見えないということ。最初は竹野内豊に似ていることからニセ野内なんてあだ名もついた大谷さんですが、これじゃ竹野内よりグレードが4つくらい下だと思います。倉科さん(私生活では竹野内の恋人、のはず)が本気で濡れるくらい、急いで磨かれてください!

(ドラマウォッチ担当:雨月桃)

▼水野美紀の股間に顔、三浦翔平の絶叫演技が棒でキュンキュンしづらいドロキュンドラマ『奪い愛、冬』/第一話レビュー
▼シャワーシーン多すぎ、ドン引きの三浦翔平フラッシュモブ、束縛妻「排卵日なのにーッ!」の絶叫/『奪い愛、冬』第二話レビュー

<そのほかのドラマレビューはこちら>

▼東京タラレバ娘

▼A LIFE~愛しき人~

▼突然ですが、明日結婚します

▼バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

隅々まで悪役が蔓延るホラードラマ『奪い愛、冬』、鬼気迫る狂妻・水野美紀に圧倒されるニセ野内と倉科/第三話レビューのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

CYZOトークすべて見る

【瓜田純士】
“元暴走族総長”絵本作家のぶみの「池袋連合」は実在? キング・オブ・アウトローの意外な回答

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」