イチオシ企画

フジドラマ、完全に崩壊!?

俳優陣に続き、原作者、脚本家からも嫌われたフジ。果たして、フジドラマの今後は?
写真

特集

編集部厳選!トンデモ海外ニュース

パンダを絶滅から救え! 米有名ポルノ女優が「パンダ用AV」で一肌脱ぐ
写真

人気連載

上野樹里が日テレ出禁に!?

 かつては大河ドラマの主演まで張った女優の上野樹里が、4月から放送予定の日本テレビ系…
写真

ドラマレビュー

『タラレバ娘』最終回でクソ展開

 原作漫画の“結婚のタイムリミット”を7歳も引き下げた(原作は40歳、ドラマは33歳…
写真



 >   > 松本伊代に撮り鉄からもブーイング

「同類だと思われる……」線路侵入で書類送検の早見優・松本伊代に撮り鉄からも大ブーイング!の画像1
松本伊代オフィシャルブログより

 線路内に無断侵入して書類送検されたタレントの松本伊代と早見優に、“撮り鉄”からもブーイングが飛んでいる。

「こういうとき、撮り鉄もみんな同類だと思われて肩身が狭くなる」
「線路に入ることはないけど、合法の範囲内でギリギリ撮ったりすることも厳しく見られそう」

 際どい撮影手法がたびたび問題視されてきた「撮り鉄」なる鉄道ファンは、列車の写真撮影を趣味にしている人たちの通称で、その一部がローカル鉄道などを撮るために禁止区域にまで立ち入ったり、私有地を踏み荒らすなど、マナー違反が問題視されている。

 松本らの行為は、今回だけ「ついやってしまった」感じだが、撮り鉄のほうが常習的なイメージがある。

 しかし、元兵庫県警刑事で、鉄道警察への配属経験がある行政書士の飛松五男氏は「そんなことはない」と言い切る。

「松本さんたちの行為は、私も画像で確認しましたが、線路に侵入して歩き回る常識外れなもの。さすがに撮り鉄には、そんなことをする人は、なかなかいないですよ。列車には近づきますが、走る姿が好きなので、往来を邪魔することはありません。鉄道警察時代によく見てきましたが、ほとんどの人たちはルールを守っていて、ホームの電車に近すぎる場所へ三脚を立てただけで注意する仲間がいる、厳しい空気がある世界です。問題を起こすのは撮り鉄になったばかりの無知なビギナーで、本物の撮り鉄は、ルールやマナーを守った上で写真の出来を競うんです」(同)

 松本と早見は1月、旅番組のロケで訪れた京都市内で、JR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして2月10日、京都府警右京署が鉄道営業法違反の疑いで書類送検した。

 2人は線路内での記念写真をブログに投稿。警報機が鳴ったことまで自慢げに書いていた。この件について、フジテレビ系情報番組に出演している坂上忍は「書類送検は重すぎる」、松本人志も「見せしめでは」と疑問を述べていたが、飛松氏は異論を述べる。

「見せしめにするとか、そういうことを考えて処分するとは、まず考えられません。長い事情聴取をした上での決定で、書類送検されるということは、警察から見ても“反省の色があまり見えない”と思われた可能性があります」

12


[ 関連リンク ]

ページ上部へ戻る

日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。