イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

公明党と創価学会の内情を描く問題作

 東京の西郊外にぽつんと建つ田無タワーは、明...…
写真

ドラマレビュー

『アンナチュラル』脚本家は予言者?

 石原さとみが法医解剖医役を演じるドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第6話が16...…
写真



 >   > 「ガチレイプ」は演出? AV男優に聞いた業界の慣習
【messy】

AVの「ガチレイプ」は本当に演出なのか? AV男優・ピエール剣に聞いた業界の慣習

そろそろ暖かくなってきて変態も虫も出現しつつある季節、みんな元気にしてるキュウ?
あたしは花粉症がしんどくて、それを口実に毎日ダラダラしてたキュウ。
夏は暑い、冬は寒い、春は花粉、梅雨は雨……秋以外は言い訳しか言ってないキュウ。

鼻をすすりながらmessy編集部に久々のAV男優インタビューをやりに行ったキュウ。

エロメン? 若手男優? もしくは、またスカトロ男優……!? と想像を巡らせながら着くと、一人の男を紹介されたキュウ。

「しQちゃん、この方はピエール剣さん。レイプものAVによく出ていらっしゃるベテラン男優さんです」

キュキュウ……! 想定外!!!
レ、レ、レ、レイプ男優なんて怖いキュウ怖いキュウ怖いキュウ!!!
そんなことなら例の店で貞操帯買って付けてきたかったキュウ~~~!

覚悟を決めて部屋に入ると、そこにはスキンヘッドのニコニコした中年男性がいたキュウ。
こ、こやつがレイプ男優キュウ…??

――初めまして、しQちゃんですキュウ…。

「初めまして、ピエール剣と言います。よろしくお願いします。(ニコッ)」

――(笑ったときに見える歯が新庄並みに白いキュウ……)あたし、今、お前さんがレイプ男優って聞いたけど、それってマジもんキュウ……?

「いや、レイプ男優ってわけではないんですよ。ただ人よりもレイプの仕事が多いってだけです。(ニコッ)」

――そ、そ、そうなのキュウね……。いきなりレイプAVの話をするのも、あたし胃もたれしそうキュウ……。スカトロは平気になったキュウけど、レイプとか陵辱ものって怖いからあまり見ないキュウ。まずは、男優・ピエール剣の今に至るまでを聞くとするキュウ。今、お前さんは何歳キュウ……?

「1967年4月10日生まれなので、今49でもうすぐ50歳ですね」

――キュキュウ! もっと若いかと思ったキュウ、肌ツヤが結構いいキュウ。射精しまくってるからキュウ? 出身はどこキュウ?

「生まれが東京で育ちが埼玉です」

――ちなみに身長は……? チン長じゃなくて、背の高さを聞いてるキュウ。

「わかってますよ(笑)。171㎝です」

――圧がすごいからもっとでかいと思ったキュウ。49歳ってことは、AV男優歴は何年になるキュウ?

「26歳でデビューしたので25年目ですね」

――えっ、な、長いキュウ~~! 超ベテラン男優キュウね。田淵正浩さんと同世代ってことキュウ。ってことは、ベテランレイプ男優ってことキュウよね……(ゾクッ)。

「別にレイプ一筋ってことではないですよ……?」

――OH、「レイプ一筋ですよ」って言われたら帰るとこだったキュウ。26歳でのAV男優デビューのきっかけは、なんだったキュウ?

「元々、小さい劇団で役者をやっていたんです。それで、ここで役者やっててもダメかな……と思っていた頃に、知人に小さい音楽事務所を紹介してもらって。舞台とかもよくやっていた事務所で、人手が足りないと言うので入ることになりまして」

――それは俳優としてキュウ?

「俳優として所属したものの、お笑い芸人をやることになりまして……」

――キュキュウ! 恐怖のレイプ男優の過去がお笑い芸人だと!?

「そこの事務所にトリオの芸人がいて、一人抜けたので入らないかと誘われたのが、きっかけです」

――え! トリオやってたキュウ? トリオって、ツッコミ・中ボケ・大ボケがいるキュよね? どれやってたキュウ!?

「僕はツッコミとボケをやってたましたね。リーダーがボケで、もう一人がボケ担当だったので。僕は間に入って両方やってたんです」

――ネプチューンでたとえるなら……?

「原田泰造のポジションですね」

――なんとなく想像ついたキュウ~~。コントを劇場でやってたってことキュウ?

「劇場というか、今の吉本ルミネとかのイメージとは全然違うんですよ。よくドサ廻りしてましたね。劇場とか演芸場みたいな、そんないいところには行けず。温泉の宴会とか自衛隊の新入歓迎式とか……体育館で、とかでしたね。音楽事務所なので、売れない歌手の前座と僕らがコントをして場を温めて……という流れです」

――下積み芸人をちゃんとやってたキュウね! 何歳ぐらいのとき?

「24歳頃からですね、なので26歳からは男優とは被りながらやってましたね」

◎発射男優がいた時代

――お笑いは何歳までやってたキュウ?

「27歳頃までですね。お笑いだけでは食っていけないので、水商売でも働くようになっていたのですが、そのお店でAV監督と知り合いまして」

――キュキュウ!? 水商売ってホストかキュウ??

「新宿二丁目でサパーをやってたんです。ホストではないけどホストまがいのことですね。二丁目ですけど働いてるのは全員ノンケの男で、女性のお客さんが多かったですね」

――そこにAV業界の人も飲みに来ていたキュウ?

「あるAV監督の男性がよく飲みに来てたんですけど、店で撮影をしたいから撮影場所として貸してくれないか? と頼まれたんです。AV撮影ってどんなものか気になって、撮影を見学させてもらったんですが、その監督が兼業男優として出演していたのに全然勃たなかったんですね。女優さんは女子大生で可愛い子だったのに、勃たないから結局擬似発射になって。『あんな可愛い子で勃たないなんて勿体ねぇ~~』とポツリとつぶやてしまいまして、『じゃあ、やってごらんよ。人前で勃つわけなんかないんだから』と言われたので、一週間後の撮影に急遽、男優として参加することになったんです。
そしたらどういうわけか普通にできたんですよね。可愛い女の子とエッチしてお金もらえるなんて、いい仕事だな、と思って、その後も呼ばれれば出るようになりました。ただ、続けていくうちに、可愛い女の子と普通にエッチするだけの仕事では全然ないんだって痛感するんですけど……」

――最初の撮影はどんな内容だったキュウ?

「男4対女4のスワッピングパーティー設定でしたね。僕は若い夫婦の旦那さん役で、一番若くて可愛い子と夫婦設定なんですが、なにせスワッピングなんで、その子とは絡みができず(笑)」

――もどかしキュウね、スワッピングだから夫婦交換しなきゃいけないもんね。

「可愛い子1人、普通の子2人、おばちゃん1人……の4人で、僕はおばちゃん担当だったんです」

――初めての撮影だけど、ちゃんと撮影できたのキュウ?

「はい、普通にできましたね。昔のAVって1本60分と今に比べれば短かかったので、撮影もサクッと終わって。終了後に監督が『剣、お前本当はあの子とヤリたかったんだろ?』って話しかけて来たんです」

――ピエールの心なんてお見通しであーる、キュね。

「カメラを渡されて『好きなだけヤッてきな』って」

――え! 初の撮影の直後に、急にハメ撮りしてこいよってことキュウ!?

「まぁ、ハメ撮りはご褒美みたいなものだったんですかね。どうやって撮るんだろう……とか不安ながらも、お芝居やってたので一応ライトの向きとかも何となく分かって、とりあえずハメ撮りしましたね」

――仕事でセックスして、直後ご褒美でセックスする……って。急にハメ撮りの流れになって女優さんは嫌がらなかったキュウ? 女優さんは知ってて来てたのかキュウ?

「その頃は結構、契約自体がゆるかったですし、女優さんもOKと言ってくれたので、2時間くらいカメラを回してハメ撮りしました」

――へえ……そのVTRも別の作品としてリリースされたのキュウ?

「ちょっとわかんないんですよね……」

――その日のギャラはいくらだったキュウ?

「3万ですね。一日で」

――大島丈キュンも3万からスタートだったって言ってたけど、デビューが近いキュウよね。その頃はセックスする男優として3万円スタートだったキュウね。「汁男優5000円、もしくは交通費のみ」からのスタートではない、バブリーな時代キュウね~。で、次の出演依頼は、すぐ来たのキュウ?

「はい、週に1回は呼ばれて撮影に行くようになりました」

――週に1回3万円の仕事が入るって、うらやましキュウ。拘束時間も短いわけで。

「そうですね~嬉しかったですね。でも、呼ばれる現場は女優さんがおばちゃんばかりでした(笑)。若い男優は、熟女系の現場ばかりに呼ばれるんですよね」

――エロメンの一徹キュンも、義理の息子役で「お母さん、お母さん」ばっかだったって言ってたキュウ。それと一緒キュウね。若手男優の洗礼キュウね。

「1年くらいは熟女モノばかりだったんです。だんだん、有名な女優さんの撮影にも行くようになって。でも当時、有名な女優さんの撮影は擬似ばかり。レンタルは擬似セックスの時代だったので、フェラもゴムをつけてやったり、人によってはフェラしてるふりの時もありました」

――発射(射精)はどうしてたキュウ?

「まぁ、それは企業秘密ですね。夢は壊したくないので(笑)。発射男優に発射させたり」

――発射男優……!?

「その頃、発射男優ってのがいたんですよ! イク前にカットがかかって、それまで演じてた男優がサッとはけて発射男優に代わるっていう」

――その人、すごい大変じゃないキュウ……? ずっと横で撮影を眺めながら、いつでも発射できるよう万全に高めといてバトンタッチして発射だけするなんて……。端っこで全裸でシコシコオナってる姿って、しょんべん小僧みたいじゃないキュウ?

「ええ、大変だと思いますよ。すごい人たちでしたね」

――26歳でAVに出始めて、1年経った頃にお笑いを辞めた?

「はい。お笑いトリオが解散するってことになったんです。面白い奴が先に抜けちゃったし、このまま事務所にいても仕方ないな、と思い事務所も辞めました」

――サパークラブへの出勤は続けていたキュウ?

「一応30歳くらいまでは在籍してたんですけど、ほとんど行ってなかったですね。男優業が忙しくなってきてしまって」

――撮影が週1より増えてきたってことキュ?

「はい、増えていきましたね。夜遅くまで撮影して、その後サパーやって朝まで飲んで、そこからまた撮影に行くような日が何度かあって、このままじゃ死ぬなって思ったんです。でも撮影に呼ばれると断れないから水商売の方は行く回数がめっきり減って。それが29歳頃でしたね。その後、水商売を辞めたんですが、辞めたことによって活動範囲が広がりました。男優業もさらに忙しくなって、毎日のように現場に行ってましたね」

――毎日射精して毎日3万稼いで。当時、同世代のサラリーマンよりも明らかに収入良かったキュウ?

「はい、いい収入になってましたね、当時は」

――3万円男優からスタートして、ギャラが値上がりしていくのはどんな感じなのキュウ?

「僕は今、1本5万円なんですけど、4万円の時代が長かったですね。昔は今みたいに自分でギャラ設定ができなかったんですよ」

――そもそも知らなかったけど今って、男優のギャラ自己申告制なのキュ? じゃあ昔は誰が設定してたキュウ?

「AV監督って横の繋がりがあるので、ある程度みなさんが納得したら『次回から5万でいいんじゃない?』って声がかかるんです。せっかくギャラが上がりそうな時期に差しかかっていても、発射待ちとかトラブルが一回でもあると『まだダメだ』と判断されてギャラがなかなか上がらなかったりして」

――大相撲のカドバンみたいキュウ。ここ一番の大勝負キュウね。

「大勝負で黒星ついちゃうと信頼回復まで時間がかかるんですよ」

――男優のギャラって1現場5万がMAXキュウ?

「MAXは6万円って聞いていたんですが、それ以上の方もいるみたいですよ。多分その時の条件に応じて変動があるんだと思いますが。ただ今は時代が時代なので……。あの時、6万に上げてればな~と過去を振り返って思うときもあるんですが、5万で充分だなって僕は思ってますね」

――逆に6万男優のパフォーマンスをしなきゃってなるとハードル高くて胃に穴が開きそうキュウ~。

「そうなんですよ。今以上のギャラをもらうということは今以上のパフォーマンスをしなければいけない、ということなのでね。今は制作費的にも厳しい時代なので、ギャラの高い男優は呼ばれにくいという難点もあるんです。5万でも呼ばれるのが難しいんですよ。なので、僕は5万のままで良かったかな、と思ってますね」

――ベテラン男優はベテラン男優なりの悩みがあるキュウね。

◎演技指導なし、暴力の加減は任されていた

――AV男優になるとか、自分のセックスや裸体が世の中に流通することに抵抗はなかったキュウ?

「全然ないですね、元々エッチが“大好き”だったので」

――大好きのくだりが、すっげぇ心籠っていたキュウ……Are You ヤリチン?

「サパーに来るお客さんともしてましたし、ナンパもよくしてたし、人前でヤルのも全然恥ずかしくないですし、むしろ見せたいくらいだったんで」

――み、見せたい派だと……。男優になる前から、そういうプレイをやってたキュウ?

「はい、乱交みたいなことですよね」

――筋金入りキュウね。でも、セックスとレイプは違うキュウ。初めてレイプものの撮影現場に呼ばれたときは抵抗なかったキュウ?

「初めてのときは、どこまでやっていいのかが分からなかったですね。プロダクションに入ってるモデルさんなので、傷つけちゃいけないですし、でもレイプだし……」

――ちょっと待てキュウ、でも「レイプものAV」はそういう演出キュウよね。演技指導は入るキュウ?

「大体は入らないですね。お任せです」

――役者もコントもやってたから、なんとなく勘でいけたキュウ?

「そうですね、勘ですね。ビンタしていいのかする振りだけなのか、とかのNG項目だけ聞いて、その女優さんの可能なプレイを把握したら、後は勘でそれっぽくやってましたね。ビンタは何発までならOKですよ、とか言われるので。あ、でも回数を提示されるのは最近か……昔はビンタOKだったら何発でもいい、みたいな感じで……。探り探り、オラオラな大声を出して女優さんの服を破って……ただ、とにかく怪我のないように注意しながらレイプしていました」

――配慮しながらレイプしてますって変な日本語キュウね……。演技でもあたしは怖いしトラウマになりそうキュウけど、女優さんはどういった感じで撮影現場に来てるのキュウ?

「レイプものだって知ってて了承の上で来るんですが、バリバリ台詞のあるドラマものと、ガチ風な感じでやるレイプものの撮影とあって」

――ガチ風?

「ガチっぽく見せるために、よりリアル感を追求した撮影ですね」

――リアル感?

「女優さんはレイプものの撮影って知って来てますが、女優さんの想像よりもちょっと上回る感じ。なので撮影中は驚かせてしまうんですが、スタッフさんも僕たちもケアを一生懸命するので最後には笑って帰るというような感じですね」

――想像よりも上回る………?

「スタッフが駅とかで待ち合わせして、その後の段取りを何も説明せず人気のないところまで連れて来るんです。僕らは車で近づいて、いきなり拉致っちゃうというような形でしたね。女優さんの自前の服とかもビリビリに破って」

――え、怖すぎキュウ……120%トラウマになる……てか女優さんは「今日レイプものだけど具体的に何やるかは始まるまでわかんない」状態で来てるキュウね……。レイプと知ってても、いきなり拉致られるのとか絶対あたし嫌キュウ……。

「15年前くらいは、そういう現場が多かったんですよね。今では、もちろんアウトです」

――15年前って2000年代だし結構最近キュウ……怖すぎる。ただそういう業界の認識も現在は変わった、ということキュよね……?

「変わりましたね。でも、怖いです」

――いや怖いのは女優さんだろキュウ。

「それはそうなんですけど、いくら女優さんが事前に承諾してても、撮影後に『合意していなかった』と訴えたら僕らは仕事だと言い逃れしてもアウトなんで。書面で承認して証拠を残してもアウトのようなので」

――脅迫して書かされたってこともあるから、それは……。ともかくレイプものの撮影に関しては、業界は慎重になっているということキュウ?

「そうですね」

◎男優も傷だらけになる

――本当ツラくなってきたけど、ガチ風レイプ現場でも「女優に怪我はさせない」ことが絶対ルールではあるキュウよね。

「はい。なので普通の現場よりも10倍気を使いますよ。絶対に怪我はさせられない。その子の状況を見ながら加減をして、越えてはいけないラインを見極めながらやるので。女優さんによって全然そのラインが違うので、その時の状況を読み取りながら進めていきますね」

――その判断難しそうキュウ、カメラが回ってると、どこまでが芝居でどこからが本気かが分からなそうキュウ。ていうか男優だけにその判断任せていいのかよって思うキュウ。

「女の子を振り回したり、押し倒したりするときも、自分の腕をまわして誘導したり下敷きになるようにしてカバーしながらやっています」

――AV男優にアクション俳優の要素もプラスされてる感じキュウね……。

「なので、終わったら自分の身体のあちこちが痛いかったり傷だらけになってることなんて、よくあることですね。たとえば女優さんを脅すシーンで、女優さんの頭を壁にガンガン打ち付けてるように見えて、自分の手を後頭部にあてがって打ち付けているので、気づくと手が血だらけになってたり。足が傷だらけになってるときもありますし」

――ご丁寧にベッドの上でやるシチュエーションはなさそうだから、膝とかも擦り剥けそうキュウ。

「膝は確実に剥けますよ。ベッドなんかじゃヤラせてくれないですね、ソファーがあったらラッキーぐらいです」

――なんかその撮影、本当に誰得っていうか……女優にも男優にも負荷だけ重いキュウ。他にレイプ作品の撮影現場で、他の作品と違うところは?

「女優さんから共演NGを出されがち、ですかね。絡み前に普通だったら挨拶して会話して緊張感を解いたり楽しく喋ったりするんですけど、レイプものだと必要以上の会話はしないでくれ、とお願いされる場合が時々あるんですよね。緊張感を持たせたいからみたいです。でも、それだと僕らは不安になっていくんですよ。自分の素の人格がそういう人だと思われてしまうので、撮影終了後に話しかけても受け入れてもらえなくなることがあるんです。で、次の日にお知らせが来て『NGになってます』と」

――共演NGにしなかったらまたドッキリ風レイプやられるかもと思ったらそりゃね……。

「そうなんですよね、仕方ないですね。女優さんが、もうこの人とは会いたくないって思ってしまったら仕方ない」

――普通の撮影で呼ばれてたけど、女優さんからNGが出されてるから仕事がなくなっちゃったりもするんじゃないキュウ?

「結構ありますね。バイクで現場まで行くんですけど、僕のバイクの音を聞いてADさんが近寄ってきて『中に入らないでください! 今、監督呼んできますから!』って言うんです。そういうとき、あ、これはNGのパターンだ、と察しますね。運がいいと早めに連絡が来るので他の仕事を入れられたりするんですけど、当日だったり前日に言われると辛いですねぇ」

――その撮影入ってるから他の仕事の依頼が来ても断っていたのに、急に無くなってギャラももらえない。ドタキャンは厳しいキュウ。今までで一番過酷だった撮影について聞いてもいいキュウ?

「雪の上ですね」

――さささささ、さっっっっっむ!!!!!!!

「女の子はさすがにかわいそうなのでボロボロの服を着せたりもするんですけど、僕ら男優は全裸。ただただ寒いです」

――そんな極寒の中でも勃つキュウ……?

「勃ちますね~~~」

――ってか、 勃ちすぎだろ! なんで極寒でエロい気持ちになれるのか意味わからねぇキュウ……。

「雪の中でフェラされて、口からチンコが抜けたときに湯気が上がったのは面白かったですね(笑)。2月の寒い時期に雪の中でレイプとか、雪解け水の中でレイプとか、ありましたねぇ~。
寒いので、大声出したり動いたりしてないと震えてきちゃうんで、そういうときはなるべく動いて対策してます。でも、最近は厳しくなってて、外で撮影ができないのでスタジオの庭だったり、砂利の上にダンボールが敷いてあったり、汚い布を敷いてあって、その上でとかですね」

――お金いくら積まれても、雪の中でレイプされるのとか、あたしは出来ないキュウ。ただでさえメンヘラなのにPTSD発症して「死にたい」を連呼する毎日が安易に想像つくキュウ。ああ、野外連れ去り系のガチレイプ作品以外にも、恐ろしい男優が出てくるのって拷問系のAVとかがあるキュウよね。それにも行ったりするキュウ?

「行ったりもしますね。拷問系は器具とかを使うことが多いんですけど、事前に女優さんに、これを使うんだけど大丈夫? って確認をとります。撮影前に一度試して、どこまでなら平気かを打ち合わせしてから本番に挑みます」

――拷問系って、最後まで女優さんはイヤイヤしてる内容なのキュウ?

「最初はもちろんイヤイヤしてて欲しいんですけど、最後は気持ちよくなっちゃう系が多いですかね」

――アクメ的な? それも全部演技キュウ?

「僕は女優さんが本当に感じてると信じてます。明らかに、この子イキまくってるなと伺えるのは30人に1人くらいいるんですよね。マシーンとかも、もっとやってください! みたいな」

――そ、それは選ばれし者キュウね……。だって、痛そうキュウ……。

「痛みはそんなに無いと思いますよ。おもちゃも別に太くないし、ローションたっぷり塗ってやるので切れたりする危険性はほぼないですね。ただ音がうるさいので、恐怖心が先に来る感じなんですよね」

――なんの音キュウ?

「マシーンの音です。電動ドリルみたいな形のもあるし、ガシャガシャ動くやつがあるんですよね。そういうのは制作さんが一生懸命作ってるんですよ」

――夜なべしてそのマシーンを作ってるときって、どんな気持ちになるんだろキュね。伊集院光のTBSラジオとか流しながら、ちまちま作ってたりしてるキュウ? 乳首とかに繋いで電流流したりするのあるキュよね? それって本当に流してるキュウ?

「それはご想像に任せますよ(笑)。肩に貼って電流流す一般の健康器具とかあるじゃないですか。そういうものに近いと想像してもらっても」

――あたし膝が痛い時に整体院で電流流したことあるキュウ。それを身体中って、あたしはやりたくないキュウ……。でも、撮影後にはものすごい血行が良くなってそうな気はするけどな。媚薬系は、ガチキュウ……?

「今は本物使えないんですけど、昔は使ってました。効果は千差万別ですね。身体が熱くなるっていうのは、よく聞きますね」

――じゃあ、今のAVの媚薬はフリってことキュよね?

「そうですね、フリです。そんなこと言っちゃうと夢なくなっちゃうかも、ですけど」

――いいんだキュウ!! だってAVはファンタジーの世界だからキュウ!!! あれがリアルだと誤解されたら困るんだキュウ。

◎アナルほぐし要員として

「あ、あと、僕、人よりもレイプの現場が多いってのもあるんですけど、アナルの現場も多いんですよ」

――キュキュウ!? レイプ&アナルキュウ? 要素多すぎキュウ!!!! なんでもっと早くに言わないキュウ?

「ごめんなさい。昔はアナルレイプも多かったです」

――こわっ、こっわ!!!!!!!! アナルレイプキュウ!!!????

「はい。文字通り、アナルを無理やり犯すってことなんですけど」

――アナルに無理やり挿入しようとしても入らなくないキュウ??

「なので、もちろん撮影前にほぐす作業はしますよ。撮影前に必ずアナルを拡張させとくんですけど、僕が女優さんのアナルをほぐしてる時に『本番では、口では嫌っ!って言いながらも、お尻には力入れないでね』って言うんです。拒否してると筋肉が固まってきて、せっかくほぐしたアナルが縮んじゃうんですね。そうなると挿入したときに切れやすくなったりしちゃって、女優さんが大変になっちゃいます。本当は気持ちよくさせてあげたいんだけど、痛いから本当にアナルが嫌になってしまうんです。なので、演技で拒否しててもアナルだけは緩めてて欲しいんです」

――それって、竹中直人の笑いながら怒る人みたいなことしろってことキュよね!? 無理ゲーキュウ。縮んだアナルに無理やり挿れると血は出るキュウ……?

「出ますね。でもすぐ止まります。痛くしちゃってごめんねって、本当にいつも思いますね、アナルレイプの現場は。それでアナルを嫌いにならないで欲しいな……」

――ピエールは撮影でアナルやる前からプライベートでもアナルやってたキュウ?

「やってましたね」

――やっぱりな。プラベアナル。

「でも昔は指を入れてみて、イケそうだな~と思ったら挿れてたって感じで。現場で監督に『アナルやる前はしっかりほぐしてね』って言われて、探り探りやってるうちに、いいほぐし方を見つけられましたね。あと、僕の竿も大きい訳ではないので痛くなりにくいってのもあるかもしれないですしね。僕が他の現場で忙しかったりすると、合間にほぐしにだけでも来てください! と言われるのはありますね」

――アナルほぐし要員……。

「今は、ほぐしができる男優も増えて来てますけど、前はなかなかいなかったんですよ」

――アナルの現場は、いつくらいから増え始めたキュウ?

「男優始めて2~3年後にはやってたんで29歳頃からですね」

――アナルの撮影は好きなのキュウ?

「嫌いじゃないですね。ただ、ある程度できると満足しちゃうんです。アナルを撮影前にほぐして、恐怖心から快楽へと女優さんが変わっていくのを見ると『この子はアナルで気持ちよくなれた、僕の役目は終わったな』と、それだけで満足しちゃうんです。でも、発射しないといけないんで、一度気持ちを切り替えてから発射しますね」

――今は、撮影の割合的には普通のAV、レイプ、アナル、どんな割合キュウ?

「その時々によって違いますね。先月はレイプが多くてアナルが少なかったですね。月によって全然違いますね」

――逆に普通のAV撮影に行ったときは、どんな心境になるキュウ?

「ホッとしますね。俺、今日こんな楽でいいの?って思います(笑)。レイプ撮影は終わった後に気疲れでドッと来るときがあるんですけど、普通の現場だと『こんなに簡単に終わっちゃって大丈夫かな?』って、いらぬ心配しちゃったり。でも時々、イチャイチャしながらの愛撫ってどうやればいいんだっけ? って分からなくなったりもします(笑)」

――レイプ仕事やりすぎてレイプ脳になってるキュね……。

「監督に『優しい言葉を言いながらプレイしてください』って言われたりすると、優しい言葉って何? ってわからなくなっちゃったり」

――シルクラボ見て勉強すればいいキュウ!! 一徹先生のテクを盗むキュウ!!! 20代で役者をやっていたから、もしかしてドラマ作品とかにも強いキュウ?

「いや、それが苦手なんですよね……」

――役者やってたのにキュウ!?

「それがアダルトの現場に来てからは、アドリブが多くて(笑)。台詞がもう覚えられないんですよね……。依頼が来たら、一応引き受けるんですけど、監督が『ピエールさん、お芝居苦手だもんね~』とか言いながら、分厚い台本を渡してくるんですよね。完全にお芝居に陵辱されてます、ある意味プレイですね……」

――もうすぐ50歳のピエールだけど、男優として肝心の「勃ち」は変化しているキュウ?

「角度がゆるやかになってきたのと、興奮するまでにちょっと時間がかかるようになってきましたね」

――そういうときは、どうしてるキュウ?

「脳内で頑張る。あとは、たとえばレイプものの時にキスの流れがないのにキスしたりして興奮して勃たせたりしてますね。キスが大好きなので」

――監督に言われないキュウ? ちょ、ちょ、キスしないでくれる? って。

「そこは流れがおかしくならないように、フリを入れてからキスしてるので大丈夫です(笑)。やったもん勝ちですね。キスすると、すぐ勃つんで」

――わかりやすいキュウね。今後もAV男優一本でやっていく予定なのキュウ?

「そうですね、生涯男優だと思ってますので」

――それは若い時から、そう思ってたキュウ?

「それは思ってなかったですね、ここまでやるとは思ってなかったですし。固い決意を持ったのは45歳の時ですね。42~43歳で、本厄も後厄も終わっても元気でいられたので『もしかしたら、このまま男優でいくのかもしれない』と思い始めました。僕は男優以外のことは何も出来ないですし(笑)。本当にずっと45歳くらいでダメになるかもしれないっていう不安があったんですけど、それを超えてもオファーが来るし、僕より先輩の方も活躍しているし、だったら生涯男優でいたいって思うようになってきたんです」

――見た目も亀頭っぽいし、生涯男優いいんじゃないかキュウ。AVの制作側をやろうとかは考えたりはしないキュウ?

「僕は監督の立場にはなれないと思いますね。男優って、人それぞれのやり方があるんで、監督に『それは違う』とか言われると、いい気分はしないんですよ。でも、自分が監督になったら言いたくもなってしまうだろうし、でも男優の気持ちもわかるんで言いたくないですし。そう考えると監督にはなろうとは思わないですね。だからと言って、照明もカメラマンも出来ないですからね、当たり前ですけど。あ、ADなら出来るか……」

――頼みづらいキュウ! 「おい、ピエール、水持ってこいって言ったろ!?」とか、ベテラン男優には誰も言えないキュウ。

「ですよね(笑)」

――今後、もっと勃ちが悪くなっていったら、どうするキュウ?

「今は何もしてないんですけど……そうなったら、サプリを飲んだりバイアグラに頼ったりなのかな? とも思いますけど、今のところ僕のドーピングはキスなので、キスがあれば充分かな、と」

――今後は、普通のセックスの現場増えてほしいキュウ?

「それは思いますけど、いろんなジャンルの作品が増えていったら嬉しいですね」

――いろんなジャンル?

「たとえば拷問系とかハード系。今は撮る本数自体が少ないので、そういうのが増えたら嬉しいな、というのはありますね」

――おい、結局そっちかよ!!

「なんだかんだ好きなんですよね、そういうの。今、話してて気づきました。今まで、レイプの現場とかにいると、普通の現場に行きたいな~って思ったことが多々あるんですよ。でも今喋ってて、結局そういう非道な作品内容の撮影の方が自分の性に合ってるんじゃないかって、思いましたね」

――まあ、性癖に合致する作品に出たいキュウよね……。最後にこれだけは聞かせろキュウ。今もオナニーはしてるキュウ?

「僕ね、オナニーはしない派なんです。気持ちよくないんです」

――え、それって男優始める前の20代の頃からキュウ?

「10代の頃から。中学生のときは、オナニーで射精する感覚ってこういうものなんだな~って思ったくらいで、その後彼女が出来てセックスしたら、こっちの方が気持ちいいじゃんって。彼女と会えない時にオナニーしてみたりはしたんですけど、気持ちよくないから、気持ちよくないのにやる意味ないなって思ったんです。どうせやるなら、セックス。男優やる前は、風俗に行ったりもしましたけど……それはそれで、いいなぁとは思いましたね。人がやってくれるっていうのが、感情も高まっていいんですよね」

――どうせやるなら、セックス。あたしには、程遠い言葉だけどな。オナニーは、もう何年もやってないキュウ?

「やってないですね。どうせやるなら、セックス」

――二度言うんかい! 自分の出てるAVは見るキュウ?

「見ないですね。次に絡む女優さんの参考資料としてサンプルをチラッと見るくらいで。AV出る前から、AVは見てなかったんですよ。AV見てもセックスが出来るわけじゃないし、だからAVで気持ちよくなれるという考え自体がないので見てなかったですね」

――君の辞書には「射精=セックス」と書かれてるキュね……。オナニーで無駄撃ちはしないスタイルってか。あ! 最後にこれだけは聞こうと、ピエールを見たその瞬間から思ってたことがあるキュウ。坂口杏里がデビューしたときに、オファーは来なかったのキュウ!!!????

「それ、みんなに聞かれるんですよ~~~!!(笑)同じスキンヘッドの男優にも聞かれますよ(笑)スキンヘッドの男優同士で確認したら、結局誰のところにもオファーが来てなかったんですよ」

――ホスト脅迫で逮捕までされて彼女がどうなっちゃうのかもう全然見えないキュウけど、鬼畜AV業界のことだから「なんて日だ」って言いながらスキンヘッドだらけの乱交、すでに計画されている気もするキュウ……。

■しQちゃん/子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

AVの「ガチレイプ」は本当に演出なのか? AV男優・ピエール剣に聞いた業界の慣習のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」