イチオシ企画

【毎日更新】トンデモ海外ニュース!

エロ・グロ・非常識!なんでもアリの最新海外ニュースをお届け!
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

ゆがんだ日本のスポーツ中継

 連日、熱戦が繰り広げられている平昌オリンピ...…
写真

ドラマレビュー

『となかぞ』高畑淳子の“顔芸”が達者

 ある集合住宅(コーポラティブハウス)を舞台に、そこに住む4組の「家族」の価値観の違...…
写真



 >   > フェラ魚の住む湖に、下半身を沈める男たち
【messy】

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第五夜 フェラ魚退治

 また別の夜。

 深夜しぇー子から電話があり、また部屋に行ってもいいかというので、大丈夫だと言ったところ、友達も一緒だがいいかという。

「友達?」

「うん、一緒に遊んでたの。笹王さんのファンだって。可愛い子だよ。」

 しぇー子からの電話があるたびに、今夜こそはしぇー子の体を自分のものに、と毎回思うのだが、友達が一緒では、今夜もそれはまた難しいだろう。しかし、別のスケベ心も働いて、俺はOKした。電話の向こうで、その友達のものらしい「イェー」という声が聞こえた。

 しばらくして、インターホンが鳴り、俺はドアを開けた。生成りのキャミソールにアロハシャツを引っ掛けたしぇー子の後ろに、髪を赤く染めたケバめの女が立っていた。

「これ、らー子。」と言いながら、しぇー子は俺の部屋にずんずん入っていく。

「すいません、夜分〜。」といいながら、らー子は玄関先でやたら装飾の多いヒールを脱ぎながら、お辞儀をした。ケバ目の化粧だが、重そうなつけまつげの下、零れそうな大きい目が笑顔になると細くなって垂れるさまは人の良さを表していたし、しぇー子に負けず劣らずぽってりとした唇は、濃いめのグロスでつやつやと輝き、すこし頬骨の高いのが気になった以外は充分に俺のタイプだと言えた。

「えー笹王さんって文章の印象から、もっと年いってる人だと思ってたー。ぜんぜん若いじゃないですかー。」

「そう若くもないよ。」

「えー、かっこいいしー。いいなーしぇー子、笹王さんと友達でー。」

 なるほど、周りには俺は「友達」ということになっていたのか、と、しぇー子のほうを見ると、しぇー子はカーペットに座り込んで俺が出した缶ビールをぐびぐび飲んでいる。俺は軽くイラッとしたが、友達じゃないとしたらどういう関係なのだと考えると、妙な気持ちになった。

「らー子も友達になればいいじゃん。今日から。」と、しぇー子が放り投げるように言う。

「えー、いいんですかー。うれしいー。」

と、らー子も無邪気にこちらに向き直って微笑む。

しぇー子もらー子も、もうすでに相当酔っ払っているようだった。

「いいよいいよ。友だちになろう。じゃあ、乾杯」と、複雑な気持ちのまま俺も缶ビールを掲げて、口をつけた。

 しばらく、他愛もない話をしながら3人で飲んでいたが、突然

「らー子はね、フェラチオの名人なんだよ」と、しぇー子が言いだした。

「やだちょっとやめてよー。笹王さん、会ったばっかりなんだよー。」らー子は目をくしゃくしゃにしながらしぇー子の肩をばんばん叩いた。

「えーいいじゃん、笹王さんだって興味あると思うよ。作家だし。」

「ほんとですかー? ひいてない?」

作家であることは関係ないと思ったが、もちろん興味はある。

「否定しないってことは、ホントなんだね。」俺はらー子に言った。

「んー。自信あるかもですー。」

らー子が缶ビールを掲げたので、俺も掲げて小さな乾杯をする。

 しぇー子は部屋の中央のセミダブルベッドの側面にもたれて、遠くから自分もその乾杯に参加したが、そのビールは口に運ばずに手をおろし、投げやりに

「笹王さん、やってもらったら?」と言った。

「え。」

ちらっと、らー子の方を見ると、

「あ、笹王さんがよければ、あたしは別にー。」と、こともなげに言う。

その時、実は俺は相当うろたえたが、それを二人に悟られるのも悔しい気がして、

「あ、じゃあお願いしようかな。」と、スウェットのズボンに手をかけた。

俺がパンツ姿になったところで、3人爆笑して、その件はおしまい、という流れを予想してのことだったのだったが、しぇー子は酔っ払って据わった目のままだし、

らー子もただ、にこにこしている。俺はあとに引けなくなった。

「じゃあがんばりますー」と、らー子は、おれの腰の近くまですすっとにじり寄ると、俺のパンツをずるっと下げた。

 自分でも意外だったが、俺のペニスは半立ちの状態になっていた。

らー子は指を揃えてそれを下から持ち上げると「あ、ちょっと大きくなってる。嬉しい。」とまた笑った。

 しぇー子は相変わらずベッドの側面にもたれて、こちらを黙って眺めている。

「座ってもらったほうがいいかも」と、らー子は俺の腰を持って、傍にあったソファーにぐい、と座らせた。その力の強さが少し意外だった。

 そのとき、らー子の顔を初めて正面から見る形になった。今までは化粧の濃さでよくわからなかったが、頬骨だけでなく、顎も骨ばっている。半開きだった唇が閉じられると、ごくんと唾をのみこむ音が聞こえた。らー子の喉が大きく動き、俺はそこに喉仏の存在を確認した。

 驚いた瞬間、らー子は顔をかがめ、俺のペニスをぱっくりと咥えた。ノースリーブのワンピースからのびた筋肉質の二の腕が、俺の腰をがっしりと抱えていた。

呆然としている俺を見て、しぇー子が状況を悟ったらしく、言い放った。

「あ、気づいた? らー子は男だよ。」

 らー子はおれのペニスを咥えたまま、右手をしぇー子のほうに掲げ、だめだめ、というように手を振った。

 咥えられた瞬間から、俺の頭は、また別の驚きによって支配された。唇で雁首をすっぽりと包んだまま、口中で舌が縦横無尽に動き、亀頭を撫で回している。熱い唾液が潮のように打ち出されたかと思うと、それがまた啜り込まれる。俺のペニスはたちまち大きく固くなり、らー子の口いっぱいになった。らー子は一旦口を離し、

「すごい大きくなった。嬉しい。」と言った。今まで出していた声より若干低い声になっていた。

 そしてまた咥えこみ、舌を裏筋に当てながら頭を上下させ始めた。じゅるっ、じゅるっという音が断続的に聞こえる。ペニスが熱い酸のようなもので裏側から溶かされていくようで、早くも俺は発射しそうになり、つい声を上げる。

「あっ…。」

 俺の反応を察知してか、らー子は一旦、その動きを止めると、唇で絞るようにしながら、舌で亀頭を押し出すようにして、口からペニスを送出した。ちゅぱっ、と言う大きな音とともに口がペニスから離れた。俺のペニスはバネのようにぴんと反り返り、らー子の唾でびちゃびちゃになっていたので、反動で水しぶきが俺の顔にかかった。ぱんぱんに張り切って、てらてらと赤黒く光る亀頭を、らー子は満足気に眺め、愛おしそうにしばらく指で弄んでいたが、再び大きく咥え込むと、喉の奥まで一気に差し入れた…。

 もちろんフェラチオされた経験は何回かあったが、こんなのは初めてで、今まで味わったことのない感覚だった。俺はらー子のテクニックに陶然となり、ぼんやりしていると、ふと、ベッドにもたれたしぇー子と目が合った。あまりのことにしぇー子の存在を忘れかけていた俺はどぎまぎした。酔いでしぇー子の目は据わったままだが、怒って睨みつけられているようにも思える。何か言おうかと思ったら、しぇーこが先に口を開いた。

「ねえ、笹王さん、あたし眠くなっちゃった。ベッド入ってもいい?」

しぇー子は俺の返事を待たずに、立ち上がってジーンズだけ脱ぐと、セミダブルベッドのシーツのなかに体を滑り込ませた。そして、手枕でこっちに向き直ると、

「お話してよ」と言った。

らー子は相変わらず俺の下半身を抱え込み、じゅぼじゅぼと頭を上下させている。

「い、今?」

「うん、フェラされてる人のお話、聞きたいな」

らー子の動きが止まった。ペニスから口を離し、興味深そうに俺の顔をみてにっこり笑うと、今度は、唇をすぼめ、舌の先だけ出して、珍しい形の笛を吹くように、ペニスの裏筋をなぞりはじめた。

新たな刺激に体を震わせながら、俺はつっかえつっかえ、お話を始めた。

改ページ

(C)河井克夫
(C)河井克夫
 その湖に古くから棲むという魚は「フェラ魚(うお)」と呼ばれていた。

 村に住んでいた淫乱な女が湖に飛び込んで魚に姿を変えたという言い伝えがあった。湖畔の村の男たちは夏になると、漁も兼ねて湖に潜った。陽光の煌めきに男たちの影が加わるのを見てか、あるいは男の声に反応してか、どこからともなく魚がやってきて泳いでいる男の一人を選び、鼻の先で瞬く間に褌をずらすと、こぼれ出たペニスを咥える。魚の口内は暖かく、体が水温で冷えているなか、その部分だけが温泉に浸けられたようだった。魚は、普段は沼の底近くにいるので、体中が、水苔に覆われている。ペニスを咥えながら、苔でぬるぬるしたヒレが睾丸などを撫でるのでそれも相まってえも言われぬ快感なのだった。

 フェラ魚は男の精を糧にして生きており、わずかな時間で男の精を搾り取ると、また湖の底へ帰っていく。ただそれだけのことなのだが、一度フェラ魚の犠牲になった男は、その快感が忘れられず、夜と言わず、昼と言わず、そのことを考え始めると、つい足が沼の方に向かうのに抗えなくなった。

 夏の夜には、魚の出現を待つために、沼の浅瀬に下半身を沈めた男たちが並ぶ光景もよく見られた。

 湖畔の村長の娘は、醜い娘だった。もう年頃だったが、村の男が自分のところに一度も夜這いに来ないことを憂いていた。その憂いはやがて、嘆きになり、怒りになり、その怒りの矛先は、男たちや村の他の娘達ではなく、フェラ魚に向かった。自分のもとに男が訪れないのは、湖にフェラ魚がいるせいだと思うに至った。娘は村長にフェラ魚の退治を懇願した。

 村長は町へ出て、町の職人にフェラ魚を退治する装置の制作を依頼した。一月ほどかかって完成し、村へ届けられたそれは、人間の男をかたどった人形だった。

 簡素なつくりであったが、股間から伸びた男根だけが妙に精巧にできていた。

 ある夏の昼下がり、村長と娘はその人形を湖に運ぶと、うつ伏せの状態で湖面に浮かべ、沖に向かって押し流した。

 よく晴れた日で、湖面が陽光にきらめく中、人形はゆらゆらと揺らめきながら沖の方に流れていった。村長と娘は、双眼鏡を手にして、人形の行方を見守った。しばらくすると、水底から大きな影が水面に向かって上ってきた。フェラ魚だった。

 フェラ魚は、獲物を確認するように人形の周りを何周かしていたが、やがて人形の真下に沈み、湖底に向かってまっすぐに伸びた人形の男根に、勢いをつけて、ぱくり、と食らいついた。

 次の瞬間。

 人形の中の機構によって、男根の側面から、花びらが開くように6枚の鋭い刃が飛び出した。一瞬の出来事だった。フェラ魚はたちまち6枚の切り身になって、ばらばらになった肉片のそれぞれがゆっくりと湖底に沈んでいった。

 作動の終了を意味する旗が、人形の尻から、ぴょこん、と立ち上がった。

 村長と娘は双眼鏡でそれを確認すると、満足げに頷きあったのだった…。

______

 俺はもはや一触即発だった。目をつぶったままそこまで語り終えて、もう、射精する、となったとき、らー子の口がペニスから離れた。

 目を開けると、手枕でこっちをむいたままのしぇー子の姿が目に入った。

「…なに、その話…。つまんない…。」

 下を向くと、らー子も悲しそうな顔でこっちを見ていた。

 おれはどうしていいかわからず、ペニスを露出させたまま、黙っていた。

「フェラ魚かわいそう…」しぇー子が言った。

「笹王さんごめん、きょうは帰るね。」

 しぇー子はベッドから降りると、ジーンズを履き、らー子を伴って部屋を出ていった。とりのこされた俺は、相変わらずペニスを露出させたまま、ぼんやり立っていた。


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

関連キーワード

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第五夜 フェラ魚退治のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

99.9刑事専門弁護士II

TBS/日曜21:00~

型破りな刑事専門弁護士が帰ってきた!  

99.9刑事専門弁護士II

トドメの接吻

日本テレビ/日曜22:30~

山崎賢人が“クズ男”に挑む新境地!

トドメの接吻

海月姫

フジテレビ/月曜21:00~

今期月9は芳根京子が“オタク女子”に!

海月姫

FINAL CUT

フジテレビ/火曜21:00~

復讐を誓う亀梨和也が、禁断の恋に…

FINAL CUT

きみが心に棲みついた

TBS/火曜22:00~

『あなそれ』脚本家で吉岡里帆が“三角関係”に!

きみが心に棲みついた

anone

日本テレビ/水曜22:00~

広瀬すず×坂元裕二の“最強タッグ”結成!

anone

BG~身辺警護人~

テレビ朝日/木曜21時~

キムタクがすご腕ボディガードに!?

BG~身辺警護人~

隣の家族は青く見える

フジテレビ/木曜22:00~

深田恭子&松ケンが描く新しい家族のかたち

隣の家族は青く見える

アンナチュラル

TBS/金曜22:00~

解剖医・石原さとみが“死の謎”暴く!

アンナチュラル

もみ消して冬

日本テレビ/土曜21:00~

山田涼介が“どコメディ”に挑戦!

もみ消して冬

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」