トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

イチオシ企画

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

顔面刺青男の意外な見識が明らかに! 映画、社会、人生を斬りまくる
写真

特集

元SMAP3人、再始動で芸能界が大混乱

香取・草なぎ・稲垣が公式ファンサイトやSNSを開設し、芸能界に殴り込み!?
写真

人気連載

瓜田純士、渋谷の路上で激白!

 28日に東京・新宿FACEで開催される格闘技...…
写真

ドラマレビュー

菜々緒が「クビ切りアンドロイド」に

 悪女キャラでブレークした菜々緒が、“人事の悪魔”と呼ばれる強烈な人事コンサルタント...…
写真



 >   > 「俺だってつらいんだ」に終始する男性の生きづらさ論
【wezzy】

「俺だってつらいんだ」に終始する男性の生きづらさ論/『介護する息子たち』著者・平山亮さんインタビュー【1】

 社会学者の平山亮さんは、去る2月に『介護する息子たち 男性性の死角とケアのジェンダー分析』(勁草書房)を上梓されました。その名のとおり「介護する息子」の研究をとおして、介護=ケアと、庇護される立場の男性性=息子性を分析する、男性によるあたらしいジェンダー論でした。

 近年、「男性の生きづらさ」を照射する日本の男性学が注目されています。その「男性の生きづらさ」の例として挙げられているのは、一家の稼ぎ手=稼得役割になることが求められる一方、「イクメン」が理想とされ、家事や育児も期待されるたいへんさです。しかし、そもそもいまだに男女が平等とは言えない状況で、その「生きづらさ」は本当に的を射ているのか? 今回は、平山さんに「男性の生きづらさ」論によってごまかされてはならない、構造的な問題についてお聞きします。

「男の生きづらさ」論のごまかし

――「イクメン」という言葉が一般的になってきました。そして、そのイクメンのたいへんさとして、仕事と家事・育児の両立が挙げられます。しかし平山さんは、本書で、介護だけでなく家事ひとつひとつの背景には、それらが活きるように「感覚的活動」によって調整された「お膳立て」の存在を明らかにしていますね。

平山 「感覚的活動」は、ケアがケアとして成り立つために必要な、目に見えない(=頭のなかで行われている)準備や調整のことです。例えば家事だと、家族の好みや普段のスケジュールを把握した上で、一日の家事がうまくまわるように作業工程を考えたり、必要なものを揃えておくことなどが、「感覚的活動」に含まれます。本人すら気づかないくらい無意識に行われていることも多くて、たいていの場合、妻や母親が担っています。夫や父親は、彼女たちが試行錯誤の末に編み出した作業工程にただ乗りして家事・育児をしながら、「カジメン」「イクメン」を気取っている場合もあります。

――そして、その感覚的活動を主に女性が担ってきたことが分析されています。

平山 私たちのようなジェンダー論者は、稼得役割と家庭内のケアの両立が困難な場合に、不利な状況に置かれやすいのは女性だということを問題にしてきました。まず、ケア役割からは女性の方が圧倒的に逃れにくい。母親が仕事に一所懸命だと「子どもをほったらかしにして」という非難はついてまわりますが、男性の場合、「イクメン」が理想化されている現在だからこそ、「仕事も育児も」な父親は、称賛されることはあっても世間の非難を浴びることはありません。また、社会全体で見たとき平均的に男性の方が賃金が高いのは事実ですから、「家族が生活を維持するためには男が働き続けられるように」と、女性がケアを一手に引き受けるのが「合理的」のようになる。

――確かに、自分が稼ぎ手になるより専業主婦になりたい、出産後に育休や職場復帰が困難であるため子育てに専念する、と言う女性の声は決して少なくないように感じます。

平山 でもケア役割の比重が大きくなれば、女性が自分一人で生きていくことは難しくなります。自分自身で稼ぐ機会が制限されるためです。つまり「仕事かケアか?」という二者択一にしたまま、社会がよってたかって女性に後者を選ぶように仕向ける。かつ、その結果、仕事をする自由と、働いて稼いで自活する機会を奪っていくことが問題なんです。

――「自由」とひとくちに言っても、自分自身が生きる稼ぎのために仕事をすることと、男性にありがちな、(自分ひとりはまかなえるうえで)「家族を養わなければいけない」というような仕事の必要性を訴える物言いは異なる、ということでしょうか。

平山 「男性だってどちらかしか選べないんだから不本意なのは同じじゃないか」というかもしれませんが、稼げる役割に駆り立てられる男性と、稼げる役割を奪われる女性を比べたら、結果的に自分一人で生きていくのが難しくなるのは明らかに後者です。両立の難しさにばかり焦点を当てる「生きづらさ」論は、両立が難しいことによって自活の機会にジェンダー不平等が生じていることにはほとんど触れない。だから、ジェンダー論としては不十分だと思います。

「聞く耳」を持たせる役割は男性にある

――『介護する息子たち』を読むと、「ごはんをあげる」という家事のタスクが成り立つための、「感覚的活動」「関係調整」といった、本人も気付きづらいお膳立ての重要性が見えてきます。たしかに、スーパーで買い物をするときって冷蔵庫の中身とか、数日先の献立を見越したりしますよね。一般的にはまだ「イクメン」は、買い物担当や掃除担当といった、タスク労働を妻の依頼でこなすだけという人も少なくないと思います。男性に「感覚的活動」について知ってもらうために、どうすればいいとお考えですか?

平山 「知ってもらうためにはどうすればいいか?」という時点で、男性は「勝って」います。「知ってもらう」ために言葉を尽くして伝えなければいけない立場に置かれるのは、女性だということになるからです。そして、男性は「言ってくれないからわからなかった」「言われてもわからない」「言い方が悪い」ということで、自分が「わからない」責任を女性に転嫁することができますから。男性の「わからない」は、自分が優位に立つための権力になっているんです。男性がそれを自覚しない限り、女性の不利な立場は変わらない。にもかかわらず、男性に自覚させる役割まで女性に求めるのは理不尽です。

――その一方で、マンガ『逃げるは恥だが役に立つ』(講談社)は、フィクションとして理想的にすぎるきらいもありますが、「理屈っぽくても対話をする」ということを提示しようとしたひとつの達成で、昨年のテレビドラマも大ヒットし、社会現象にまでなりました。この作品のように、恋愛関係にしろ結婚などパートナーシップにしろ、良好な関係づくりのために理屈っぽい話をしなければならないのかも、とも思います。

平山 本当の意味での交渉は、対等な立場になければそもそも不可能ではないでしょうか。「わからない」の切り札をもっている男性の「勝ち」は、最初から決まっているんですから。男性が「わかる」ように論理立てて伝える義務が女性にある一方で、それが論理的かどうかを判定する権利も男性が握っているのが今の男女関係です。初めから圧倒的不利な立場にあるのに、女性に男性と「もっと話し合って」というのは酷に思えます。

――わからないのをわからせるのは面倒、だったら自分でやった方がマシ、と女性側がなりがちなのもわかります……。

平山 女性が黙って自分でやってしまう方が「合理的」に見える仕組みができてしまっている、ということが問題ですよね。そして、この問題について「女性がもっと訴えていかなくちゃ」という方向にもっていくのも間違い。なぜなら、女性はもうこれまで散々言ってきたし、言わされてきたから。解決していないのは、男性がそれに応える気がまったくなかったからに過ぎません。男性に「聞く耳」を持たせ、変わるように仕向けるのは、私たち男性がやらなければいけないことです。

目の前の女性より「社会」を大事にする男性

――本書でも、まず身近な女性の生存が脅かされる状況に陥らないよう、男性から手を差し伸べることへの提案が書かれています。そのためには「稼得役割につく」「面倒を見ている」という状態が相手を従属させているということに男性が気づかないといけませんよね。じゃあ女性も働きに出られるように……と素朴に考えたんですが、『きょうだいリスク』(朝日新書)では、今の日本の制度の上では共働きの家庭は相対的貧困に陥りやすいと書かれています。こうした状況を見ていると、この矛盾をどう考えたらいいのか……。

平山 別の選択肢を思いついても、それを選びづらくなるようにできている、と。

――そうなんです。制度上の課題と、目の前の生活において生命の危機に陥りかねない構造もあって。

平山 制度的な矛盾は確かに私たちの一存では変えられませんよね。でも、「こういう制度は嫌だ」という意思表明は、しないよりはした方がずっといいです。現状で好都合なのは、そういう制度のもとで優位に立っている人たちです。優位な人の声は、優位だからこそ大きいのに対して、異を唱える声は、実際にそう思っている人の数より小さく聞こえます。そして、声が聞こえてこないから、余計に自分たちが「弱小勢力」に思えて、意を唱えにくくなる人がますます増えてしまう。だからこそ「嫌だ」という声があちこちから聞こえてくる意味は大きいです。

――制度上合理的に考えたら、女性が外に働きに出るより男性が、という話になるけれど、そこで一旦踏みとどまって、男性側が育児休暇を取るとか、そういう実践を重ねていく、なども手でしょうか。

平山 個人でできることもあるのでは、という話ですね。『「家族する」男性たち』(東京大学出版会)の著者の心理学者・大野祥子さんは、男性のたいへんさを何もかも制度のせいにする論調に違和感を覚え、男性が個人レベルで、自分の周辺の世界から変えていけることを探ろうと奮闘されています。本のなかで印象的だったのが、大野さんが指摘されている「相手(女性)の状態に対する柔軟な配慮と歩み寄り」です。先ほども言いましたが、男性は役割分担の交渉のなかで優位に立ちやすい。男性にとって両立が難しいのは確かですが、ケア役割から一抜けできる可能性も、一抜けすることで経済力を持てる可能性も、男性の方がずっと大きいんです。そういう立場は、男性が自分で望んだものではないかもしれないけれど、大事なことは、その優位を自覚した上で、逆に言えば、女性がどんなに不利な立場に置かれているかを配慮した上で、目の前の女性にどう向き合うか、ですよね。

――目の前の女性との結婚や同棲にためらう理由として、稼得役割を担って養える立場にならなければいけないのではないか? という考えにとらわれた男性の声はけっこう聞きます。しかし、先ほども話題にしたように、その時点で自分が相手を従属させる可能性を考えていないと言えそうですね。

平山 男性は「男性役割から降りたくても『社会』がそれを許してくれないんだ」と言うことがありますが、その「社会」は、目の前の女性が不利な立場に置かれるとしても、大事にしないといけないものなのでしょうか。翻って、「社会」に比べたらその程度にしか扱う気がない相手をパートナーにし続けたいなんて、女性からしたら、たまったもんじゃないでしょう。男性役割をこなすのにこんなに必死なのに女性にそっぽを向かれてしまう、と嘆く男性は、逆に、だからこそ不信の目で見られていることに気づかないと。

ケアを担う女性によって達成される男性の自立

――介護と同様に重要なケアが家事や育児といった「家の中のケア」ですよね。『週刊金曜日』(2017年6月9日号)の杉田俊介さんと精神科医の松本俊彦さんが対談されていて、育児について、「無為で無駄な時間」「社会的な生産性のない時間」と言えてしまってるんですね。稼得が社会的な生産性という認識が共有されているように見え、驚きましたが、これはずっとフェミニズムが指摘してきたことですよね。

平山 その通りです。私が尊敬している岡野八代さんが『フェミニズムの政治学』(みすず書房)のなかで述べられていますが、女性が行ってきたケアは、赤ちゃんのように、自分の手がかからないと死んでしまう、生存できない存在に呼びかけられ、引き寄せられるように行われているものだと。そういう弱い存在をほうっておけない思いがある一方で、それとは別に、ケア役割を離れて「自分自身がしたいこと」も確かにあって、そこで引き裂かれる思いは女性の場合にももちろんあるでしょう。しかし、その「自分自身がしたいこと」を「そちらの方が生産性があるから」というふうにばかり女性が語るのかは疑問です。

――子どもとしか過ごす時間がない、友達に会えない、趣味を楽しめないといった意味で、自分の時間がないという母親のぼやきは聞きます。「男性性」というものは「自立」と「自律」を志向している、と平山さんが『介護する息子たち』で分析されていました。その分析をとおして考えると、家事、育児を「社会的生産性がない」と言えてしまうのかもしれません。外に出て働かないと意味がない、と。しかし、近代以降はその家庭内のケアを女性がほとんど担ってきたわけですよね。

平山 女性にケアを任せ、家庭でそのケアにどっぷり依存して生きながら、そういう依存は、男性にとって「自立」を脅かすものではなかった。「自立」した男性の基準は、しっかり働きに出ていることであり、その「しっかり働く」は、自分や家族へのケアを自分以外の人に任せることが前提となっています。そういう意味では、男性にとっての誇るべき「自立」の達成とは、ケアを押し付けることのできる特定の女性がいることだと言えるでしょう。私がインタビューした息子介護者の中に、象徴的な例がありました。彼は既婚者で、親と同居しているのですが、妻に「あなたたち親子の面倒を看る気はありません」と断言され、そのため自分が親の介護をせざるをえなくなりました。後から気づいたのですが、彼は自分に妻がいることを医師や看護師には黙っていた。要するに独身を装っていたんです。妻に反旗を翻されて、同居の親の介護どころか自分の世話もしてもらえないということ、身近に女性がいながら自分でケアをせざるをえないことが、男性にとっていかに恥ずかしいことなのかがよくわかります。

――以前ある男性が、育児をするために育休を取ったら周囲の男性から「尻に敷かれてるね」と言われた、というような話をされていました。

平山 ケアを押し付けられる女性がいて一人前、と信じているからこその揶揄ですよね。ただ、男性のケアのなかでも、妻に対する介護は少し違います。外国の研究でわかっていることなのですが、亭主関白な男性ほど、妻を介護する役割にうまく適応できる。なぜなら、介護を通して自分の妻を徹底的に自分の庇護のもとに置けるという意味では、今までと一貫して支配者の地位にいられるからなんです。でも、親や子どもに対するケアだと「妻にやらせること」が自分の支配を示すことになる。男性がケア役割を担う意味は「誰相手か?」で変わるんです。

――それは興味深い話ですね。こうした評価を吹っ切って、主体的にケアの現場に立てる男性が増えないと、どうにもなりませんよね。

男同士の傷の舐め合いを理解してあげる必要はない

平山 さっき「男性が変わりたくても『社会』がゆるしてくれない」という話をしましたが、私たちがふだん気にする「社会」とは、実のところ、自分の周りの人たちのことです。メディアなどで流れている情報を自分の周りの人と話し、肯定あるいは否定しあうことで、現実感をもって受け入れていくのです。ここでいう周りの人は、必ずしも顔の見える関係だけではなく、例えば自分が属するオンライン・コミュニティの、直接は会ったこともない「仲間」の場合もあるかもしれません。

――少し話は変わりますが、「社会から除外されている気がする」と感じるのは、周囲に理解されている、受け入れられているという感触がないときかもしれません。

平山 社会の影響は、周りの人を介して自分のもとに届くものだし、逆に、社会の影響を緩和してくれるのも周りの人です。自分が社会の「ふつう」とは外れる価値に従って生きていたとしても、その価値に賛同し合える相手、その価値を受け容れてくれる相手とつながっていれば、「ふつう」から外れることで感じる居心地の悪さは減るでしょう。

――先ほどの育児休暇をとった男性が仮に、会社で肩身がせまいから妻に育児をお願いしたい、と既存の男女役割に基づいたジェンダー観でケア役割を放棄するとしたら、そのとき犠牲になるのは、妻の、職場やキャリアといった社会でのいどころだったり、自分で自分の食い扶持をまかなう自由、ですよね。

平山 私は、子どものときから「男子サークル」に馴染めず、その意味では「ふつう」から外れて生きてきました。だから、外れた自分を認めてくれる相手を探し、そういう相手とつながりをもてるよう必死でしたし、今でも必死です。そういう私にとって不可解なのは、「男だってつらいんだよ」と口では言う一方で、「ふつう」から外れることを可能にする社会関係をつくる努力は特にする気がないように見える男性の姿です。「俺たち、変わりたくても変われないよね」「そうそう、つらいよね」と「生きづらさ」を確認しあうだけならば、結局のところ、変わる気なんてほとんどないこと、それゆえに現状維持に加担していることを免罪しあっているに過ぎません。その上、現状を変えられない(その実、変える気もない)ことに折り合いをつけるための方法が、パートナーである女性に対して「俺だって大変なんだ」「わかってくれ」と「理解を求める」ことならば、ジェンダー関係は絶望的なまでに変わりません。

――男性学が注目され、女性側から、その「生きづらさ」に理解を示す反応もあります。

平山 ケア役割を押し付けられながら、配慮や気遣いと結びついた「あるべき女性像」のもと、女性はそういう男性のあり方に「理解」を示すことを求められてきました。そして、そういう女性の「理解」に乗っかることで、冒頭で述べたような不平等は維持されてきたわけです。要するに、男性にとって「変わる」ことは、いつまでも二の次にしておける問題、解かなくても別に困らない問題だと思っていることが、あからさまなのです。ひるがえって、女性にとってジェンダーの「ふつう」と格闘することは、文字通りの死活問題です。「家庭こそが女性の居場所」という「ふつう」のもとでは、女性は自分の就労機会を奪われながら、稼得能力を伸ばす男性のために無償のケアを提供することになります。そして、もし男性の庇護から出て生活を試みれば、直ちに貧困の危機に直面する。それでは個人としてとても生きていけません。そして、このような困難が男性の変わらなさに由来しているというのに、それでも女性が男性の訴える「変われないつらさ」を理解し続けてあげなければいけない理由は、どこにあるのでしょうか。
(取材・構成/鈴木みのり)


こんな記事も読まれています

[ 関連リンク ]

「俺だってつらいんだ」に終始する男性の生きづらさ論/『介護する息子たち』著者・平山亮さんインタビュー【1】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

コンフィデンスマンJP

フジテレビ/月曜21:00~

詐欺師・長澤まさみに騙されちゃう!?

コンフィデンスマンJP

シグナル

フジテレビ/火曜21:00~

韓国発“傑作”サスペンスをリメイク!

シグナル

正義のセ

日本テレビ/水曜22:00~

吉高由里子が新米検事役に挑む!

正義のセ

モンテ・クリスト伯

フジテレビ/木曜22:00~

『岩窟王』をD・フジオカはどう演じる?

モンテ・クリスト伯

あなたには帰る家がある

TBS/金曜22:00~

中谷美紀&玉木宏が描く夫婦の姿

あなたには帰る家がある

孤独のグルメSeason7

テレビ東京/金曜24:12~

あの井之頭五郎が帰ってきた!

孤独のグルメSeason7

宮本から君へ

テレビ東京/金曜24:52~

“激熱リーマンマンガ”待望のドラマ化!

宮本から君へ

Missデビル

日本テレビ/土曜22:00~

菜々緒が「人事の悪魔」に!

Missデビル

悩殺グラビアすべて見る

温泉ロケで人気の秦瑞穂、2年半ぶりの新作はまるで“峰不二子”!? セクシーな入浴シーンも
あのCMに出演中のモデル・松尾ケイリンがグラビアデビュー! セクシーシーンは「キャラじゃなくて恥ずかしかった」
「衣装も水着もポーズもかなり攻めてる」Gカップグラドル北内みさと、新作はOバックで美尻丸見え
白田まや、改名後初のDVDは清純系にイメチェン! ハイレグ水着は「過去最大に過激」!?
小悪魔系グラドル・夏目みきが極小ビキニで1st DVDをPR! 変形水着は「自分でもエロい」