トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

人気連載

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

22年間で運転した期間はわずか250日……総コスト1兆2,000億円「もんじゅ」廃炉の責任は誰が取る?
写真

オススメ情報

次世代のスターはここから生まれる!? 動画サービス3選

AKBもいるショールーム、エロ特化のFC2・・・ここの出演者から未来のスターが!?
写真

イチオシ企画

坂口杏里、借金まみれでAV転落か

バイきんぐ・小峠の元カノでおなじみの坂口がAVデビュー!その裏に、いったい何が――?
写真



コラムの記事一覧

中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

G20で「風俗合法化」を公言!? “裸の王様”習近平に、国内外で失笑の嵐

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 9月4日から5日にかけて、中国・杭州市でG20(金融世界経済に関する首脳会合)が開催されました。今回の会議では習近平国家主席が議長役を...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

中国「G20」パニック! 過剰な検問とインフラ断絶で、杭州市民は軟禁状態!?

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 9月4日、僕の生まれ故郷である中国浙江省・杭州市でG20(20カ国・地域首脳会議)が開催されます。G20は世界各国の首脳陣が集結する重...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.13

泌尿器科医がプロデュースする、香ばしい秘宝館「世界性風物館」

 バンコクはシリラート病院内にある「死体博物館」、そしてこの連載にも登場した精神病院の敷地内にある「大顔岩彫刻公園」の例を挙げるまでもなく、病院内の珍スポには有無を言わさぬ説得力が...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

アスリートは“国家の道具”にすぎない? リオ五輪における、中国のプロパガンダ活動

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 8月5日(日本時間6日)、ブラジル・リオデジャネイロ五輪が開幕しました。現地では連日、世界中のアスリートたちが熱戦を繰り広げていますが...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

中国・河北省大洪水は人災だった? 政府の言論統制強化の裏で見殺しにされる人民たち

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 7月26日、中国政府は、国内のインターネットサイトの表現に関する基準を変更することを発表しました。その結果、100件以上の機関サイトが...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

「お前のモノは俺のモノ?」南シナ海問題で中国の“ジャイアニズム”が止まらない!

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 7月12日、南シナ海の領有権を訴える中国に対し、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は中国の主張は認められないという判決を下しました。しかし、...
続きを読む
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

北朝鮮の『聖闘士星矢』ヲタに会ってきた!(後編)

 こんにちは。前回に引き続き、北朝鮮の聖闘士星矢ヲタとの対談です。日頃より、『聖闘士星矢』ファンであることを公言している私。拙書『実録・北の三叉路』(双葉社)のあとがきでも書いた通...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

参院選前に考えたい、中国の“民主化弾圧”と英EU離脱に見る「選挙制度」の表裏

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 6月17日、中国広東省にある「烏坎村」の林祖恋村長が地元の治安当局に拘束されました。この事態を受け、村民たちは連日抗議デモを繰り広げて...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.12

国連事務総長のおとぼけ人形がずらり「潘基文本家」

 国連事務総長の名を冠した「潘基文(パン・ギムン)平和ランド」を訪れ、脳もいい感じにフニャフニャになった私が、次に向かった先は隣町の忠州(チュンジュ)市。観光気分で昔ながらの市場、...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.11

腰が抜けるほどピースフル「潘基文平和ランド」

 前回、3,000体もの石像を有する狂気の私設公園「大岩顔彫刻公園」取材のために訪れた、韓国の中ほどに位置する陰城(ウムソン)郡。現地でもらった日本語の観光パンフを眺めていたところ...
続きを読む
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

北朝鮮の『聖闘士星矢』ヲタに会ってきた!(前編)

 みなさん、こんにちは。だいぶご無沙汰してしまいました。 日頃より、『聖闘士星矢』ファンであることを公言している私。拙書『実録・北の三叉路』(双葉社)のあとがきでも書いた通り、...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

「欧米メディアの圧力に屈するな!」中国人漫画家が日本の難民政策を支持するワケ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 6月12日、アメリカ・フロリダ州オーランドのナイトクラブ内で男が突如銃を乱射し、死者49名、負傷者53名の大惨事を引き起こしました。射...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

環境汚染、食品不正、言論弾圧……“中国化”した香港の10年後はこうなる? 風刺映画『十年』が大ヒットのワケ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 先日、『十年』という香港アカデミー賞最優秀作品に輝いた映画を鑑賞する機会をいただきました。この映画は、「中国共産党の影響が強まった20...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.10

なぜいま? ゴージャス&トホホな「江南スタイル像」

 2012年に世界的なヒットとなった「江南(カンナム)スタイル」。PSYの珍妙な乗馬ダンスは、キムチやヨン様と並ぶ、「これぞ韓国」的な説明不要の存在といえよう。 こちら韓国でも...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

「敵にトドメを刺さないのはなぜ?」中国人が違和感を覚える、日本アニメのヒーロー像

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 以前より、中国国内では日本の漫画やアニメ作品が人気を博しており、いわゆる「オタク」や「コスプレイヤー」は大勢存在します。しかし、彼らの...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.9

エロチックアートあふれる「ぺミクミ彫刻公園」で、思わず健康になる

 前回に続き、今回も魔界・仁川(インチョン)に潜む物件である。場所は、仁川国際空港のすぐそばにある小さな島、茅島(モド)。この島の海岸に、エロチックな像が立ち並ぶ公園「ペミクミ彫刻...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

大手メディアのオスプレイ批判は的外れ? 災害救助に適したスペックは評価すべき!

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 4月18日、熊本県を中心とする一連の地震災害を受け、在日米海兵隊は救援物資輸送用として垂直離着陸輸送機MV22「オスプレイ」を派遣しま...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

左派・リベラル層の政権批判に利用されてるだけ? 「保育園不足・待機児童問題」の違和感とは

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 4月12日、千葉県市川市内で開園予定だった私立保育園が、園児の声が騒音になるという近隣住民の苦情を受け、開園を取りやめになっていたこと...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

中国に敵意むき出しなのに、一体なぜ? 米・トランプ大統領候補が中国人に支持されるワケ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 2016年に開催されているアメリカ大統領共和党予備選挙において、実業家のドナルド・トランプ氏が各州で高い支持を獲得し、当初の予想に反し...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.8

オーナーは韓国の草間彌生?  30万個の瓶のフタが視界を埋め尽くす、カフェ「ポヤ」

 ソウルに隣接する港町であり、韓国ネットユーザーには「魔界」と称されるディープタウン・仁川(インチョン)。日本統治時代の建物が残る商店街を歩いていると、思わず二度見してしまう、ド派...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

国連の女性差別撤廃要求は、単なる“反日運動”!?「日本の漫画を読んでみれば……」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 3月7日、国際連合女性差別撤廃委員会(以下、委員会)は、韓国の従軍慰安婦に対する日本側の対応を不十分とし、昨年末の日韓合意についても「...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

炭鉱の町に小エロを投入「鉄岩炭鉱歴史村」

 ディープスポット愛好者にとって、はずせないのが炭鉱だ。こちら韓国にも、かつて炭鉱町として栄えたものの、いまや衰退してしまった町がいくつかあり、当時の様子を人形で再現した博物館や、...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

ネット上で大炎上! 中国人漫画家「『同性愛は異常』は正論」発言の真意とは

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 昨年11月29日、神奈川県海老名市会議員の鶴指眞澄氏が、Twitter上に同性愛者を「異常人間」と見なす書き込みを行いました。この発言...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」最終回

ちょんの間からニュー風俗へ──移り変わるソウル風俗の未来「ヨンジュコル」

 ポシンタン(犬ナベ)で精をつけたのに、ルームサロンではお持ち帰りもできず(経費が!)、記者のパンツの中はモヤモヤ状態。たぶん、同じ状況のピョ氏は残念ながらここで時間切れとなり家路...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

中国人は大絶賛? 甘利前大臣辞任問題に見る、日本の政治の潔癖性「まったく恐ろしい国家だ……」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。先月、『中国人が見た ここが変だよ日本人』(青林堂)という書籍を出版しましたが、今回のコラムでも、中国人の目から見た日本の違和感について書き...
続きを読む
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

いい年した未婚女が北朝鮮に行くと、こうなる

 こんにちは。今回は結婚の話です。 日本では30年前と比べ、生涯未婚率が上昇しているとのことで、私も例に漏れず、未婚クラスタの一員でございます。 編集・ライターという不安定...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

少しでもかじれば特技? “メンツ第一主義”中国人の「張り子の虎」体質

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 1月2日、中国国防部は2隻目の航空母艦を製造し、年内に進水式を行うと発表しました。このニュースを聞いて、「ついに中国が完全なる国産空母...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.16

進化系『ルームサロン』は現代版“キーセンパーティー”だった!

 滋養強壮に効くポシンタン(イヌ鍋)を食べたせいか、ピョ氏、チョ氏の3人で夜の街を歩いていると、なんか胸がドキドキワクワクして落ち着かない。ソウル弾丸風俗ツアーも最終日にきて、やっ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

火がついたタバコに生ゴミ、排泄物まで……!? “自己中”中国人の困った「ポイ捨て癖」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 2015年12月20日、広東省深セン市の工業団地内にある残土処理場で、大規模な土砂崩れが発生しました。大量の土砂は多くの民家や工場棟を...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

山奥の村はサンタだらけ? 韓国「サンタ村」で、田舎ならではの人情に触れる

 韓国の山奥にサンタ村が登場、といううわさを聞いて早速出かけてみた。しかしサンタって、北欧にいるんじゃなかったの? 北欧と韓国のコラボレーションとは、これいかに。 サンタ村のあ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

日本のインド支援に、中国が“負け惜しみ”の偏向報道「共謀して核攻撃するつもりか!?」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 12月12日に行われた日印首脳会談において、インド政府は自国の高速鉄道と原子力発電所の開発に対し、日本側の技術提供を受けることを決定し...
続きを読む
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

衝撃! 高麗ホテルでショートケーキを注文したら……

今でこそ、北朝鮮都市部のレストランでは先進国に劣らないレベルの食事ができるようになりましたが、10年以上前はメニュー上の品ぞろえと実情は大きく異なっていました。 2001年ごろ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

“妖怪モノの本場”は建国と共に消滅!? 中国で『ゲゲゲの鬼太郎』の知名度が低いワケ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 11月30日、妖怪漫画の大家・水木しげる先生が、多臓器不全のため永眠されました。この訃報は大々的に報道され、多方面からお悔やみの言葉が...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

小日本には負けられぬ! 中国“自称”国産旅客機お披露目も、国民は「絶対に乗りたくない……」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 11日、日本では国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が初飛行に成功し、話題となりましたね。中国でもこのニュ...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.15

旅館街が風俗街に? 都心に潜む、ちょんの間旅館「ヨガンバリ」

「ああ、とうとうヤッテしまった」 地下鉄でソウル中心部に戻る途中、軽い自己嫌悪に陥る根っからイヌ派の筆者。ポシンタンを食べたことで、以前飼っていたミニチュアダックスの愛犬「カブ...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

広大な敷地に石像、石像、石像で3,000体! 増殖を続ける「大岩顔彫刻公園」

 3,000体を超える偉人の石像が立っている、とは事前に知っていたが、その数字がどれだけ尋常でないのか、実際に訪れるまではこれっぽっちも理解していなかった。 鄭根喜氏による個人...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.14

韓国文化の闇……犬市場と魚市場の違いってなんだ?「モラン市場」

 真っ暗な中、手探りでハシゴを降りると足が痛い。筋肉もそうだが、右の足裏に水ぶくれができていて、そこが一番痛い。本日がソウル取材最終日なので、なんとかあと1日もってくれればいいのだ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

ユネスコ記憶遺産登録も、捏造と誇張で塗り固められた「南京大虐殺」の真実

 こんにちは。中国人漫画家の孫向文です。 2015年10月10日、ユネスコは、旧日本軍が中国の南京市において一般人を大量に虐殺したとされる、いわゆる「南京大虐殺」に関する資料...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

似ているのか似ていないのか――7年ぶり2度目の「ヨン様岩」拝観

 渋谷のスクランブルで、あるいは砂漠の真ん中で、偶然ヨン様に出会ったら、韓流ドラマに詳しくない人でも即座に彼とわかるのではないか。 元祖韓流スターとしてあまりに有名すぎる、「ヨ...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.13

ビールにおつまみ、花電車宴会付きのちょんの間「ミアリ」に上がってきた!

 ある程度予想していたとはいえ、オーパルのガッカリ感はそれ以上だった。そこにいくと、これから向かおうとしているその街は、元々がビジュアルよりも“芸”の街。期待は大きくない分、ガッカ...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

「日本の自虐史観が中国を図に乗らせた」漫画家・孫向文が語る、日本に集団的自衛権が必要なワケ

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 現在、盛んに議論されている安保法案や、集団的自衛権の問題ですが、僕は、安保反対派の陣営の主張には違和感を覚えざるを得ません。アジアの平...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.12

新時代に突入した「オーパルパル」その路地はまるでSF映画のよう……

 案内してくれたピョ氏と別れ、タクシーの運ちゃんに伝えた場所は、「清凉里駅(チョンニャンニヨク)」。目指すはもちろん、オーパルパル。ここ3年ほどソウルに来てなかったので、どうなって...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

抗日戦争勝利70周年を前に国内大混乱中! 大規模“反日”デモも準備着々……

「抗日戦争勝利70年」を祝う閲兵式が9月3日に行われますが、それに向けて、中国国内は慌ただしくなっています。 中国の入学式は日本と違って9月初旬からなのですが、BBCの報道によ...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

かわいさあまって、生々しさ100倍?「錦江渡り鳥眺望台」

 韓国は「ゆるキャラ」ではなく「マジキャラ」の国、というのは私の持論だが、今回のスポットも、プロデュースする側は相当に本気である。 日本統治時代の家屋が保存され、観光客を集め...
続きを読む
根なし草ライター・安宿緑の「平壌でムーンウォーク」

無慈悲な料理本『有名な平壌料理』のメニューを作ってみた【緑豆ムクの冷菜】編

 こんにちは。ご無沙汰しております。残暑の候、いかがお過ごしでしょうか? 今回は久々に、毎度シロウトに無慈悲な要求をすることでおなじみの北朝鮮の料理本『有名な平壌料理』からの一...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

中国政府の「安倍談話」批判はヤラセ!? 9.3抗日戦争勝利70周年を前に揺れる屋台骨

 先日の安倍首相の戦後70周年談話は、中国でも大きく報道され、ネット上では「不誠実」「反省していない」という声が多く上がりました。「子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりま...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.11

アノ芸能人有名人もお持ち帰りした!! 日本人御用達「連れ出しカラオケサロン」

 ソウルナンバー1イケてる街・梨泰院(イテウォン)で、立ちんぼ美女の代わりに見つけたのは、まだ知られていないちょんの間だった! その喜びもつかの間、ブッサイクなオバちゃんばかりで撃...
続きを読む
中国“ヤバい”漫画家・孫向文の「チャイナめった斬り」

漫画家・孫向文が大放言「反米感情高まる中国相手に、憲法9条は役に立たない!」

日本では安保法案をめぐり賛否両論が渦巻いていますが、昨今の中国の動きを見れば、この法案の衆院通過は正しかったと思えてきます。僕は日々、中国の報道を見ていますが、日本人が想像している...
続きを読む
【韓国って、今どうなってるの!?】行って見て味わった「ソウル弾丸ツアー」vol.10

クラブにライブハウス、オカマバーにちょんの間も!? ソウル版六本木「梨泰院(イテウォン)」の夜

 全然セクシーじゃない“セクシー・バー”にガックリ肩を落とし、次に向かったのは、ソウルの六本木「梨泰院(イテウォン)」だ。ここは、筆者たっての要望だが、その理由は、「最近の梨泰院は...
続きを読む
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」

田園にたたずむ、スーパーリアル建築「進撃の公民館」

 『人喰猪、公民館襲撃す!』という名の、素朴すぎる韓国怪獣映画がそっち系マニアの間で話題になったことがあるが、こちらは進撃するのが公民館だそうである。 何を言っているのかわから...
続きを読む
ページ上部へ戻る
12

悩殺グラビアすべて見る

Hカップグラドル葉月あやが、びしょびしょに濡れて!?「お風呂で……」
新人グラドル森田ワカナ、ベッドの上で!?「まったく逆の私が……」
美尻グラドル小阪貴恵が、生まれて初めての“アレ”を!?「目隠しつきで……」
グラドル大貫彩香「一番セクシーで、エロイ」!? びちょ濡れで“アレ”が……
“ミラクルボディ”Fカップグラドル和地つかさが、手錠プレイ!?「プライベートでは……」
グラドル小柳歩が“アレ”を舐め尽くす!?「無理やりやらされて……」
Hカップグラドル鈴木ふみ奈、胸も尻もポロリか!?「サイズが全然合っていなくて……」
Fカップグラドル佐山彩香が、ナースコスプレで“アレ”が丸見えに!?「乳下が……」
「本当はダメ……」Fカップグラドル藤田恵名が露出ギリギリで!?
グラビアアイドル宮脇麻那が“Tバック”で誘惑!「かわいく甘えて……」
Eカップグラドル小島みゆ、女豹のコスで“ベッドシーン”で激しく……!?「セクシーにできたと思います!」
Iカップグラドル菜乃花が、ひたすら踊りまくる!? ポロリは「するよね~という感じです(笑)」
グラビアアイドル橋本梨菜のGカップが“はちきれる”!?「少しでも動くと……」

CYZOトークすべて見る

TBS 藤井健太郎
TBSバラエティ好調の立役者に訊く「サンプリング世代のテレビの作り方」

コラムの記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。