“妊活”保田圭がSNSのコメント欄を閉鎖、書き込まれた耐えがたい内容とは?

妊活保田圭がSNSのコメント欄を閉鎖、書き込まれた耐えがたい内容とは?の画像1
保田圭オフィシャルブログより

「とても悲しくなってしまうようなコメントを下さる方々がいらっしゃるので…残念だけど、コメント欄を無くさせていただきました」

 3月8日、元モーニング娘。の保田圭がインスタグラムのコメント欄を閉鎖すると突如発表し、ネット上をざわつかせている。保田は翌9日のブログでも「妊活とストレス」と題し、インスタを閉鎖した理由について「妊活について 人が何気なく言った言葉で 実はすごく傷ついていたり…笑い飛ばせることと そうでないことがある」などとコメント。かなりナーバスになっている様子がうかがえる。

 保田といえば、2013年5月にイタリア料理研究家の小崎陽一さんと結婚。モー娘。時代には“非モテキャラ”としてイジられることもしばしばだったが、イケメンを射止めたことで話題を呼んだ。

「結婚から約1年半後には、ブログで妊活の様子をたびたび公開。基礎体温の測定やサプリメントの摂取を始めたこと、栄養バランスのとれた食事を意識したり、ホットヨガに通い始めたことなど、妊活を意識した生活を報告していました。“子宝ジンクス”があるとウワサの『コウノトリキティ』をゲットした話や、『小崎家にもいつか赤ちゃんが来てくれるといいなぁ』とのつぶやきには、100件以上の応援コメントが寄せられていました」(女性誌編集者)

 保田は「昨日帰宅してから 主人の前でビービー泣いて モヤモヤを吐き出した」ともつづっているが、気になるのは、その内容だ。女子誌ライターが明かす。

「おなかが出ているように見えたのを嫌みで『おめでたですか?』とコメントしていた人がいました。そのほかにも、アップされたパスタの写真に対して、『妊活中は糖質取り過ぎたらよくないんだよ』『妊活しててそんなこともわからないんですか?』と冷笑する人や、モー娘。OGたちのおめでたを引き合いに出す人たちも見受けられました。そうした心ないコメントがボディブローのように効いて、保田もストレスを感じてしまったのでは?」

“これをすれば絶対”という方法が存在しない不妊治療は“出口の見えないトンネル”にも例えられるほど、孤独でツラいといわれる。

「マイペース妊活」を掲げてきた保田だが、いつ終わりが来るとも知れないその道のりに疲弊しているのは想像に難くない。しかし、保田のSNSに勇気付けられていた同じ境遇の人たちは、今回の閉鎖措置を残念がっていることだろう。

あなたにおすすめ

人気記事ランキング

人気キーワード

関連リンク

close