トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

facebook
twitter

人気連載

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

夏目三久「妊娠報道」は“芸能界のドン”の一言がきっかけだった? 大騒動のお粗末すぎる顛末
写真

オススメ情報

「官能的絵画」を殺したのは誰? 春画、1世紀半の不幸なる近代史

現在ブームの春画は、これまで愚劣低俗なものと弾圧されてきた。そんな春画の近代史をたどる!
写真

イチオシ企画

成宮寛貴「コカイン吸引疑惑」の余波

「フライデー」がぶっ込んだ大スクープ! 本人は真っ向否定も、果たして真相は……
写真



出版

ベッキー“ヌード広告”で話題の宝島社に異変! 人材大量流出の怪……

ベッキー“ヌード広告”で話題の宝島社に異変! 人材大量流出の怪……
「やはりあの広告に関しては賛否両論ありましたが、会社としては概ねよかったんじゃないかと。なんなら、どこかの雑誌で彼女を専属モデルとして起用してもいいんじゃないかという声もありました...
続きを読む

都知事選・小池百合子候補に出版界から不安の声「不健全図書の審議が……」

都知事選・小池百合子候補に出版界から不安の声「不健全図書の審議が……」
 東京都知事選のさなか、サプライズで出馬表明した自民党衆院議員の小池百合子元防衛相を複雑な思いで見つめるのがグラビア誌の編集者で、「できれば女性議員には当選してほしくはない」と言っ...
続きを読む

100人以上いた社員も半分に……あの“サブカルチャー系”出版社も、いよいよピンチ!

100人以上いた社員も半分に……あの“サブカルチャー系”出版社も、いよいよピンチ!
「まったく企画を出しても編集部の反応がないと思ったら、そういうことだったのか……」 フリー編集者が肩を落としたのは、サブカルチャー系出版社がいよいよ危ないという話が聞こえてきた...
続きを読む

シャレにならない“出版不況” ファッション誌筆頭に、雑誌ドン底の「理由」が多すぎて悲しい……

シャレにならない“出版不況” ファッション誌筆頭に、雑誌ドン底の「理由」が多すぎて悲しい……
 ネット全盛のおかげで「出版不況、出版不況」とささやかれる昨今ではあるが、多くの人にはその実感がないかもしれない。「最近、雑誌読まないなあ」と思う程度ではないだろうか。確かに、いま...
続きを読む

乃木坂46・齋藤飛鳥、移籍の裏にあった“大人の事情”「所属レコード会社に縁故入社で……」

乃木坂46・齋藤飛鳥、移籍の裏にあった“大人の事情”「所属レコード会社に縁故入社で……」
 専属モデルを務めていた雑誌「CUTiE」(宝島社)の休刊に伴い、他誌への移籍がウワサされていた乃木坂46の齋藤飛鳥。乃木坂で2曲連続の選抜入りという活躍に加え、8頭身という見事な...
続きを読む

「被害者遺族が訴訟を起こせば……」『絶歌』出版の“酒鬼薔薇聖斗”現在の住所・名前が暴かれる日

「被害者遺族が訴訟を起こせば……」『絶歌』出版の“酒鬼薔薇聖斗”現在の住所・名前が暴かれる日
「酒鬼薔薇聖斗」の“現在”が公にさらされるかもしれない。「出版差し止めは難しくても、被害者の遺族がこの本の内容に対し損害賠償を求める訴訟を起こせば、結果的に被告の名前や住所が公...
続きを読む

AKB48のファッション誌進出に「触覚みたいな髪の女から学びたくない」

AKB48のファッション誌進出に「触覚みたいな髪の女から学びたくない」
 グラビア誌をAKB48や乃木坂46などのアイドル勢がジャックするようになり、グラビアアイドルの仕事が激減して久しいが、今度はその流れが女性ファッション誌にも起きている。 篠田...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

“最強横綱”白鵬のモンゴル出身愛人報道が「突然の引退」につながる可能性も?

“最強横綱”白鵬のモンゴル出身愛人報道が「突然の引退」につながる可能性も?
 フライデーに国民的アイドルグループで「グラビアプリンセス」に輝いた21歳の女の子の「衝撃の『神』ヘアヌード」が袋とじになっている。 国民的アイドルというと、私はAKB48しか...
続きを読む

東北人のほうが感じやすい!? 3000人アンケートで判明「SEX県民性」とは

東北人のほうが感じやすい!? 3000人アンケートで判明「SEX県民性」とは
 さて、今週は現代とポストのセクシー対決はなし。なぜならポストは「SEX県民性」が、現代とフライデーはヌードグラビアがランクインしたからである。 だがこれは、あまり喜べたもので...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

貴乃花親方後援会パーティーで、怪しい水を宣伝!?「今度はマルチ商法か」 

貴乃花親方後援会パーティーで、怪しい水を宣伝!?「今度はマルチ商法か」 
  ポストは「笛木優子 魅惑のランジェリー」セクシーと「物理のセンセイ」のヌード。この2本はどうということはないが、前半のグラビア「おっぱいがいっぱい」の冒頭写真には、ドキッとさせ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

上西小百合議員だけじゃない! セクハラ、パワハラ、モラハラ……維新の会は「不祥事のデパート」だった!?

上西小百合議員だけじゃない! セクハラ、パワハラ、モラハラ……維新の会は「不祥事のデパート」だった!?
 少し前に、現代もポストも「死ぬまでSEX」という特集をやめたと書いたが、ポストはしつこく(失礼)やっていた。 今週の現代のグラビアは、「女優が見せた官能エロス」と、ボクシング...
続きを読む

“浪速のエリカ様”上西小百合氏、議員辞職なら「禊ぎヌード」依頼殺到か

“浪速のエリカ様”上西小百合氏、議員辞職なら「禊ぎヌード」依頼殺到か
 2015年度予算案採決に関わる衆院本会議を体調不良で“ズル休み”した疑惑が浮上している、維新の党所属で“浪速のエリカ様”こと、上西小百合衆院議員(31)。4日には、地域政党・大阪...
続きを読む

週刊誌スクープ大賞

パイロットが悲鳴!「給料は大手の7~8割なのに、フライト数は倍」LCCはブラック企業化してる!? 

パイロットが悲鳴!「給料は大手の7~8割なのに、フライト数は倍」LCCはブラック企業化してる!? 
 今週は、現代が袋とじ「女優たちのスクープ・ヌード傑作選」と「由美かおる ベストセレクション」。ポストは、袋とじ「祥子の事」と林檎ヌードの「麻田奈美 23歳の温泉宿」。どちらもマン...
続きを読む

社の不始末を一社員に押し付け!? パワハラ裁判で発覚した損保会社の深い闇

社の不始末を一社員に押し付け!? パワハラ裁判で発覚した損保会社の深い闇
 今週はポストの「すべてを魅せた物理のセンセイ」の勝ち。「心残りは、生徒たちにきちんと“さようなら”を言えなかったこと。こんなことになるなんて本当に悔しい」 こう語っている...
続きを読む

豪華絢爛な「日本ミステリー文学大賞」授賞式会場で“客引き”外国人ホステス多数目撃

豪華絢爛な「日本ミステリー文学大賞」授賞式会場で“客引き”外国人ホステス多数目撃
 今月18日、光文社の光文文化財団主催の「日本ミステリー文学大賞」が東京・日比谷の帝国ホテルで開催された。こういう場では、ホステス風に見える華やかな美女の出席者たちはつきものだが、...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

AKB48風の衣装で、茶髪を振り乱し……? 更迭された「中国大使候補」男性(54)の人物像とは

AKB48風の衣装で、茶髪を振り乱し……? 更迭された「中国大使候補」男性(54)の人物像とは
 今週のセクシーグラビアは現代が「小嶋陽菜」、昔の“林檎ヌード”で有名な「麻田奈美 野外ヌード」、袋とじが元東スポ記者・渋谷果歩の「プロ野球選手が愛した『Jカップ』」。ポストはお天...
続きを読む

AKB48「ヤンマガ」買い占め騒動 講談社が使った“禁じ手”愛読者切り捨ての余波

AKB48「ヤンマガ」買い占め騒動 講談社が使った“禁じ手”愛読者切り捨ての余波
 講談社のコミック誌「週刊ヤングマガジン」(以下「ヤンマガ」)をめぐって、出版界に波紋が広がっている。 「ヤンマガ」は現在、『2015ヤンマガ専属!AKB48グループグラビアモ...
続きを読む

在庫もゼロ! 「週刊新潮」完売がもたらした、未成年の実名報道の意義とは――

在庫もゼロ! 「週刊新潮」完売がもたらした、未成年の実名報道の意義とは――
 「ずいぶん久しぶりの完売だったようですね」 そう語るのは週刊誌記者だ。3月5日発売の「週刊新潮」(新潮社)がバカ売れし、完売したという。 同誌で扱ったのは、2本の大ネタ。...
続きを読む

「Olive」復活号にアラフォー歓喜 小沢健二がコラムで資本主義批判も「他記事は広告まみれ」の声

「Olive」復活号にアラフォー歓喜 小沢健二がコラムで資本主義批判も「他記事は広告まみれ」の声
 伝説のファッション・ライフスタイル誌「Olive」(マガジンハウス)が、4月号の雑誌「GINZA」(同)の別冊付録として復活した。同社の創立70周年の記念として企画されたものだと...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

「週刊新潮」中川郁子代議士(56)の“路チュー”スクープは、やっぱり身内リーク?

「週刊新潮」中川郁子代議士(56)の“路チュー”スクープは、やっぱり身内リーク?
 今週の現代とポストは新旧清純派女優のSEXY対決。「榮倉奈々 素顔と素肌」がポストなら、現代は往年の清純派女優「紺野美沙子のすべて」。こちらはもちろんずいぶん昔の写真だ。どちらも...
続きを読む

「広告代理店に騙された」見せかけの“女性官能ブーム”に躍った出版界の地獄絵図

「広告代理店に騙された」見せかけの“女性官能ブーム”に躍った出版界の地獄絵図
「広告代理店に騙された。女性官能ブームの仕掛けは失敗だった」 出版やゲームなど
続きを読む

浅田舞の巨乳DVD付録で「週刊プレイボーイ」が1割増の“バカ売れ”状態に!

浅田舞の巨乳DVD付録で「週刊プレイボーイ」が1割増の“バカ売れ”状態に!
 昨年12月に衝撃のグラビアデビューを果たした浅田舞。2月23日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)が、初グラビアの撮影シーンを収録したDVDを付録につけたところ、これが大当たり。...
続きを読む

週刊誌スクープ大賞

約3割が印刷→そのまま古紙!? 部数を水増しし続ける朝日新聞のお寒い現実

約3割が印刷→そのまま古紙!? 部数を水増しし続ける朝日新聞のお寒い現実
 このところポストは謎の美女シリーズで「美咲」という女の子を使ってグラビアを組んでいる。フツーの素人女性の「プライベート」を覗かせているようなチョッピリ淫靡な感じがいいのだろう。...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

“佳子さまフィーバー”は雅子妃批判の裏返し!? 皇室一族の光と影

“佳子さまフィーバー”は雅子妃批判の裏返し!? 皇室一族の光と影
 今週は目立ったスクープもないので、順位はつけない。 ところで、講談社が大幅な機構改革を発表した。これまで30あまりの局・室があったが、それを12局・2室に再編するというのだ。...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

「整形手術が危ない!?」週刊誌が暴いた“糸リフト”に潜む危険とは

「整形手術が危ない!?」週刊誌が暴いた“糸リフト”に潜む危険とは
 今週は週刊現代の不調が目立つ。週刊誌ではなく月刊誌のようなつくりで、しかも取り上げているテーマが、私にはピンとこない。「まもなく不動産大暴落へ」「してやったり! 菅官房長官 ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

【名古屋女性殺害事件】19歳女子大生だけじゃない! 増え続ける「殺すのは誰でもよかった」殺人

【名古屋女性殺害事件】19歳女子大生だけじゃない! 増え続ける「殺すのは誰でもよかった」殺人
 今週は各誌、それぞれの特色を生かした記事が出てき始めた。もちろんイスラム国関連が多くページを占めるが、それも各誌の主張が独自色を持ち、読んでいてうなずけるところもあれば、首を傾げ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

情緒的な安倍批判ではなく、今後のための検証を! 元名物編集長が「邦人人質事件」報道を斬る

情緒的な安倍批判ではなく、今後のための検証を! 元名物編集長が「邦人人質事件」報道を斬る
 今週もイスラム国の人質事件のニュースでほぼ持ち切りだから、ほかには順位をつけるほど目ぼしいものはない。よってイスラム国関連以外は順位をつけず、「面白い順」に並べてみた。 テニ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

『殉愛』幻冬舎が「酒鬼薔事件」少年Aの手記出版を画策? 遺族父が嫌悪感

『殉愛』幻冬舎が「酒鬼薔事件」少年Aの手記出版を画策? 遺族父が嫌悪感
 今週は、週刊ポストとアサヒ芸能が頑張っている。イスラム国による日本人人質問題が深刻な事態を迎えているが、それ以外にも読むべきものが多い。 まずは、文春のジャニーズ事務所の女帝...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

ジョギングのやりすぎでインポになる!? EDを訴えるランナーが急増中

ジョギングのやりすぎでインポになる!? EDを訴えるランナーが急増中
 いきなり墓の話で恐縮だが、今週はよくいえばそれなりの読み物がそろっているし、言い方を変えれば突出した記事が見当たらない。 現代、ポストのセクシーグラビア対決も、現代の袋とじが...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

長嶋茂雄特番放送で、一茂 VS 三奈の第2ラウンド勃発間近か

長嶋茂雄特番放送で、一茂 VS 三奈の第2ラウンド勃発間近か
 年末年始のテレビに出まくっていた元フィギアスケーター安藤美姫だが、彼女は自分が思っているほど“人気”があるわけではないようだ。 その理由は、新しい恋人のスペイン人を公表したこ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

アベノミクスでテレビ局は儲かる!? 有名500社「年収ランキング」フジテレビが1,506万円で首位

アベノミクスでテレビ局は儲かる!? 有名500社「年収ランキング」フジテレビが1,506万円で首位
 新年第1弾は現代とポストの合併号。どちらも年末に作り置きした企画だから、新鮮さよりも企画力の勝負になる。まずは、セクシー袋とじ企画から見てみよう。 現代の懐かしい女優シリーズ...
続きを読む

小保方晴子、佐村河内守、百田尚樹……今年もお騒がせ!【2014年週刊誌スクープBEST10】

 小保方晴子、佐村河内守、百田尚樹……今年もお騒がせ!【2014年週刊誌スクープBEST10】
 今年もあっという間に1年が過ぎてしまった。今年を振り返れば、なんと週刊誌ネタの多かった年だろうと思う。佐村河内からSTAP細胞、小渕優子や渡辺喜美のカネがらみのスキャンダルが多発...
続きを読む

「たかじんのようには……」こちらは遺産問題も大丈夫!? 故・高倉健さんに“養女”報道

「たかじんのようには……」こちらは遺産問題も大丈夫!? 故・高倉健さんに“養女”報道
 文春はNHKの『ニュース7』の人気気象予報士・岡村真美子(30)と、TBS系の『ひるおび!』の気象予報士・佐藤大介(41)らとの「ダブル不倫騒動」を報じている。 岡村は国
続きを読む

『殉愛』大ピンチ!? 百田尚樹氏が“取材していない”たかじん周辺から新証言続々で……

『殉愛』大ピンチ!? 百田尚樹氏が“取材していない”たかじん周辺から新証言続々で……
 いよいよ新年合併号の季節。ポストは450円、現代は430円。朝日は410円だが、お得感はない。昔を懐かしんでも仕方ないが、私の頃の新年合併号は150~160万部ぐらい出したものだ...
続きを読む

「魂の限界」で理研を辞めた小保方晴子氏、実は元気だった!? Gカップ写真集出版オファーも

「魂の限界」で理研を辞めた小保方晴子氏、実は元気だった!? Gカップ写真集出版オファーも
 上半期の話題をさらった理化学研究所・小保方晴子氏の“STAP問題”が決着した。 理研は19日、都内で会見を行い、小保方氏が9月から行っていた再現実験に失敗。今月21日付で退職...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

薄給の現役CAが社内で売春サークル?「顧客はパイロットで、1回5~8万円」

薄給の現役CAが社内で売春サークル?「顧客はパイロットで、1回5~8万円」
 先週、林真理子が文春で、やしきたかじんの闘病生活をつづったノンフィクション『殉愛』(幻冬舎)にまつわる「騒動」を、どこも報じないのはおかしいと書いた。 その“剣幕”に驚いたの...
続きを読む

枕営業か、美人局か――スキャンダル発覚「LEON」元編集長・岸田一郎氏の“ちょいワル”では済まない話

枕営業か、美人局か――スキャンダル発覚「LEON」元編集長・岸田一郎氏の“ちょいワル”では済まない話
 中年男性向けファッション誌「LEON」(主婦と生活社)の創刊を手掛けた名物編集者の岸田一郎氏が、前代未聞の女性スキャンダルに見舞われている。 口火を切ったのは、岸田氏本人だっ...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

林真理子、『殉愛』騒動をタブー視する週刊誌に物申す「この言論統制はなんなんだ!?」

林真理子、『殉愛』騒動をタブー視する週刊誌に物申す「この言論統制はなんなんだ!?」
 今週はポストが「ポルノグラフィア 美波ねい×大石圭」と「AKB48生水着選抜」。現代は「20歳美少女『藍沢潤』が初グラビアで初ヘア・ヌードに!」「セクシー&ヌード・アワード201...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

貧困世帯のJKに忍び寄る、“性春”の甘い誘惑「スカウトマンが校門前に出没するケースも……」

貧困世帯のJKに忍び寄る、“性春”の甘い誘惑「スカウトマンが校門前に出没するケースも……」
 週刊誌は「平治に乱を起こす」ぐらいの誌面づくりをしないと、読者は振り向いてくれない。テレビの選挙報道に自民党から局に対して「公正に扱え」という要請が来たからではないだろうが、各誌...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

高倉健が元・名物編集長に漏らした本音?「俳優をやるのはカネのため、一生の仕事ではない」

高倉健が元・名物編集長に漏らした本音?「俳優をやるのはカネのため、一生の仕事ではない」
 今週は40年前の「林檎ヌード」で一世を風靡し、テレビCMや歌手デビューしたが、わずか6年で芸能界を引退した麻田奈美を、現代とポストがグラビアで再び取り上げ競っている。現代のほうは...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

「セクハラ被害」訴える一方で、複数の男性警官と関係を……“交番SEX”報道のハレンチすぎる現実

「セクハラ被害」訴える一方で、複数の男性警官と関係を……“交番SEX”報道のハレンチすぎる現実
 今週の現代は、フライデーの二番煎じの「ヘアヌードになった『国民的アイドル』」と「小室友里 10年ぶりの復活ヘアヌード」、このごろ定番になった懐かしの女優ヌード袋とじは「吉沢京子 ...
続きを読む

回収騒ぎに続き、今度は不健全図書指定! 「FLASH」の迷走と、迫り来るリストラの波

回収騒ぎに続き、今度は不健全図書指定! 「FLASH」の迷走と、迫り来るリストラの波
 またやらかしてしまった! 東京都は10日、大手出版社・光文社が発行する写真週刊誌「FLASH」の増刊号(9月22日発行)について「著しく性的感情を刺激する」として、青少年健全育成...
続きを読む

週刊誌スクープ大賞

「夏目コンドーム事件」がトラウマに!? 内定を取り消されたミス東洋英和が、日テレに宣戦布告!

「夏目コンドーム事件」がトラウマに!? 内定を取り消されたミス東洋英和が、日テレに宣戦布告!
 ポストは「磯山さやか 真昼のホテル」と「私の職業はヌードモデル 七菜乃」の2本立て。現代は格闘技家の中井りんという女性の肉体美グラビアと、女優・大谷直子が1981年に一冊だけ出し...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

巨乳が最も多いのは香川県!「47都道府県おっぱいランキング」で新事実発覚か

巨乳が最も多いのは香川県!「47都道府県おっぱいランキング」で新事実発覚か
 2014年1月から6月までのABCの「雑誌販売部数」が発表された。 この欄で取り扱っている総合週刊誌は軒並み部数を落とし、サンデー毎日がわずかに7,547部伸ばしたが、それで...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

「まさか自分が……」住宅ローンが払えない! 忍び寄る“老後破産”の恐怖

「まさか自分が……」住宅ローンが払えない! 忍び寄る“老後破産”の恐怖
 今週は、順位をつけるほどの記事が見当たらない。よって、7本の注目記事を並列に選んだ。 このところの週刊誌を見ながら考えるのだが、小渕優子などの告発ものは新潮、文春がときどきス...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

小渕優子・松島みどり辞任! 「女性登用」と意気込んだ第二次安倍内閣に大ダメージ

小渕優子・松島みどり辞任! 「女性登用」と意気込んだ第二次安倍内閣に大ダメージ
 日曜日(10月19日)は、東京競馬場へ行った。友人の版画家・山本容子さんが、11月3日まで行われている英国ジョッキークラブが所蔵する絵画やジョッキーたちの服などを展示している展覧...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

【ノーベル物理学賞】テレビが報じない、青色LEDをめぐる日本人3人の確執と和解

【ノーベル物理学賞】テレビが報じない、青色LEDをめぐる日本人3人の確執と和解
 今週は、大スクープはないが小ネタに読ませるものが多く、秋の夜長を楽しませてくれる。 まずは、恒例のセクシー袋とじ採点。ポストは「misono・30歳の記念セクシー」。彼女は、...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

宮沢りえに生き別れの弟がいた!「母の死を知ったのは、2ちゃんねるでした……」

宮沢りえに生き別れの弟がいた!「母の死を知ったのは、2ちゃんねるでした……」
 この原稿が遅れたことをお詫びしたい。私用でハワイのオアフ島で1週間ばかり遊んできた。いつもハワイに行くときは読みたい本を3~4冊持っていくのだが、1冊も満足に読めたことがない。青...
続きを読む

乃木坂46・松村沙友理の不倫“路チュー”に出版界も激震!!「大手編集って、アイドル食えるの!?」

乃木坂46・松村沙友理の不倫“路チュー”に出版界も激震!!「大手編集って、アイドル食えるの!?」
 8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、乃木坂46・松村沙友理の“路チュー”不倫。同誌が運営する「週刊文春デジタル」には、お相手男性との不倫デート・濃厚キス写真が23枚も掲載...
続きを読む
週刊誌スクープ大賞

加熱する報道に“リベラル派”現代が待った!「朝日叩きは政府によるメディアリンチ」

加熱する報道に“リベラル派”現代が待った!「朝日叩きは政府によるメディアリンチ」
 いやはや、面白いことを考える人がいるものだ。コンドームで作る料理のレシピ本『作ってあげたいコンドームごはん』が電子書籍で発売されたというのだ。「コンドームところてん」や「コンドー...
続きを読む

キーワード索引

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
0123456789

悩殺グラビアすべて見る

Eカップグラドル柚月一葉、初のDVDで“セクシー炸裂”!?「見どころいっぱいです!」
「ハァハァ……」“合法ロリ”Fカップグラドル長澤茉里奈が、ネコちゃんコスプレで……!?
“美尻グラドル”鈴木咲、目指すは“ラッキースケベ”!?「次作があれば……」
Gカップグラドル橋本梨菜は、真っ赤な下着が好み!?「脱いで踊ります」
“ミスフラッシュ2012”小松美咲、はだけて“アレ”が丸出しに!?「すごくセクシーです!」
Hカップグラドル倉田夏希が、ベッドで!?「大人のムードが……」
グラビアアイドル池田ショコラと“イケナイ関係”に!?「すごくセクシーに……」
“北海道の奇跡”手塚せいあが、彼氏とイチャイチャ……!?「かなりセクシーです」
“むっちり美尻”グラドル安枝瞳が、酔った勢いで……!?「これまで以上にセクシー!」
Fカップグラドル藤木美咲が彼氏とイチャイチャ旅行へ!?「気持ちよかったです……」
Hカップグラドル葉月あやが、びしょびしょに濡れて!?「お風呂で……」
新人グラドル森田ワカナ、ベッドの上で!?「まったく逆の私が……」
美尻グラドル小阪貴恵が、生まれて初めての“アレ”を!?「目隠しつきで……」

CYZOトークすべて見る

『俺たち文化系プロレスDDT』マッスル坂井×松江哲明
「この年で愚直に生きるのはマジでツラい!」……けど、俺たちが文化系にこだわる理由

出版の記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。