facebook
twitter

イチオシ企画

フジドラマ、完全に崩壊!?

俳優陣に続き、原作者、脚本家からも嫌われたフジ。果たして、フジドラマの今後は?
写真

特集

編集部厳選!トンデモ海外ニュース

パンダを絶滅から救え! 米有名ポルノ女優が「パンダ用AV」で一肌脱ぐ
写真

人気連載

太川・蛭子コンビが不仲説一蹴

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)で人気を博してきたものの、今年正月の…
写真

ドラマレビュー

『タラレバ娘』最終回でクソ展開

 原作漫画の“結婚のタイムリミット”を7歳も引き下げた(原作は40歳、ドラマは33歳…
写真



反日

BIGBANG、BEAST、少女時代……韓国の若者は、なせ“旭日旗アレルギー”に燃料を投下してしまうのか

BIGBANG、BEAST、少女時代……韓国の若者は、なせ“旭日旗アレルギー”に燃料を投下してしまうのか
 去る8月15日は、韓国にとって記念すべき祝日だ。1945年のその日に、朝鮮が大日本帝国(日本)から独立し、48年のその日には韓国政府が樹立しており、韓国では8月15日を「光復節」...
続きを読む

中国船“尖閣来襲”で、中国人の反日感情が再燃! 日本食レストランを「ぶっ壊せ!」

中国船“尖閣来襲”で、中国人の反日感情が再燃! 日本食レストランを「ぶっ壊せ!」
 ここ数週間にわたり、尖閣諸島周辺沖に数百規模の中国公船が侵入し、日中韓の緊張が高まっているが、中国本土でも反日感情がくすぶり始めている。「新浪新聞」(8月8日付)によると、武...
続きを読む

韓国国家機関センター長が「天皇陛下万歳」三唱! ジョークのつもりが、大バッシングへ

韓国国家機関センター長が「天皇陛下万歳」三唱! ジョークのつもりが、大バッシングへ
 韓国政府の研究機関のトップが“親日発言”をしたことで、韓国のネットが大炎上している。問題の発言をしたのは、環境政策・評価研究院(KEI)のイ・ジョンホ国家気候変化適応センター長。...
続きを読む

三菱自動車・中国CMオファーを蹴った韓国“反日女優”に「芸能界追放」の過去

三菱自動車・中国CMオファーを蹴った韓国“反日女優”に「芸能界追放」の過去
 韓国の女優ソン・ヘギョが、三菱自動車の中国CMのオファーを断ったことが話題になっている。巨額のギャランティーを提案されたにもかかわらず、「三菱は日本統治時代の徴用問題で、今も訴訟...
続きを読む

ももいろクローバーZ反日騒動で露呈した「アイドルと政治の相性の悪さ」

ももいろクローバーZ反日騒動で露呈した「アイドルと政治の相性の悪さ」
 社会学者・古市憲寿氏の新刊『誰も戦争を教えてくれなかった』(講談社)で、アイドルグループ・ももいろクローバーZが日韓関係などについてコメントし、「反日アイドルだ」などと賛否を巻き...
続きを読む

韓国の日本製品不買運動 その目的は“社会的地位獲得”にあり!?

韓国の日本製品不買運動 その目的は“社会的地位獲得”にあり!?
 去る3月1日、韓国の一部の人々の間で日本製品“不買運動”が始まった。不買運動は、韓国の民間団体『路地裏商圏生存消費者連盟』を中心にする自営業者たちが決起したもので、日本の“竹島の...
続きを読む

人民の愛国心はオイシイ!? 中国で“反日”月餅がブーム

人民の愛国心はオイシイ!? 中国で“反日”月餅がブーム
 日本の尖閣諸島購入で一気に火がつき、中国全土へと広がった反日デモは、一時、日中国交正常化以来最大といわれる規模にまで達したものの、次第に収束へと向かいつつある。
続きを読む

「愛国」という名の自爆スイッチ!? 反日デモで露見した中国最大の弱点

「愛国」という名の自爆スイッチ!? 反日デモで露見した中国最大の弱点
 尖閣諸島問題に端を発した中国の反日デモは、激しさを増しながら60都市以上に広がっている。日本製品の不買運動や暴徒化したデモ参加者による日系工場の襲撃なども併せて行われており、日本...
続きを読む

個人標的も「愛国無罪」 【反日デモ】日本人を襲撃する側の論理とは!?

個人標的も「愛国無罪」 【反日デモ】日本人を襲撃する側の論理とは!?
 日本政府による尖閣諸島国有化を契機に、中国での反日感情が悪化の一途をたどる中、在留邦人が襲撃されるケースが相次いでいる。上海の日本総領事館によると、13日までに、路上で暴行を受け...
続きを読む

キーワード索引

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
0123456789
1

反日の記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。