トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed

facebook
twitter

人気連載

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

迷宮入りした怪事件をメソッド演技で解明する!? 芸能界の闇と舞台がリンクする『貌斬り KAOKIRI』
写真

オススメ情報

「官能的絵画」を殺したのは誰? 春画、1世紀半の不幸なる近代史

現在ブームの春画は、これまで愚劣低俗なものと弾圧されてきた。そんな春画の近代史をたどる!
写真

イチオシ企画

ASKA、覚せい剤で再逮捕!!

ASKAが訴える秘密結社「ギフハブ」による盗聴被害は、やっぱり妄想だったのか?
写真



東日本大震災

【再掲】災害現場の困ったちゃん!? ボランティアに求められる自己責任の大原則

【再掲】災害現場の困ったちゃん!? ボランティアに求められる自己責任の大原則
※当記事は、熊本地震の発生にあたり、サイゾーの過去の記事から再掲載しています。 台風18号が2009年10月8日早朝、愛知県に上陸。各地を暴風雨に巻き込みながら日本列島を北上し...
続きを読む

【再掲】地震や洪水のとき、愛犬はどうなるの? 地震大国日本でペットを守るための絶対ルール

【再掲】地震や洪水のとき、愛犬はどうなるの? 地震大国日本でペットを守るための絶対ルール
※当記事は、熊本地震の発生にあたり、サイゾーの過去の記事から再掲載しています。 阪神・淡路大震災(1995年)、三宅島の噴火(00年)、新潟県中越地震(04年)など、過去に起き...
続きを読む

『ムーンナイト・ダイバー』インタビュー

自称“不遜”な小説家・天童荒太が描いた、震災5年目の「サバイバーズ・ギルト」

自称“不遜”な小説家・天童荒太が描いた、震災5年目の「サバイバーズ・ギルト」
 東日本大震災から5年。被災地からは続々と「復興」のニュースが届き、その安心感も手伝って、震災被害に思いを寄せる時間は格段に少なくなってきている。 直木賞作家・天童荒太の新作『...
続きを読む
【3.11後の映画と映画界を考える】

震災から5年、日本映画は何を映してきたのか? 風化する記憶を刻むタイムカプセルとしての役割

震災から5年、日本映画は何を映してきたのか? 風化する記憶を刻むタイムカプセルとしての役割
 東日本大震災の発生から5年の歳月が流れた。映画はその時代の写し鏡とされているが、この5年間で日本映画は何を映し出してきたのか。そして、多くの犠牲者を出し、すべての日本人を震撼させ...
続きを読む
テレビウォッチャー・てれびのスキマ特別寄稿

テレビドラマは、東日本大震災をどのように昇華してきたのか

テレビドラマは、東日本大震災をどのように昇華してきたのか
「娯楽に関わる多くの人が自分自身に問いかけました。ドラマや映画や歌がなくても人は十分生きていける。でも水や食べ物、電気や燃料がないと人は困る。生きられない。世の中がすっかり変わって...
続きを読む
『にっぽんフクシマ原発劇場』発売記念インタビュー

人のにおいが消えた集落、荒廃したDASH村、にぎわう歓楽街……写真家が語る、百人百様「福島」の風景

人のにおいが消えた集落、荒廃したDASH村、にぎわう歓楽街……写真家が語る、百人百様「福島」の風景
 震災直後、あちらこちらで盛んに叫ばれた「あの日を忘れない」といったスローガン。だが、いつしかめったに聞くことがなくなり、2015年現在、もはや“震災をテーマにした本は売れない”と...
続きを読む

東日本大震災から4年「観光バスツアー」で、岩手県の“被災地”釜石市・大槌町を歩いた

東日本大震災から4年「観光バスツアー」で、岩手県の“被災地”釜石市・大槌町を歩いた
 東日本大震災から4年。時間がたつにつれ、大きな動きでもない限り、被災地の現状はあまり伝えられなくなっている。こと日刊サイゾーでもそれは同じで、震災発生当時は、積極的に現地の声を報...
続きを読む

純利益5,000億円超! 原発ゼロでも“ボロ儲け”東京電力にクレーム電話殺到中

純利益5,000億円超! 原発ゼロでも“ボロ儲け”東京電力にクレーム電話殺到中
 昨年12月17日の発表によると、東京電力の2015年3月期の純利益は5,210億円の黒字になる見通しだという。経常利益は前期比2.2倍となる2,270億円。これは火力発電所の定期...
続きを読む
『フタバから遠く離れて 第二部』公開直前インタビュー

「“金目”ですべてが解決するのか――」原発事故から3年半……原発避難自治体・双葉町を引き裂く“分断”と内部対立

「“金目”ですべてが解決するのか――」原発事故から3年半……原発避難自治体・双葉町を引き裂く“分断”と内部対立
 2012年に公開されたドキュメンタリー映画『フタバから遠く離れて』は、原発事故をきっかけに、埼玉県加須市の旧騎西高校に避難所を設置した福島県双葉町の姿を追う作品だった。今回、この...
続きを読む

東日本大震災から3年半──福島県の農園を苦しめる“復興詐欺”横行の現実

東日本大震災から3年半──福島県の農園を苦しめる“復興詐欺”横行の現実
 原発の風評被害から必死に立て直しを図る福島県の農園で、復興対策の「オーナー制度」が悪用される詐欺事件が起こっている。 農園のオーナー制度は、桃や梨、リンゴなどの畑や木のオーナ...
続きを読む

国からの“圧力”も!? 強気から一転『美味しんぼ』が弱気になったワケとは――

国からの“圧力”も!? 強気から一転『美味しんぼ』が弱気になったワケとは――
 「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の人気漫画『美味しんぼ』で描かれた福島県の放射能汚染の様子が波紋を呼んでいる。
続きを読む

東日本大震災から3年「粘り強く脱原発の芽を──」藤波心も熱く語りかけた第3回『Peace On Earth』

東日本大震災から3年「粘り強く脱原発の芽を──」藤波心も熱く語りかけた第3回『Peace On Earth』
 東日本大震災の追悼の場として、2012年3月から始まった『ピース オン アース』。3回目となる今回、3月8日、9日、11日の3日間に渡り、東京・日比谷公園で行われた。 大惨事...
続きを読む

【追記アリ】「車に泊まり込み、必死で撮影」ヤラセ報道のドキュメンタリー映画『ガレキとラジオ』監督がコメント公表

【追記アリ】「車に泊まり込み、必死で撮影」ヤラセ報道のドキュメンタリー映画『ガレキとラジオ』監督がコメント公表
 5日、朝日新聞紙上で“ヤラセ”があったことを暴露されたドキュメンタリー映画『ガレキとラジオ』の監督2名が、公式Facebook上でコメントを発表した。 同映画は、2011年の...
続きを読む

原発作業員が綴る現場のリアルと、二極化する報道へのアンチテーゼ『福島第一原発収束作業日記』

原発作業員が綴る現場のリアルと、二極化する報道へのアンチテーゼ『福島第一原発収束作業日記』
 先月の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)で、福島第一原発問題が取り上げられた。「本当に汚染水は危険なのか?」「福島第一原発はコントロールされているのか?」「東京電力の今後」につ...
続きを読む
ドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と2』公開記念インタビュー(後編)

大震災の被害に遭ったのは人間だけじゃない! 被災地に取り残されたペットと家畜の過酷な現状

大震災の被害に遭ったのは人間だけじゃない! 被災地に取り残されたペットと家畜の過酷な現状
 『犬と猫と人間と2』の後半は、福島第一原発事故の警戒区域に残された牛たちの世話をするボランティアスタッフたちがクローズアップされる。その中心となっているのが岡田久子さん。2011...
続きを読む
ドキュメンタリー映画『犬と猫と人間と2』公開記念インタビュー(前編)

大震災の被害に遭ったのは人間だけじゃない! 被災地に取り残されたペットと家畜の過酷な現状

大震災の被害に遭ったのは人間だけじゃない! 被災地に取り残されたペットと家畜の過酷な現状
 動物たちの命の大切さを知ってもらえる映画を作ってほしい。ドキュメンタリー映画を撮る飯田基晴監督は“猫おばあちゃん”こと稲葉恵子さんから頼まれ、ペットブームに沸く日本で犬や猫たちが...
続きを読む
『それでも彼女は生きていく』著者インタビュー

「前向きな言葉に隠されたつらさ」震災をきっかけに“AV女優”という仕事を選んだ女たち

「前向きな言葉に隠されたつらさ」震災をきっかけに“AV女優”という仕事を選んだ女たち
 東日本大震災は、多くの人々の人生を変えた。津波によって家が流された者、家族や友人を失った者、ボランティア活動に目覚めた者……。また、自分の生き方を見直した人も多いことだろう。...
続きを読む

【東日本大震災から2年】東北の人々が抱える「被災者」と「被災地」の呪縛

【東日本大震災から2年】東北の人々が抱える「被災者」と「被災地」の呪縛
 東日本大震災から2年が経過し、日本中から緊張感が薄れつつある。こうした状況で、被災地や被災者にはこれまでにない圧力がかかっているという。それは一体どんなものなのか、その実態を探る...
続きを読む

三陸の海が育んだ新しい生命『ダンゴウオ―海の底から見た震災と再生―』

三陸の海が育んだ新しい生命『ダンゴウオ―海の底から見た震災と再生―』
 津波が洗い流した車や家は、見るも無残な形で海の底へと引きずり込まれた。その残骸は今も海の底に残り、静かに波に揺られている。水中写真家の鍵井靖章による『ダンゴウオ―海の底から見た震...
続きを読む

震災2年、都内最大規模「Peace On Earth」に延べ4万人「入ってはいけない日本があった……」

震災2年、都内最大規模「Peace On Earth」に延べ4万人「入ってはいけない日本があった……」
 311東日本大震災から2年。今年も3月10日(日)、11日(月)の2日間、東京・日比谷公園で「311東日本大震災 市民のつどい Peace On Earth」が開催された。都内で...
続きを読む

震災2年、行方不明者なお2,800人──【震災遺骨】砂浜に流れ着く命の欠片をめぐって

震災2年、行方不明者なお2,800人──【震災遺骨】砂浜に流れ着く命の欠片をめぐって
 震災からの復興が叫ばれる中で、いまだに解決していない問題は数多い。その中でも、解決の目処が立たないのが行方不明者である。「まだわかっていないの?」と思う人もいるだろう。確かに震災...
続きを読む
君塚良一・石井光太・小橋めぐみ講演

震災後2年を経て見つめる、遺体安置所の光景『遺体~明日への十日間~』

震災後2年を経て見つめる、遺体安置所の光景『遺体~明日への十日間~』
左から小橋めぐみ氏、君塚良一監督、石井光太氏。 「“死体”と“遺体”。意味は同じ...
続きを読む

各業界の"本職"に聞く「オレたちのタブーを破った映画」

ジャーナリスト・武田徹が推挙 メディアの矛盾と欺瞞を突くドキュメンタリー映画

ジャーナリスト・武田徹が推挙 メディアの矛盾と欺瞞を突くドキュメンタリー映画
今回、メディアのタブーに挑んだ映画を紹介するということで、メディアとは、ジャーナリズムとは何かという問いを、見る者に突きつけるドキュメンタリーを3本選びました。『チョムスキーとメデ...
続きを読む
中田秀夫監督が撮ったドキュメンタリー映画が公開!

被災者はサバイバーズギルトにどう対処している? 中田秀夫監督による映像碑『3.11後を生きる』

被災者はサバイバーズギルトにどう対処している? 中田秀夫監督による映像碑『3.11後を生きる』
 中田秀夫監督が自主製作として完成させたドキュメンタリー映画『3.11後を生きる』が2月23日(土)より劇場公開される。東日本を襲った大震災から4か月後となる2011年7月から中田...
続きを読む
死にゆく計45万匹以上の家畜

殺された街、牛、心…福島警戒区域内で積み上がり続ける”屍”

殺された街、牛、心…福島警戒区域内で積み上がり続ける”屍”
福島第一原発から半径20キロ圏内は警戒区域に指定され、同区域内への立ち入りは法律で厳しく制限されている。原発事故前、同区域では牛約3500頭、豚約3万頭、鶏約44万羽が飼育されてい...
続きを読む

「3.11後」の‟見えない戦争”の先にあるものは? 園子温監督『希望の国』

「3.11後」の‟見えない戦争”の先にあるものは? 園子温監督『希望の国』
 コミック原作の『ヒミズ』(12)の脚本を震災後に大幅に書き換え、批判を恐れずがれきの荒野と化した被災地の映像を商業映画のシーンにいち早く取り入れた園子温監督。そんな園監督が描く「...
続きを読む

震災が浮かび上がらせた「本」の意味、「書店」の役割とは?『復興の書店』

震災が浮かび上がらせた「本」の意味、「書店」の役割とは?『復興の書店』
 東日本大震災後、岩手、宮城、福島から本が消えた。 本だけではない。書店も消えた。2011年4月の時点で、東北全体の9割の書店が震災によって被害を受け、岩手、宮城、福島の3県で...
続きを読む
『フタバから遠く離れて』舩橋淳監督インタビュー

“最後の避難所”に身を寄せる、双葉町避難民へのしかかる“時間”の重み

“最後の避難所”に身を寄せる、双葉町避難民へのしかかる“時間”の重み
 福島県双葉町は、福島第一原発事故後、1,200人の住民とともに、町からおよそ250キロ離れた埼玉県加須市の旧騎西高校に避難した。この避難所で、双葉町の住民たちが過ごした1年間に焦...
続きを読む

巨大な“ケガレ”の一塊から被災者個々の声を浮き彫りにする、インタビュー集『ガレキ』

巨大な“ケガレ”の一塊から被災者個々の声を浮き彫りにする、インタビュー集『ガレキ』
 大飯原発再稼働への是非が問われた2012年の夏。最も厳しい需給が見込まれた関西でも計画停電は回避されたが、再稼働が妥当であったか否かについての検討はまだ入り口の段階だ。
続きを読む
本当に受け入れて欲しいモノは何だったのか?

『ガレキ』──日本を席巻した200日の瓦礫問題が投げかけた震災後の「当事者性」【後編】

『ガレキ』──日本を席巻した200日の瓦礫問題が投げかけた震災後の「当事者性」【後編】
■データ開示と議論の客観性丸山 被災した自治体の方でも、できる限り自分たちで瓦礫を処理しようとしていたのと、想定よりも瓦礫の量が少なかった地域もあったので、当初予定していた県外...
続きを読む

『おもかげ復元師』震災で300人以上の遺体を修復した「復元納棺師」が見た風景とは?

『おもかげ復元師』震災で300人以上の遺体を修復した「復元納棺師」が見た風景とは?
 容貌が変化してしまった遺体の硬直を解き、マッサージで顔色を変え生前の安らかな表情に復元して納棺を行う「復元納棺師」として、岩手県を拠点に活動している笹原留似子さん。東日本大震災の...
続きを読む
本当に受け入れて欲しいモノは何だったのか?

『ガレキ』──日本を席巻した200日の瓦礫問題が投げかけた震災後の「当事者性」【前編】

『ガレキ』──日本を席巻した200日の瓦礫問題が投げかけた震災後の「当事者性」【前編】
 東日本大震災の津波によって発生した大量の瓦礫は、福島第一原発の事故で流出した放射性物質を帯びているとされ、その後の瓦礫広域処理に際して大きな波紋を呼んだ。今年5月、北九州市で震災...
続きを読む

震災から1年半……「傷ついた心の復興は進んでいない」福島のいま

震災から1年半……「傷ついた心の復興は進んでいない」福島のいま
 マグニチュード9.0の揺れが東北地方を襲った3月11日から1年半。一見すると、日本社会はかつての落ち着きを取り戻しているかのように見える。「震災から1年半『も』たった」という言葉...
続きを読む

盛り上がりを見せる脱原発デモの行く末は? 成田闘争に見る、“未決着”市民運動の現在

盛り上がりを見せる脱原発デモの行く末は? 成田闘争に見る、“未決着”市民運動の現在
 毎週金曜日、首相官邸前には数万人ものデモ参加者が足を運び、「脱原発」の声を上げている。8月にはデモ主催者が野田佳彦首相と面会するという快挙を達成し、日本における市民運動が新たな局...
続きを読む

「アートには本当に力があるのか?」アートセンターから避難所へ 被災地の劇場・いわきアリオスの挑戦

「アートには本当に力があるのか?」アートセンターから避難所へ 被災地の劇場・いわきアリオスの挑戦
福島県いわき市にある公共劇場「いわきアリオス」は2008年4月にオープンした公共劇場だ。4つのホールとともに16のリハーサル施設、キッズルーム、交流施設などを備えた総合的なアート施...
続きを読む
ドキュメンタリー映画『相馬看花』公開記念インタビュー

「ニュースからこぼれ落ちたものに人間性が宿る」福島でカメラを回す松林要樹のドキュメンタリー論

「ニュースからこぼれ落ちたものに人間性が宿る」福島でカメラを回す松林要樹のドキュメンタリー論
 この春、同じ監督の名前がクレジットされた2本のドキュメンタリー映画が相次いで公開される。2本とも東日本大震災の被災地を題材にしたものだが、映像から感じられる印象はまるで違う。その...
続きを読む
分断線を乗り越えるために

“ふるさとをあきらめない”詩人が耳を傾ける、25人の福島の現実

“ふるさとをあきらめない”詩人が耳を傾ける、25人の福島の現実
 2011年10月17日、作家・高橋源一郎はTwitter上で展開する「午前0時の小説ラジオ」で、このようにツイートした。「その分断線は誰が引いたのか。ぼくたちが自分の手で引い...
続きを読む

殺風景な仮設住宅のイメージがガラっと変わる!?『仮設のトリセツ』

殺風景な仮設住宅のイメージがガラっと変わる!?『仮設のトリセツ』
 「首都圏で4年以内に70%」「東海地方では30年以内に88%」など、近い将来、巨大地震の発生が予測されている地震大国ニッポン。いまや、“仮設住宅住まい”は、他人事ではないのかもし...
続きを読む

「一家に一台ガイガーカウンター?」竹書房が放射線測定器付き書籍を発売

「一家に一台ガイガーカウンター?」竹書房が放射線測定器付き書籍を発売
 竹書房が、家庭で放射線量(ガイガーカウンター)を計測できる「エアカウンターS」を付録にした書籍『家庭用放射線測定器 エアカウンターS』を4月23日に発売する。 「エアカウンタ...
続きを読む

東西17人の作家が描いた3.11の短編集『それでも三月は、また』

東西17人の作家が描いた3.11の短編集『それでも三月は、また』
『それでも三月は、また』(講談社)  芽が吹き、風が花粉を運び、三寒四温で春が訪...
続きを読む
『チェルノブイリ――家族の帰る場所』発売記念インタビュー

「日本人はもっと情報公開を求めるべきだった」スペイン人から見た福島とチェルノブイリ

「日本人はもっと情報公開を求めるべきだった」スペイン人から見た福島とチェルノブイリ
 福島第一原発事故以降、原子力や放射性廃棄物、被ばくなどをテーマにした本や映画...
続きを読む

「原発がどんなものか知ってほしい」ネット上を浮遊する原発現場監督の遺言

「原発がどんなものか知ってほしい」ネット上を浮遊する原発現場監督の遺言
『福島原発 現場監督の遺言』(講談社)  「原発がどんなものか知ってほしい」とい...
続きを読む

『東日本大震災 石巻災害医療の全記録』著者インタビュー

「係になっただけです」石巻の英雄が語る“ドラマがない”災害現場の実像

「係になっただけです」石巻の英雄が語る“ドラマがない”災害現場の実像
 東日本大震災の中心被災地であり、3,000人以上が犠牲となった宮城県石巻市。...
続きを読む

「子どもたちが希望を持てる国にするために」東日本大震災追悼イベントに坂本龍一が登場

「子どもたちが希望を持てる国にするために」東日本大震災追悼イベントに坂本龍一が登場
 3月10日・11日の2日間、東京・日比谷公園で『311東日本大震災 市民のつ...
続きを読む
ドキュメンタリー映画『friends after 3.11【劇場版】』

「最初は作品を作る気になれなかった」岩井俊二監督が新作映画に込めたメッセージ

「最初は作品を作る気になれなかった」岩井俊二監督が新作映画に込めたメッセージ
 宮城県仙台市出身の岩井俊二監督が、震災以降に出会った人々、久しぶりに再会した...
続きを読む

「番組を切られても本望」震災特番生放送で古舘伊知郎が“原子力ムラ”に言及し波紋広がる

「番組を切られても本望」震災特番生放送で古舘伊知郎が“原子力ムラ”に言及し波紋広がる
『報道ステーション』テレビ朝日  昨年の東日本大震災から1年となる3月11日、テ...
続きを読む
後世に残す3.11の記録

NHK『ネットワークでつくる放射能汚染地図』いま明かされる舞台裏

NHK『ネットワークでつくる放射能汚染地図』いま明かされる舞台裏
 震災から2カ月を経た昨年5月15日、Twitterを中心に、NHKで放送され...
続きを読む
賛否分かれるドキュメンタリー映画が公開!

震災2週間後の被災地を映した『311』 テーマは現代人が感じる"後ろめたさ"

震災2週間後の被災地を映した『311』 テーマは現代人が感じる
ドキュメンタリー映画『311』。森達也をはじめとする4人の映像作家たちがビデオカ...
続きを読む
『原発事故さえなければ通信』

「怒りの声をあげられない人の声を代弁する」福島市住職のたった一人の闘い

「怒りの声をあげられない人の声を代弁する」福島市住職のたった一人の闘い
『原発事故さえなければ通信』  福島市の住職が発行している無料冊子『原発事故さえ...
続きを読む

「受注金額は言い値で決まる!?」東日本大震災の復興利権に群がるゼネコンの"焼け太り"

「受注金額は言い値で決まる!?」東日本大震災の復興利権に群がるゼネコンの
「絶対に表じゃ言えないけど大震災は宝くじに当たったようなもの。被災者には悪いけど...
続きを読む

キーワード索引

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
0123456789
123

悩殺グラビアすべて見る

「ハァハァ……」“合法ロリ”Fカップグラドル長澤茉里奈が、ネコちゃんコスプレで……!?
“美尻グラドル”鈴木咲、目指すは“ラッキースケベ”!?「次作があれば……」
Gカップグラドル橋本梨菜は、真っ赤な下着が好み!?「脱いで踊ります」
“ミスフラッシュ2012”小松美咲、はだけて“アレ”が丸出しに!?「すごくセクシーです!」
Hカップグラドル倉田夏希が、ベッドで!?「大人のムードが……」
グラビアアイドル池田ショコラと“イケナイ関係”に!?「すごくセクシーに……」
“北海道の奇跡”手塚せいあが、彼氏とイチャイチャ……!?「かなりセクシーです」
“むっちり美尻”グラドル安枝瞳が、酔った勢いで……!?「これまで以上にセクシー!」
Fカップグラドル藤木美咲が彼氏とイチャイチャ旅行へ!?「気持ちよかったです……」
Hカップグラドル葉月あやが、びしょびしょに濡れて!?「お風呂で……」
新人グラドル森田ワカナ、ベッドの上で!?「まったく逆の私が……」
美尻グラドル小阪貴恵が、生まれて初めての“アレ”を!?「目隠しつきで……」
グラドル大貫彩香「一番セクシーで、エロイ」!? びちょ濡れで“アレ”が……

CYZOトークすべて見る

『俺たち文化系プロレスDDT』マッスル坂井×松江哲明
「この年で愚直に生きるのはマジでツラい!」……けど、俺たちが文化系にこだわる理由

東日本大震災の記事一覧ページ。日刊サイゾーはジャニーズやアイドルなどの芸能界のニュースを届ける、雑誌サイゾーのWEB版です。タレントや芸能界の噂や政治の裏話などをお届けします。グラビアアイドルのイベントニュースや悩殺写真も満載! アニメや映画などのサブカルチャーに関する記事やコラムも。