本があれば大丈夫!読書大特集

佐藤賢一と藤本ひとみ~フランス歴史小説から幕末物へ


 読書の秋の到来である。秋の夜長は時代小説を読みふけるのもいい。ここでは特徴的な2人の歴史小説家を対比したい。佐藤賢一と藤本ひとみである。共にフランス歴史小説をメインとする作家だが、奇しくも最近は共に幕末物を出している。

 『王妃の離婚』(集英社)で第121回直木賞を受賞した佐藤は、東北大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学という経歴を有する。『預言者ノストラダムス』(同)『皇帝ナポレオン』(角川書店)で知られる藤本も、ナポレオン史研究学会会員やブルゴーニュワイン騎士団騎士などの肩書を持つ。2人とも歴史への造詣の深さを活かし、時代の雰囲気や歴史的人物の心情を現代に蘇らせている。加えて佐藤は男性的な性愛の描写、藤本は女性的な恋愛要素が濃厚という点で好対照をなしている。

 その2人の作家が奇しくも幕末物、しかも東北の佐幕藩の視点に立った小説を刊行している。佐藤は庄内藩と庄内藩御預かりの新徴組を描いた『新徴組』(新潮社)であり、藤本は会津藩を舞台とする『幕末銃姫伝――京の風 会津の花』(中央公論新社)と『天狗の剣――幕末京都守護職始末』(同)である。幕末物は歴史小説の人気ジャンルであるが、2人にとっては単なる便乗ではない。

 佐藤は20世紀米国のギャングを描いた『カポネ』(角川グループパブリッシング)、織田信長が女性だったという大胆な仮説に基づいた『女信長』(毎日新聞社)、内戦が勃発した米国を描く近未来小説『アメリカ第二次南北戦争』(光文社)など作品の幅を広げており、新たに幕末物が加わることに違和感はない。しかも山形県鶴岡市出身の佐藤にとって庄内藩は郷土史となる。

 これに対して藤本の幕末物は意外性が強い。しかし、作品中で登場人物がナポレオンの軍略について論じており、少しだけフランス史との接点が顔を出している。佐藤のデビュー作『ジャガーになった男』(集英社)はヨーロッパやペルーで活躍した日本人武士の物語であり、日本史と西洋史の交錯点にも豊かな小説のネタがある。

 2人の近刊の共通点は幕末物という点のみならず、歴史上の敗者である東北の佐幕藩に光をあてていることである。それも日本人的な判官びいきの視点ではなく、佐幕藩の進歩性に着目する。『新徴組』で描かれた庄内藩は、いち早く近代的軍制を整え、戊辰戦争でも官軍を撃破した。『幕末銃姫伝――京の風 会津の花』は西洋式砲術を身に付けた山本八重(後の新島八重)と兄の覚馬が主人公である。

 一方で敗者を極端に美化することもない。両作品とも佐幕派の主流に位置する守旧派の救いがたいほどの頑迷さと無能と事なかれ主義を直視する。『新徴組』では将軍の直臣であることを鼻にかける旗本に泣かされる。『幕末銃姫伝』では槍や刀を信奉する守旧派が会津藩の主流に位置し、八重や覚馬の砲術は十分な活躍の機会を得られなかった。佐幕藩の視点で描くからこそ、逆に幕府は滅びるべくして滅びたという実感を強くする。

 この革新的なヒーローが自陣営の守旧派に足を引っ張られて悲劇的な結末に終わるという構図は2人にとって馴染みのものである。2人ともジャンヌ・ダルクの小説を出しているためである。佐藤には『傭兵ピエール』(集英社)、藤本には『ジャンヌ・ダルク暗殺』(講談社)がある。

 もともと佐藤は『赤目-ジャックリーの乱』(英仏百年戦争中の農民反乱/マガジンハウス)、『カエサルを撃て』(ローマに対するガリアの戦い/中央公論新社)、『剣闘士スパルタクス』(ローマでの剣闘士奴隷の反乱/同)、『オクシタニア』(異端カタリ派/集英社)と敗者を主人公とした作品が多い。これらは敗者でありながらも清らかな印象を残している。『新徴組』にも爽やかな読後感がある。

 これに対して藤本の『幕末銃姫伝』や『天狗の剣』には投げっ放しの印象がある。『幕末銃姫伝』ではタイトルの「銃姫」とは裏腹に戊辰戦争での活躍は少ない。また、山本八重は明治時代の活躍が有名であるが、それは描かれない。『天狗の剣』は副題の「京都守護職始末」とは裏腹に京都守護職としての活躍も戊辰戦争も登場しない。

 藤本は『ウイーンの密使――フランス革命秘話』(講談社)でも作品内で事件を完結させず、ヴァレンヌ事件についての読者の歴史知識で補完させる終わらせ方をしている。この点で藤本の幕末物にも藤本らしさが表れている。
(文=林田力)


●林田力(はやしだ・りき)
ライター。漫画・ドラマ・不動産・裁判・住民運動・市民運動などジャンルを問わず活動中。著書に『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス)。
http://www.hayariki.net/
http://hayariki.zero-yen.com/