日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新たなる“芸能界のドン”!? ケイダッシュ会長の履歴書

新たなる“芸能界のドン”!? ケイダッシュ会長の履歴書

 一昔前まで「芸能界のドン」として、芸能マスコミにタブー視されてきた人物といえば、本誌ではおなじみバーニングプロダクションの周防郁雄社長や、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長だろう。しかし、本誌先月号でもお伝えしたとおり、ここ数年は、渡辺謙、高橋克典、中島美嘉、蛯原友里らを擁するケイダッシュの川村龍夫会長が、一部で「新たなるドン」と評されるほど勢いを増している。では、一般にはまだなじみの薄い川村会長とは、どんな人物なのか?

「周防氏と川村氏が、千葉県の市川高校の同級生だったことは有名な話。2人は、その後もつかず離れずの関係で、川村氏がバーニングの役員を兼務している。特にケイダッシュのナンバー2であるT氏は、バーニングの威光を笠に着て、強引に仕事を取ってくる。バーニングあってのケイダッシュといったところでしょう」(スポーツ紙記者)

 そんな川村会長の芸能界入りのきっかけとなったのは、実は周防氏ではなく、同じく高校の同級生で、歌手として活躍していた鹿内孝氏だ。鹿内氏はかつて、川村会長との付き合いについて、「(大学に進んだ)川村はやくざの世界に片足を突っ込んでいたから。そんなところにいてもしかたないだろうといって、俺のところにきてもらったんだ」と別冊宝島『芸能界スキャンダル読本』の取材に答えている。コワモテかつ新日本プロレスの役員を務めるほどの格闘技好きで、幾多の格闘技興行にもかかわってきた川村会長の原点が見えるようだ。

 川村会長はその後、ジャッキー吉川とブルーコメッツのマネージャーを経て、田辺エージェンシーに入社。 「ブルーコメッツのマネージャー時代には、彼らを売るために、ちんどん屋の格好をしてプロモーションをしていましたよ。今、その話をすると嫌がりますが」(老舗芸能プロ関係者)

 そんな川村会長の名を一躍轟かせたのが、85年に起きた、いわゆる「『生徒諸君!』事件」だ。小泉今日子が主演してヒットした映画『生徒諸君!』の配給収入をめぐり、バーニングと製作会社が訴訟騒ぎになった際、バーニングの取締役でもあった川村会長が、製作会社社長を呼び出して、「駅のホームじゃ気をつけろ。知り合いの暴力団は、何をやるかわからないからな」などと脅したと毎日新聞が報じたのだ。川村会長は、報道は事実無根だとして毎日新聞を提訴したが、請求は棄却されている。だが、この一件が、川村会長をタブーな存在に押しやった一因になっているようだ。

 そんな川村会長だが、よくいえば「世話好き」、悪くいえば、「ちょっかいを出したがる」性格との声も強い。たとえば、他の中小プロダクションで起きているトラブルに介入し、豪腕を振るってきた。最近では、川村ゆきえの事務所移籍騒動や、若槻千夏の復帰に向けた動きの背後にも、川村会長の影が見え隠れしている。

「トラブルを解決する代わりに、タレントの権利の一部を握るわけです。そもそも、ケイダッシュの稼ぎ頭である渡辺謙も、01年に起こった借金騒動と不倫スキャンダルから救う形で、自社に移籍させているんです。ちなみに、渡辺はケイダッシュに移籍したからこそハリウッドに進出できたと思われていますが、実際はハリウッドに顔が利く、映画プロデューサーの奈良橋陽子さんに見出されたんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな川村氏の印象について、複数の芸能関係者が口を揃えるのが、コワモテであるというのと当時に、「周防氏と比べて、お金にシビア。バーニングのように、マスコミやテレビ局関係者に対して、過剰な接待や付け届けなどはほとんどしない」というもの。それはそれで結構なことだが、一方で、人気タレントの引き揚げなどを武器に、スキャンダル潰しや新人タレントを押し込んでくるなどの、大手芸能プロの常套手段は駆使するとか。「だったら、儲けた分だけ、ばらまいてくれるバーニングのほうがいい」(前出・スポーツ紙記者)という業界関係者の気持ちも、わからないでははない。

 さらに最近では、こんなこともあったという。

「川村、周防両氏の高校の先輩に当たる作家の百瀬博教氏を偲ぶ会に、田辺エージェンシーの田辺昭知社長が訪れたんです。ところが、川村会長は、いまだ田辺グループの幹部として籍を置く身ながら、弔問を終えた田辺氏を送り出したのは周防氏。こういう心配りに、両氏の器の違いを感じましたね」
(前出・芸能プロ関係者)

 川村会長には、「芸能界のドン」という称号より、「芸能界の裏番長」というあだ名が似合いそうだ。
(今上 明/「サイゾー」4月号より)

【関連記事】 若槻千夏、復帰後の受け入れ先はあの大手芸能プロ !?
【関連記事】 スキャンダルを握り潰せ!芸能プロのマスコミ対策術と必要経費
【関連記事】 ケミストリー川畑が結婚! で……あの元カノはどうなった?
【関連記事】 バカネタ・下ネタ、なんでもOK!“バラドル”急増のナゼ?

最終更新:2008/06/17 19:42
こんな記事も読まれています

新たなる“芸能界のドン”!? ケイダッシュ会長の履歴書のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真