日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大手芸能プロの圧力で抹殺 浜崎と松浦の幻のキス写真

大手芸能プロの圧力で抹殺 浜崎と松浦の幻のキス写真

20080425_hamasaki.jpgエイベックス社員の恋人とも別れた浜崎
だが……

 4月8日・15日号で1000号となった写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)。その記念号の巻頭スクープを飾ったのは「浜崎あゆみとエイベックス松浦勝人社長の『抱擁写真』」なる記事であった。同記事によれば、「99年夏に撮られた写真で、当時2人は男女の仲だった」ことをにおわせているが、ここには掲載されなかっ“ある”写真があったというのだ。週刊誌記者の話。

「当初写真は、『週刊ポスト』(小学館)と『週刊新潮』(新潮社)に持ち込まれたようですが、写真を撮った時期が古すぎてニュースバリューがないと判断したためか、金額が折り合わなかったのか、両誌とも掲載を見送ったそうです。その中には、浜崎と松浦のキス写真もあったんですけどね。それが『フラッシュ』に持ち込まれたワケですが、掲載することが松浦社長の耳に入った途端、全力で記事を止めにかかったそうです。そこで彼が泣きついたのが、芸能界のドンことバーニングプロダクションの周防郁雄社長でした」

 エイベックスだけならまだしも、業界に強い影響力を持つバーニングに逆らえば「今後の芸能記事に支障を来す」と判断した同誌は、記事を取り下げないながらも“論調を弱く”することで和解、なんとか掲載にこぎ着けた。

 だが、こうした写真が流出する背景には、エイベックスの社内事情が関係しているという。

「映画事業へ乗り出したエイベックスですが、手がけた映画のほとんどが同社の経営を圧迫するほどまでに大コケ。そのため、大量リストラが囁かれています。こうした上層部の経営方針に嫌気がさした人物がリークしたようですね」(音楽ライター)

 たかが過去の恋愛記事だと思うなかれ、そこには大手芸能プロと大手エンターテインメント企業、そしてメディアの意地とプライドをかけたバトルが隠されていたのだ。
(編集部)

【関連記事】 エイベックス・松浦氏のビックリ発言の真意とは?
【関連記事】 あゆCM降板騒動とエイベックスの台所事情
【関連記事】 浜崎あゆみまでパチンコに!

最終更新:2008/05/21 22:34
こんな記事も読まれています

大手芸能プロの圧力で抹殺 浜崎と松浦の幻のキス写真のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真