日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > ハライチ ”ツッコミ”を棄てた関東M-1新世代が生み出す「面の笑い」とは?
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第60回

ハライチ ”ツッコミ”を棄てた関東M-1新世代が生み出す「面の笑い」とは?

haraichi1227.jpg

 関西出身ではない人が漫才ネタを作る場合には、ひとつの大きな壁がある。それは、ツッコミの嘘臭さをどのように克服するか、ということだ。

 いわゆる「ボケとツッコミ」は、関西の文化である。関西人の日常会話では、相手のボケに対してツッコミを返すのが自然であり、その関係性は疑うまでもない。だから、関西芸人は、ボケとツッコミの関係性を軸にしてそのまま漫才を組み立てていけばいいのだ。

 だが、非関西芸人の場合にはそうはいかない。関西出身ではない人間にとって、「ツッコミ」とは基本的に白々しく、嘘臭いものだ。関西弁の「なんでやねん」は自然だが、標準語の「なんでだよ」「おかしいだろ」はかなり非日常的な言い回しである。非関西圏では、笑いは「ボケ」で完結される。ボケて笑って、それでおしまい。ツッコミを待つようなボケもなく、ボケにぴったり合うようなツッコミもない。

 だから、非関西芸人が漫才を演じるにあたっては、ツッコミの位置づけをきちんと考えなくてはいけない。本来必要のないもの、不自然なものをあえて入れるのだから、そこには何らかの工夫が必要になるのだ。

 そんな中で、若手の注目株であるハライチの2人は、「ツッコミをしない」という道を選んだ。彼らは、ツッコミの存在意義を根底から問い直した末に、漫才の中からツッコミを排除することにしたのだ。それによって、彼らは「ノリボケ漫才」と言われる新しい漫才の型を編み出した。

 彼らの漫才では、岩井勇気が短いフレーズで相方の澤部佑にネタを振り続ける。澤部は、岩井の妙なフリに対しても一切ツッコミを返さず、延々とそれに乗っかり続けるのである。

 ツッコミを排除したことで、彼らの漫才には独特の魅力が生まれた。ひとつは、従来のオーソドックスな形の漫才よりも笑いどころが大幅に増えた、ということだ。「フリ→ボケ→ツッコミ」という三段階で考えた場合、ハライチのノリボケ漫才とは、最終段階であるツッコミを排除して、ボケのためのフリを極限まで短くそぎ落とした形、ということになる。

 その結果、彼らの漫才では、ほとんど全ての時間が「ボケ」のみで構成されることになる。実際、澤部が演じる「ノリボケ」は、ひとつひとつがかなり長い。いわば、「点」ではなく「面」の笑いになっているのだ。そのため、ネタの間ずっと笑いが持続するのである。

 もうひとつの利点は、ツッコミ役の澤部がツッコミを放棄して延々と乗っかることで、受け手の興味をどこまでも引っ張ることができる、ということだ。ノリツッコミとは、いったん乗っかって後からつっこむ、という技法であることは誰でも知っている。だから、ツッコミ役の人間が一度フリに乗っかると、見る側はツッコミを期待する状態になる。

 だが、澤部はなかなかつっこまない。乗っているうちに岩井から新たなフリが来て、次のノリボケが作動してしまう。ノリツッコミの「ノリ」の時間をキープすることで、緊張感を保ち、見る者の興味を維持することができるのだ。

 ただ、ツッコミを排除することには欠点もある。それは、ネタが一方向だけに展開されてしまうせいで、単調になる危険性がある、ということだ。だが、ハライチの場合には、澤部の演技にアドリブっぽさを持たせて、ネタの構成にも工夫を凝らすことで、単調になるのを防ごうとしているのがうかがえる。

 12月20日に行われたM-1の決勝でも、ハライチの活躍は光っていた。「鳥人」のネタで衝撃を与えた笑い飯の直後という最悪の出番ながらも、澤部が開口一番「CM挟んで良かったですね!」と空気を切り替えてネタに入ったのも見事だった。結成4年とは思えない安定感を持って、普段通りのペースでネタをやり通すことができたのだ。

 彼らはまだ23歳。物心ついたときにはすでにM-1が行われていたという新世代の漫才師である。そんな彼らは、良い意味で漫才の伝統に縛られず、M-1のルールと時代の空気に合った新しい漫才の型を編み出すことができた。彼らの「ノリボケ漫才」とは、漫才の枠の中で「笑える時間」を極限まで引き延ばすという発想から生まれたお笑い史上空前の発明品なのだ。
(文=お笑い評論家・ラリー遠田)

konogeininwomiyo.jpg
●「この芸人を見よ!」書籍化のお知らせ

日刊サイゾーで連載されている、お笑い評論家・ラリー遠田の「この芸人を見よ!」が書籍化、11月30日に発売されました。ビートたけし、明石家さんま、タモリら大御所から、オードリー、はんにゃ、ジャルジャルなどの超若手まで、鋭い批評眼と深すぎる”お笑い愛”で綴られたコラムを全編加筆修正。さらに、「ゼロ年代のお笑い史」を総決算や「M-1グランプリ」の進化を徹底分析など、盛りだくさんの内容です。手元に置いておくだけで、お笑いを見るのがもっと楽しくなる。そして、お笑い芸人を通して現代が見えてくる。そんな新時代の”お笑い批評”をお楽しみください。

●イベントのお知らせ
ラリー遠田presents
「第3回お笑いトークラリー」
【日時】1/13(水) OPEN18:30/START19:30
【会場】ロフトプラスワン
【出演】ラリー遠田、業務用菩薩
【Guest】大谷ノブ彦(ダイノジ)
前売¥1500/当日¥1800(共に飲食代別)
※前売券はローソンチケットにて発売中(Lコード:33462)。
≪会場・お問い合わせ≫
LOFT/PLUS ONE
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL03-3205-6864
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

ハライチ「ハライチ」 [DVD]

発売予定日は2010年2月24日です。

amazon_associate_logo.jpg

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第59回】出川哲朗 稀代のリアクション芸人が「計算を超えた奇跡」を起こし続ける理由
【第58回】中川家 すべてはここから始まった!? 兄弟が奏でる「舞台芸と楽屋芸のハイブリッド」
【第57回】板尾創路 笑いの神に愛された男が泰然と歩む「天然と計算の境界線」
【第56回】清水ミチコ 対象者の心を浮き彫りにする「ものまねを超えた賢人の不真面目芸」
【第55回】とんねるず 暴れ放題で天下を取った「学生ノリと楽屋オチの帝王学」
【第54回】友近 孤高の女芸人が体現する「女としての業と生き様」
【第53回】ウンナン内村光良 受け継がれゆく遺伝子「終わらないコント愛」
【第52回】モンスターエンジン 結成2年でシーンを席巻する「高次元のバランス」
【第51回】関根勤 再評価される「妄想力」ひとり遊びが共感を呼ぶ2つの理由
【第50回】南海キャンディーズ しずちゃんを化けさせた山里亮太の「コンビ愛という魔法」
【第49回】フットボールアワー 無限の可能性を秘めた「ブサイクという隠れみの」
【第48回】ますだおかだ 「陽気なスベリ芸」という無敵のキャラクターが司る進化
【第47回】ナインティナイン あえて引き受ける「テレビ芸人としてのヒーロー像」
【第46回】インパルス タフなツッコミで狂気を切り崩す「極上のスリルを笑う世界」
【第45回】アンタッチャブル 「過剰なる気迫」がテレビサイズを突き抜ける
【第44回】おぎやはぎ 「場の空気を引き込む力」が放散し続ける規格外の違和感
【第43回】志村けん 「進化する全年齢型の笑い」が観る者を童心に帰らせる
【第42回】はるな愛 「すべてをさらして明るく美しく」新時代のオネエキャラ
【第41回】明石家さんま テレビが生んだ「史上最大お笑い怪獣」の行く末
【第40回】ブラックマヨネーズ コンプレックスを笑いに転化する「受け止める側の覚悟」
【第39回】笑い飯 Wボケ強行突破に見る「笑わせる者」としての誇りと闘争心
【第38回】笑福亭鶴瓶 愛されアナーキストが極めた「玄人による素人話芸」とは
【第37回】島田紳助 “永遠の二番手”を時代のトップに押し上げた「笑いと泣きの黄金率」
【第36回】東野幸治 氷の心を持つ芸人・東野幸治が生み出す「笑いの共犯関係」とは
【第35回】ハリセンボン 徹底した自己分析で見せる「ブス芸人の向こう側」
【第34回】FUJIWARA くすぶり続けたオールマイティ芸人の「二段構えの臨界点」
【第33回】ロンブー淳 の「不気味なる奔放」テレ朝『ロンドンハーツ』が嫌われる理由
【第32回】柳原可奈子 が切り拓くお笑い男女平等社会「女は笑いに向いているか?」
【第31回】松本人志 結婚発表で突如訪れたカリスマの「幼年期の終わり」
【第30回】はんにゃ アイドル人気を裏打ちする「喜劇人としての身体能力」
【第29回】ビートたけし が放った『FAMOSO』は新世紀版「たけしの挑戦状」か
【第28回】NON STYLE M-1王者が手にした「もうひとつの称号」とは
【第27回】ダチョウ倶楽部・上島竜兵 が”竜兵会”で体現する「新たなリーダー像」
【第26回】品川祐 人気者なのに愛されない芸人の「がむしゃらなリアル」
【第25回】タモリ アコムCM出演で失望? 既存イメージと「タモリ的なるもの」
【第24回】ケンドーコバヤシ 「時代が追いついてきた」彼がすべらない3つの理由
【第23回】カンニング竹山 「理由なき怒りの刃」を収めた先に見る未来
【第22回】ナイツ 「星を継ぐ者」古臭さを武器に変えた浅草最強の新世代
【第21回】立川談志 孤高の家元が歩み続ける「死にぞこないの夢」の中
【第20回】バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性
【第19回】劇団ひとり 結婚会見に垣間見た芸人の「フェイクとリアル」
【第18回】オードリー 挫折の末に磨き上げた「春日」その比類なき存在
【第17回】千原兄弟 東京進出13年目 「真のブレイク」とは
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

最終更新:2013/02/07 12:49

ハライチ ”ツッコミ”を棄てた関東M-1新世代が生み出す「面の笑い」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

北野武の新作撮影は前途多難

 お笑い界の重鎮・ビートたけしが、映画監督・...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真