日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「すべてはドンのため?」芦田愛菜とK-POPをめぐる芸能利権の力学とは

「すべてはドンのため?」芦田愛菜とK-POPをめぐる芸能利権の力学とは

manaashida0620.jpg『愛菜学』(講談社)

 5月31日、日本でも大人気の5人組男性アイドルグループ「BIGBANG」のメンバーであるテソン(D-LITE)が韓国・ソウルの永登浦区揚花大橋で交通事故を起こした。もともと倒れていたバイクの運転手を見つけたタクシー運転手が停車して、そこへテソンの車が突っ込んでしまうという複雑な事故だけに、現段階では状況を精査しないとどこまで責任が問われるかは不明だ。

 「テソンが事故を起こして、それが原因かはともかく、バイクの運転手が死亡したことだけは事実ですからね。BIGBANGにとっては最悪の事態を迎えていますよ」と音楽関係者も嘆く。


 実は、6月に入ったらBIGBANGは現所属レコード会社「ユニバーサルミュージック」から「エイベックス」へ移籍することが内定していた。ところがこの事故発覚で「移籍話は頓挫してしまったようだ」(前出関係者)。なぜエイベックス移籍話が出たかは後述するとして、それを説明する前に芦田愛菜に触れておかねばなるまい。まったく関係のない話のように見えるが、業界力学的には密接な関係があるのだ。

 芦田愛菜といえば、TBS系人気ドラマ『JIN-仁-』に視聴率で肉薄してきたフジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』だろう。芦田と共演の鈴木福が歌う「マル・マル・モリ・モリ!」(ユニバーサルミュージック)がエンディングにかかると数字が跳ね上がるのだから、すさまじい人気だ。

 「BIGBANG」「芦田愛菜」の共通項について、事情に詳しい芸能プロダクション関係者はこう指摘する。

 「すべて芸能界のドン絡みですよ!」

 詳細は割愛するが、昨年末に勃発した日本音楽事業者協会(音事協)の会長である尾木徹(プロダクション尾木社長)氏とユニバーサルミュージックの顧問S氏がK-POP利権を独り占めしていたことを、芸能界のドンことバーニングプロダクションの周防郁雄社長が激怒した件は知る人ぞ知る話。その手打ちの一環として、ユニバーサル所属になることが決まっていた芦田の音楽出版権を「S氏が周防氏に譲渡したそうです。それで大ブレークするんですから、ドンの威光はすさまじいですよね。あとBIGBANGのユニバーサルからエイベックスへの移籍も、K-POP利権を少しでもドンに分け与えようという配慮だったんです。エイベックスはドンの子会社のようなもんですからね。ただBIGBANGのエイベックス移籍は契約書を交わす直前の事故だったので、今はまだユニバーサル所属となっていますから、この先一体どうするんですかね?」(中堅芸能プロマネジャー)

 また、AKB48のユニットも、フレンチ・キスやDiVAといった比較的新しいユニットはエイベックスからCDを出しているが、これもドンへのおすそ分けと言われている。

 「昨今のAKB48ブームで一人勝ちしている秋元康氏へ攻撃の矛先が向かわないように、あらかじめAKBサイドがドンに権利を少しでも……ということなんでしょう。SKE48のエイベックスへの移籍も、何か関係があるのかもしれません。つまり、この業界は誰が売れようが、結局ドンへ貢物を献上しなければ成り立たない世界なんです。キレイごとだけでは成り立たないんです、これが現実ですよ」と前出のマネジャーは明かした。

 三者三様、一見、何の共通点も見当たりそうもないが芸能界の力学に組み込まれている点では、みんなバーニングプロのグループということか!?
(文=スーパー芸能記者X)

愛菜学

芸能界って怖いところだよ?

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/12 17:57
こんな記事も読まれています

「すべてはドンのため?」芦田愛菜とK-POPをめぐる芸能利権の力学とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真