日刊サイゾー トップ > 社会  > 「接客業」は闇デリヘルだった……広島・少女遺体遺棄事件で明るみに出た“闇風俗の罠”

「接客業」は闇デリヘルだった……広島・少女遺体遺棄事件で明るみに出た“闇風俗の罠”

line0808.jpgLINE

 広島県呉市の山中で、16歳の少女の遺体が見つかった事件で、広島県警は3日、死体遺棄容疑で逮捕した16歳の無職少女ら16~17歳の6人と瀬戸大平容疑者を、強盗殺人や監禁などの疑いで再逮捕した。

「瀬戸容疑者が運転するワゴンに押し込まれた被害者は車内で凄惨なリンチを受け、遺体の顔や胸などには『根性焼き』とみられる痕が複数残されていたという。事件の直前、被害者を呼び出したのは、逮捕された3人の少女のうち、直接、被害者と面識のなかった少女で、『遊びに行こう』と誘い出したというが、まさか、その少女もこんな大事件に発展するとは思ってもいなかっただろう」(全国紙記者)

 これまでの警察などの調べで、被害者と最初に逮捕された16歳の少女との間には、接客業で得た売上金の分配をめぐる金銭トラブルがあったことが判明。被害者は月に100万円近く稼いだこともあったなどと報じられているが、これまでどこのメディアも、被害者の遺族感情を配慮したこともあってか、その内容について報じなかった。だが「アサヒ芸能」(徳間書店)8月1日特大号が、その接客業が“闇デリヘル”で、最初に逮捕された少女が元締めであったことを報じている。

 最初に逮捕された少女の無料メール・通話アプリ「LINE」への書き込みがこれまで複数のメディアで報じられているが、同誌によると、その少女はLINEの中に「円光(援助交際)グループ」というコミュニティを立ち上げ、そこを訪問する男たちに登録した少女たちを斡旋。昨年、高校を中退してから、手っ取り早く金を得るために被害者ら同級生や友人を誘って客を斡旋するようになり、始めた当初に月100万円ほど稼いでいたというのだ。

 ところが、客のついた少女が金額をごまかすなどトラブルが絶えず、そうしたことに愛想を尽かした被害者と元締めだった少女がトラブルに発展、ケンカがエスカレートした。そこで、少女はLINEを通じて、面識のなかった少女2人に被害者を繁華街に呼び出させ、闇デリヘルの運転手を務めていた瀬戸容疑者の協力を得て犯行に及んだというが、地方の警察当局や保護者たちにとって、今回の件は決して他人事ではないようだ。


12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「接客業」は闇デリヘルだった……広島・少女遺体遺棄事件で明るみに出た“闇風俗の罠”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

広島県呉市の山中で、16歳の少女の遺体が見つかった事件で、広島県警は3日、死体遺棄容疑で...
写真