日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSに街宣車が殺到したワケ

「みのもんたを辞めさせろ!」『朝ズバッ!』放送中のTBSに街宣車が殺到した裏事情

asazuba1017.jpg『みのもんたの朝ズバッ!』|TBSテレビ

 大物司会者みのもんたの次男・御法川雄斗容疑者が窃盗容疑で再逮捕ののち、釈放された。ただ「釈放」といっても、無罪放免というわけではなく「前日に同容疑者がこれまで否認していた容疑を認めたことで『これ以上、勾留しておく意味がない』と裁判所に判断された」(捜査関係者)だけという。


 御法川容疑者が勤務していた日本テレビは、彼を諭旨解雇処分に。今後、実父みのもんたが経営する水道メーター会社「ニッコク」に身を寄せるとみられている。

 そんな中、『みのもんたの朝ズバッ!』を放送するTBSには一時期、連日のように右翼の街宣車が押しかけて抗議活動を行っていた。目撃した人物は「街宣車の数はそれほどではありませんでしたが、『みのもんたを辞めさせろ~!』と大きな声が響き渡っていました」と証言する。

 これにはTBSも大弱り。だが、これは別の“騒動”のとばっちりだったという。先月、「週刊文春」(文藝春秋)で、NHKの花形プロデューサーN氏が、大手芸能事務所「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長と癒着関係にあり、「モーニング娘。」の肉弾接待を受けている――という記事が掲載された。告発したのは民族派団体「大日本新政會」総裁の笠岡和雄氏。記事の真偽は不明だが、同誌の発売と前後して、東京・赤坂にあるバーニングプロ前でも連日のように街宣活動が行われていた。

「街宣の“本丸”はバーニングですが、かわいそうなことに、バーニングとTBSは目と鼻の先。要は『バーニングに行ったついでに、TBSも寄っとこか?』というノリ。くだんの笠岡氏とみのもんたも過去に軋轢があったとはいいますが、TBSにしてみたら、たまったもんじゃないですよ!」(テレビ関係者)

 このところは、すっかり収まったというが、今も“とばっちり街宣”にTBSがビクビクしていることだけは確かだ。

最終更新:2013/10/17 08:00
こんな記事も読まれています

「みのもんたを辞めさせろ!」『朝ズバッ!』放送中のTBSに街宣車が殺到した裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

大物司会者みのもんたの次男・御法川雄斗容疑者が窃盗容疑で再逮捕ののち、釈放された。ただ「...
写真