日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 芸能プロ幹部によるミスインタ“脅迫・ストーカー”問題に『ミヤネ屋』出演者が言及
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

芸能プロ幹部によるミスインタ“脅迫・ストーカー”問題に『ミヤネ屋』出演者が言及

miyaneya0110.jpg読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 昨年末に発覚した、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美さんへの大手芸能プロ幹部による“ストーカー行為”について、読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』のコメンテーターであり、同局報道局解説副委員長を務める春川正明氏が、自身のブログ(12月22日付)で「私がこのブログで取り上げようと思った理由は、事実関係はまだはっきりと分からないものの吉松さんの言う通りだとすればストーカー被害がかなり深刻であることもさることながら、メディアが横並びで一斉に沈黙を守っていることの気持ち悪さだ」と綴っている。

 吉松さんは昨年暮れ、大手芸能プロ「ケイダッシュ」の役員で、系列会社「パールダッシュ」の社長を務める谷口元一氏を、ストーカー行為による威力業務妨害で警視庁に刑事告訴。同時に、東京地裁に民事提訴したことが明らかになった。これに対して、海外メディアは敏感に反応。AP通信など複数の通信社や新聞社が“吉松さんストーカー事件”を報じたが、日本のメディアはいまだに沈黙したままだ。

 これに対して、「ミス・インターナショナル」の審査員を務めた安倍晋三総理の妻である昭恵夫人が「マスコミのみなさん、特別秘密保護法を批判するなら、彼女のことをきちんと報道してください」と暗にマスコミ批判。安倍夫人のコメントを支持する多数のユーザーからのコメントが寄せられた。それでも、マスコミは沈黙を続けている。それどころか、谷口氏と親しいあるマスコミ関係者は「吉松は、エキセントリックな悪い女。谷口氏は美人局にあったようなもの。だから、事件について報道しないほうがいい」と、さまざまなメディアを誤誘導しているという。

 吉松さんは外国特派員協会で開いた記者会見で、自身がミス・インターナショナルに選ばれた時点で、格闘技の元プロモーターにケイダッシュに連れて行かれて、所属を強要されたが、反社会的な事務所と聞いていたため、所属を断った。そのことから、ストーカー行為が始まったと真相を語っている。このプロモーターというのはSという人物で、“芸能ゴロ”といわれている札付き。谷口氏とは親しい仲だということが関係者への取材で明らかになっている。それでも、この事件にメディアは横並びで沈黙を続けている。

 春川氏はブログで「もし、ネットで指摘されている大手芸能プロダクションの影響力に配慮しているとしたら情けない限りだ」とも綴っている。

 谷口氏が役員を務めるケイダッシュの川村龍夫会長は、業界ではコワモテとして恐れられている。また、谷口氏は“芸能界のドン”と呼ばれている「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長の威光をかさに勢力を伸ばしてきた。春川氏の言う「大手芸能プロに配慮しているとしたら情けない限り」という指摘はズバリ当たっている。しかも一番配慮しているのが、皮肉にも春川氏がコメンテーターを務めている『ミヤネ屋』だ。同番組の顔である宮根誠司は、まさに大手芸能プロの庇護下にある。同番組における芸能スクープも、その力を利用して得たものが少なくないといわれる。

 数年前に他界した“芸能リポーターの元祖”といわれた梨元勝さんは、ワイドショーの専属リポーターを務めていた時、大手芸能プロの圧力に対して、クビを覚悟で番組プロデューサーと毅然として闘った。春川氏に自らコメンテーターを務める番組が大手芸能プロの影響を受けていることを認識してもらい、宮根やプロデューサーと闘ってもらいたいものだ。それが、沈黙しているマスコミに目を覚まさせるきっかけになるかもしれない。

 吉松さんのストーカー事件を風化させないためにも、春川氏に期待したい。
(文=本多圭)

最終更新:2014/01/10 12:00
こんな記事も読まれています

芸能プロ幹部によるミスインタ“脅迫・ストーカー”問題に『ミヤネ屋』出演者が言及のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

昨年末に発覚した、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美さんへの大手芸能プ...
写真