日刊サイゾー トップ > 芸能  > 不倫愛を貫く中山美穂の暴走

“芸能界のドン”もお手上げ! 事務所もコントロールできなくなった中山美穂の大暴走ぶり

mihonakayama0529.jpg『中山美穂 パーフェクト・ベスト 2』(キングレコード)

 作家でミュージシャンの夫・辻仁成と離婚協議中の女優の中山美穂だが、「女性セブン」(6月5日号、小学館)で音楽家の渋谷慶一郎氏との“お泊まりデート”を報じられてしまった。


 同誌は都内で2人が食事を楽しんだ後に“手つなぎデート”し、渋谷氏が中山の髪や頬に何度もキスする様子や、中山が渋谷氏の自宅マンションに連泊する様子を、写真とともに掲載。渋谷氏は2008年に妻を亡くし現在独身だが、周囲には中山と「一緒になりたい」と打ち明けているというのだ。

 25日からは中山主演の連続ドラマ『プラトニック』(NHK BSプレミアム)がスタートするため、本来ならば絶好の“番宣”となるはずだったが、各スポーツ紙やテレビ各局のワイドショーは、この報道を後追いせず。どうやら、中山の事務所がストップをかけていたようだ。

「『セブン』は中山の所属事務所に配慮してキレイな書き方をしていたが、完全に不倫。そのため、事務所は各社に後追いしないようにお達しした。もともと辻との離婚も、中山の所属事務所社長である“芸能界のドン”こと周防郁雄氏が止めるのも聞かずに中山のほうから切り出したようだが、その背景に渋谷氏の存在があったと疑われても仕方ない。辻といい、渋谷氏といい、中山は芸術家タイプの男にとことんのめり込んで、周りが見えなくなってしまうようだ」(芸能デスク)

 同誌が発売された時期の辻のTwitterを見ると、風邪をひいた長男の看病をしたり、中学進学について長男の担任と三者面談をしたりと、とても離婚協議中の夫とは思えぬ育児ぶり。それに対して、中山は“育児放棄”と思われても仕方ない奔放なプライベートだが、もはやその暴走ぶりは事務所も止められないという。

「離婚騒動勃発後、中山は帰国した羽田空港で報道陣にブチ切れたが、事務所が報道陣を整列させて『ここを歩くから』とお膳立てしていたにもかかわらず、そのルートから外れたため、混乱してしまった。それなのに、空港を離れる時、中山は周囲のスタッフに『なんで撮らせたの!』と、またまたブチ切れたという。先日はドラマの会見で、役柄について聞かれると『シングルマザーの気持ちが分からない』と、とんちんかんな発言で集まった報道陣を呆れさせてしまった。長い間パリにいて、完全に感覚がズレたまま仕事をしている状態で、誰の言うことにも耳を貸さなくなってしまった」(ワイドショー関係者)

 不倫愛を貫くのもいいが、このまま暴走し続けるようだと、そのうち表舞台から消えることになりそうだ。

最終更新:2014/05/29 10:00
こんな記事も読まれています

“芸能界のドン”もお手上げ! 事務所もコントロールできなくなった中山美穂の大暴走ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

作家でミュージシャンの夫・辻仁成と離婚協議中の女優の中山美穂だが、「女性セブン」(6月5...
写真