日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室、決裂の原因は東日本大震災か

“独立騒動”の安室奈美恵、所属事務所との決定的な亀裂は東日本大震災だった

amuro08s18.jpg『namie amuro FEEL tour 2013 』Dimension Point

 “歌姫”安室奈美恵に激震が走っている。先日、「週刊文春」(文藝春秋)で所属事務所との確執が報じられたのだ。

 記事によると、安室は今年5月に所属事務所「ライジング・プロ」の幹部に独立を主張し、6月には独立に向けて新しい個人事務所「ステラ88」を設立。専属契約期間について印税の配分や報酬のアップを掲げた提案書を突きつけ、現在双方の代理人同士が話し合っているという。

 安室の“育ての親”で知られる「ライジング・プロ」の平哲夫社長とは距離を置くようになり、新たなパートナーとして音楽プロモーターの西茂弘氏の名前が“黒幕”として上がっている。とはいえ、関係者によれば「安室と西氏が急接近したのは、ここ3年ほど。それ以前から安室とライジング・プロ、つまり平社長とは疎遠になっていた。ライジング側は『西が安室に余計なことを吹き込んだ』という図式にしたいようですが、実際はもっと前から安室の心は離れていたんです」という。

 その最たる例が、2011年3月11日の東日本大震災をめぐる出来事だ。震災直後の3月20日、朝刊スポーツ紙上で安室が義援金5,000万円を日本赤十字社に寄付したことが報じられた。所属事務所も「個人的に送ったようです」と事実関係を認め、安室の知人なる人物まで登場し「震災に胸を痛めて、何か自分にできないかと日々考えているようすだった」と補足している。

 これに大激怒したのが当の安室。当時を知る関係者が明かす。

「彼女のポリシーとして、義援金を送ったことは公表するつもりはなかった。それなのに、新聞で義援金の正確な金額まで掲載された。事務所側が勝手にマスコミに流したことは明らか。安室は怒りとともに『もう誰も信じることができない!』と不信感を募らせることになった」

 事務所としてはイメージアップのつもりで画策したのだろうが、完全に裏目に出てしまったようだ。

最終更新:2016/02/25 15:01
こんな記事も読まれています

“独立騒動”の安室奈美恵、所属事務所との決定的な亀裂は東日本大震災だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

“歌姫”安室奈美恵に激震が走っている。先日、「週刊文春」(文藝春秋)で所属事務所との確執...
写真