日刊サイゾー トップ > 芸能  > 業界に蔓延する“ラッスンいじめ”

ビートたけし、松本人志も「面白くない」……業界に蔓延する“ラッスンいじめ”

86bazookas0309.jpg『ラッスンゴレライ』よしもとアール・アンド・シー

 リズムネタ「ラッスンゴレライ」で人気沸騰中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーに逆風が吹き荒れている。といっても、世間ではなく大物芸人から「面白くない」とダメ出しが相次いでいるのだ。

 8日放送のTBS系バラエティー番組『北野演芸館』では、ネタを見た“支配人”のビートたけしが「バカ大学の文化祭」と一刀両断。コンビが「ラッスンゴレライ~」と歌い始めたのも束の間、わずか30秒で幕を下ろし、ネタを強制終了させた。

 これにはガダルカナル・タカも「これから多分、良くなるんですよ。あのリズムが良くなってきて“ラッスンゴレライ”の意味も分かってくるんじゃないですか?」とフォローするのがやっと。たけしは「じゃあ、次の時出そう」と最後まで素っ気なかった。

 同様にダウンタウンの松本人志も先月のフジテレビ系『ワイドナショー』で言及し「別におもろくはない」と辛口コメント。続けて「これは曲ですよ。みんなやりたがる、手拍子したくなる。『ダメよ~ダメダメ』も一つの曲です」と持論を展開。“ラララライ体操”でブレークした藤崎マーケットを引き合いに出し「藤崎マーケットを最初に見たとき『大丈夫か』と思った。あれ(リズムネタ)がひとり歩きして、あれが落ち着いた後、今はネタおもろいですよ」と述べた。

 お笑い界の大物2人にダメ出しされた8.6秒バスーカーの胸中は察するに余りある。だが、この業界は「売れてナンボ」の世界。一発屋だろうが、何だろうが大ブレークしたことは事実で、それを全否定するお笑い界の風潮には疑問も残る。むしろネット上ではたけしや松本に対し「おまえらの方が面白くねーよ」という声も飛んでいる。

 ある放送作家も「8.6秒バズーカーの2人はリズムネタを否定され、落ち込み、このまま消えていくんじゃないかと恐怖で怯えている。そうさせたのは世間ではなく、この業界。評価してあげるところはしてもいいんじゃないか」と一石を投じる。


12

ビートたけし、松本人志も「面白くない」……業界に蔓延する“ラッスンいじめ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

リズムネタ「ラッスンゴレライ」で人気沸騰中のお笑いコンビ・8.6秒バズーカーに逆風が吹き...
写真