日刊サイゾー トップ > 芸能  > 読モがキャバ嬢転身でさげぽよ?

さげぽよ!? “薬物疑惑”で解雇の元「egg」モデル川端かなこ、キャバ嬢に転身していた

agepoyo0409s.jpg「egg120%ろみかな」大洋図書

 川端かなこ(25)……若い人ならピンとくる名前であろう。ギャル系ファッション誌「egg」(大洋図書)で看板モデルを務め、「あげぽよ」や「M字バング」といった流行語を生み出したギャル界の“カリスマ”である。かつては、舟山久美子(23)や小森純(29)と並んで、多くのメディアに取り上げられた。

 底抜けに明るいキャラクターと個性的なファッションで多くの若者の人気を博した川端だが、その一方で、暴力団関係者と思われる人物との交際や、渋谷のクラブでの薬物使用疑惑が浮上。2013年には「度重なる素行不良と重大な契約違反」を理由に事務所との契約を解除され、表舞台から姿を消してしまう。

 そんなカリスマを、意外な場所で発見した。なんと現在、川端は歌舞伎町のキャバクラ「アマテラス」で、キャストとして勤務しているという。源氏名も、モデル時代と変わらず「川端かなこ」のまま。彼女のブログには、お店での華やかな様子や写真が掲載されているが、お店のホームページを見る限り、看板キャバ嬢というわけでもないようだが……。

「実は、歌舞伎町のキャバクラには川端だけでなく、利光マリカや桜井野の花など、読者モデル出身の売れっ子キャバ嬢が数多く在籍しています。やはり、かつての知名度もあって人気を集めていますが、モデル時代との格差からか、気苦労が少なくないようです」(ファッション誌関係者)

 川端のTwitterにも「飲みでストレス発散していたのに、毎日毎日仕事で飲む。風邪ひいた時しか休めない。」「寝れない寝れない寝れない寝れないいー なんで?眠いのに?寝れない? もーやだやだやだ」などと、キャバ嬢として生きる現在の悲痛な叫びがつづられている。

 どうやら、カリスマモデルから、人気キャバ嬢になる道は“あげぽよ”とはいかないようだ。

最終更新:2015/04/08 20:00
こんな記事も読まれています

さげぽよ!? “薬物疑惑”で解雇の元「egg」モデル川端かなこ、キャバ嬢に転身していたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟『RIZIN』揃い踏みへ!

川端かなこ(25)……若い人ならピンとくる名前であろう。ギャル系ファッション誌「egg」...
写真