日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみが号泣&弱音連発

浜崎あゆみがNHKで号泣&弱音連発「LAで惨めに……」 空港芸から“泣き芸”へキャラ変も話題にならず

ayu1023.JPGこの頃のあゆはもう……。/「ViVi」2013年12月号より。

 歌手の浜崎あゆみ(36)が、8日放送の音楽番組『SONGS』(NHK/23時30分~)に出演。11年ぶりにテレビ番組のロングインタビューに応じ、本人の再三の予告通り、涙をみせた。

 2013年に渡米したものの、昨年、活動の拠点を日本に戻していた浜崎。その理由について、「(日本を)離れてすぐにわかったのは、すごく置いてきてしまったっていうか……」と語り、カメラの前で号泣。両目から流れる涙を拭いながら、「長い間そばにいてくれたみんなを置き去りにしてきちゃったなって。自分の勝手さとか弱さとか、それで惨めになったり、悲しくなったり、反省したりっていうのをLAでずっと繰り返してて。これじゃダメだと思って、日本に帰ろうって」と振り返った。

 さらに、渡米時は「日本から逃げていた」という浜崎。当時を反省している様子で、「その時間があったんだから、その何百倍も努力して、そばに行かないといけない」と決意を明かした。

 浜崎といえば、先月25日に自身のTwitterで「SONGSのインタビュー収録終了! あー号泣してもた、、、_| ̄|○ 開き直って鼻水拭きながら歌の収録へ向かってます!!」と、同収録で泣いたことを報告したほか、今月2日にも「SONGSのオフラインをチェックしてたら泣いてしまった。周りを見たらスタッフチームも泣いてた。これやばいわ、観るしかないやつね」などとツイート。さらに、最近は「何もかも全てが上手くいく事なんてないよね。それが生きてくって事かな(略)そう思ってなきゃやってらんない夜もある」などと、アンニュイな投稿を繰り返している。

 また、先月28日発売の雑誌「Numero TOKYO」(扶桑社)のインタビューでも、「あまりにも情けなくて、日本に居られなかった」「自分でも『これ、仕事がしにくいじゃん、違うでしょ』って、内心気づいてはいた」などと、これまでになくしおらしい発言を連発。どうやら、渡米をきっかけに、髪形や体型のみならず、キャラまでも大きく変わってしまったようだ。


12
こんな記事も読まれています

浜崎あゆみがNHKで号泣&弱音連発「LAで惨めに……」 空港芸から“泣き芸”へキャラ変も話題にならずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...…
写真