日刊サイゾー トップ > その他  > 山里亮太がアイドルに飽きていた

山里亮太が“アイドルに飽きた”は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言

nankaicandies_01_160102.jpg吉本興業株式会社HP「南海キャンディーズ」芸人プロフィールより

【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 南海キャンディーズの山里亮太といえば、芸能界の中でも、指折のアイドル好きとして知られているが、その山里がアイドル専門誌「B.L.T.」(東京ニュース通信社)3月号で行った鼎談がファンの間で話題を呼んでいる。

 相手は、メジャーからインディーズまで数々のアイドルをインタビューし続けてきた吉田豪、アイドルへの楽曲提供も盛んに行いつつ、熱狂的アイドルファンを自認する小出祐介(Base Ball Bear)で、「2015年のアイドルシーンを振り返る」というものだった。

 さぞかし、盛り上がっているのだろうと思って読んでみたら、山里のテンションがあまりにも低いのだ。のっけから彼はこんなことを語りだす。

「じつは、今日、お2人に会うのが怖かったんですよ。俺、なに語ればいいんだろう、って」
「たぶん豪さんも序盤から気づいてると思うけど、『こいつ、すげー昔の話しかしないな』って」

 山里がアイドルに飽きているのではないかという疑惑は、かねてよりアイドルファンの間では囁かれていることではあったが、彼はここで遂にそれを認めてしまったのだ。かつては、あんなに熱くアイドルについて語っていたのに──。

 実際、語るのは2015年の話でなく、昔話ばかりだ。

「AKB48も『スッキリ!!』で取り上げてもらおうと思って、小さいニュース原稿を自分で書いたりしていましたね。当時はそれくらい熱があったんですよ。もうみんなにバレてるから『熱があった』って言っちゃうけど」
「もう一度、自分の中にあのときの熱が戻らないかな?って思いながら、今に至るんです」


123
こんな記事も読まれています

山里亮太が“アイドルに飽きた”は本当だった! 吉田豪・小出祐介との鼎談で「あのときの熱はない」発言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

立川志らく、落語界からは大酷評

 秋の番組改編で、低視聴率が続く朝の情報番組...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真