日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 「日本は人種差別撤廃の提案を行った尊い国」vs「強姦事件の犯人は在日外国人ではないか」 百田尚樹の強烈な矛盾
【messy】

「日本は人種差別撤廃の提案を行った尊い国」vs「強姦事件の犯人は在日外国人ではないか」 百田尚樹の強烈な矛盾

 本サイトを読まれる方が日頃手にすることがないであろうオヤジ雑誌群が、いかに「男のプライド」を増長し続けているかを、その時々の記事から引っ張り出して定点観測していく本連載。

 千葉大医学部の男子学生3人による集団強姦致傷事件で、当初、千葉県警は発生した日時や逮捕者の氏名を発表しない措置をとっていた。後に逮捕者名が明かされたが、しばらくの間公表されなかった理由は明確ではない。遅れて実名発表に踏み切った理由を県警は「捜査の見極めがついた」「被害者の理解が得られた」(『FRIDAY』12月23日号)としているが、これで説明が尽くされたとは言い難い。

 ある事件が起き、実名が公表されていないと分かった途端にひとまず「在日だ!」と叫んでみる一定層が主にネットで息をしていることに、慣れてはいけないとは思いつつも慣れてしまっているが、その手の戯言を煽るように「オレもぶっちゃけたるわ」と勇んで存在証明に励む物書きがいるのはいただけない。百田尚樹氏は先述の事件について次のようにツイートしている。

「千葉大医学部の学生の『集団レイプ事件』の犯人たちの名前を、県警が公表せず。犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする。いずれにしても、凄腕の週刊誌記者たちなら、実名を暴くに違いないと思う。」(11月24日)

 「犯人は在日外国人ではないかという気がする」は推察ではなく偏見、ヘイトスピーチそのものである。Twitterの規約に記された「特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為:人種、民族、出身地、信仰している宗教、性的指向、性別、性同一性、年齢、障碍、疾患を理由とした他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長を禁じます。また、以上のような属性を理由とした他者への攻撃を扇動することを主な目的として、アカウントを利用することも禁じます。」に照らせば、アカウントを停止すべき事象だろう。ましてや彼は同様の発言をいくらでも繰り返してきたのだ。

 しかし百田氏は、自分のツイートが「他者への暴力行為、直接的な攻撃、脅迫の助長」だとは思っていらっしゃらないようで、

「私は犯人が公表されない理由の一つを推論したにすぎない。しかも民族も特定していない。こんな言論さえヘイトスピーチなのか。」(11月25日)
「集団レイプ犯人が公表されない理由のひとつとして、『在日外国人ではないか』と推論したことがヘイトスピーチにあたるなら、何かの犯罪で、『犯人は男性ではないか』と書けば、男性差別のヘイトスピーチにあたるのかな。」(12月1日)

 と、ツイートを続けている。

 当初のツイートも言い訳のツイートも双方の質が粗いので、通して読むと理に適っていると錯覚しそうになるが、ヘイトスピーチとは「マイノリティの人間としての尊厳を否定する言葉の暴力」(師岡康子)であるし、Twitterの規約は「他者への攻撃を扇動することを主な目的」とする言葉を禁じるとあるのだから、「在日外国人」と「男性」を同軸で比較できるはずがない。自分のリテラシーがいかに瓦解しているかを率先して知らせてくれているわけだが、『Voice』2017年1月号の百田尚樹vs竹田恒泰対談にこのような発言を見つけた。見出しには「日本のモラルは世界最先端」とある。

「最後に、これだけは言わせてください。第一次大戦後、日本は人種差別が当たり前だった時代に、パリ講話会議の国際連盟委員会で人種差別撤廃の提案を行なった」
「そんなことは誰も言わない時代に、日本だけが人種の平等を主張した。じつに尊い振る舞いです。つまり日本のモラルは世界最先端だったのです」

百田尚樹(百田尚樹vs竹田恒泰「鋼の日本が世界を導く」/『Voice』2017年1月号)

 ご自分の話を投げかけていただきたいのは、もちろんご自分に対してである。来年の日本が臨むべきこととして「長く続いた平和の幻想から目覚め、鋼の意志で世界の新しい秩序形成の役割を担っていくべき」と対談を締めくくっている彼には、「強姦事件の犯人は在日外国人ではないか」という見解と、「日本は人種差別撤廃の提案を行った尊い国」という言及がシンクロしないらしい。まったく不思議である。罵詈雑言を撒布するご自身の性分を自分で“鋼のメンタル”だと許しながら、史実を引っこ抜いて日本人は尊いとまとめる。好都合な理解のために「日本人」が使われているようで虚しい。

 ましてやこの同じ対談の中でも、韓国人は「いまだ韓国が日帝統治の下にあると思っている」と気づいた、「自分たちは日本人だと思っているから、日本政府に対して口を出すのは、当然だと考えている。だから日本に住んでいる韓国人は選挙権をくれと言ってる(笑)」と実に乱雑に人種を扱っている。持論とかみ合わない論旨を押し並べて愚かなる意見だと跳ね返す話者なので、そうならないように、ご自身の発言をご自身にぶつけてみるが、こんな発言も日本人としての「尊い振る舞い」に抵触しないのだろうか。

 対談相手の竹田恒泰氏といえば、今年の5月、武蔵野市のライブハウスで出演者女性に20カ所以上を刺す残忍な事件が発生した直後、このようなツイートをしている。

「小金井ライブハウス殺人未遂事件で逮捕された人物は『自称・岩埼友宏容疑者』と報道されている。自称ということは本名でないということ。なぜ本名で報道しない?ここが日本のメディアのおかしいところ。臆する必要はない。本名で報道すべき。これは私の憶測だが、容疑者は日本国籍ではないと思われる。」(5月22日)

 先述の百田氏のツイートとまったく同じ構図をしている。犯人が特定されていない凶悪犯罪が生じると、「犯人は日本人ではないのでは」という憶測を誘発するのがこういった面々なのである。何かと「日本人」という主語を背負いながら、そうではない人たちを嫌悪する弁舌を撒く快感に酔いしれているが、この程度でヘイトスピーチとされてたまるかという誤った男気で同志と抱き合い、最終的に「俺たち、そういう芸風だから」に落ち着かせる彼らの感覚。「日本だけが人種の平等を主張した。じつに尊い振る舞いです」と「私の憶測だが、容疑者は日本国籍ではないと思われる」が共存できる理由がどうしたって見つからない。

 2016年も瞬間風速で様々な事件が消費されていったが、だからこそ彼らのような「味付けの濃い憶測」が瞬間的な賛同を得てしまう。眼前に広がる事象に対する即物的な嘲笑がヘイトスピーチになりうることを、いつになったら気付くのだろうか。人種差別撤廃の提案をした「日本人として」、真っ先に成すべきは史実を使った言い訳ではなく、その「尊い振る舞い」をご自分に染み渡らせて考え直すことではないのか、と指摘したい。自分の振る舞いこそ真っ先に「尊い」からこぼれ落ちている。

最終更新:2016/12/16 07:10

「日本は人種差別撤廃の提案を行った尊い国」vs「強姦事件の犯人は在日外国人ではないか」 百田尚樹の強烈な矛盾のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

本サイトを読まれる方が日頃手にすることがないであろうオヤジ雑誌群が、いかに「男のプライド...
写真