日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 離婚イジリを売りにする小倉優子

これが小倉優子の生きる道? 芸人からの執拗な「離婚イジリ」で新たなママタレ路線へ 

これが小倉優子の生きる道? 芸人からの執拗な「離婚イジリ」で新たなママタレ路線へ の画像1

 芸能界の「ママタレ枠」は群雄割拠。パッと思い浮かべるだけで木下優樹菜、辻希美、ギャル曽根、北斗晶といった面々が出てくる。この過酷な“椅子取りゲーム”は一筋縄ではいかず、もはや正攻法で風穴を開けるのは困難な状況だろう。

 そんな中、異彩を放ったのは6月8日放送『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した小倉優子だ。

 通常、シングルマザーとなった女性タレントに対し、正面切って離婚の事実は切り出しにくいはず。モラルを踏まえてスルーに徹するパターンもあるだろうし、“イジり”に踏み切るとしてもチラッと触れる程度がせいぜいだ。

 しかし、小倉が出演したのは、とんねるずの番組。彼ら特有のデリカシーのなさからか、この日の小倉は離婚をつまみにしたイジりを終始受け続けた。

■とんねるずの目の前で“前のダンナ丼”を振る舞う

 今回、小倉が登場したのは「失敗したらダイジェスト! チャチャッとキッチン」なる企画。「家丼」をテーマに、各出演者が自宅でチャチャッと作れるオリジナルの丼料理を披露するコーナーである。また、「失敗したらダイジェスト」のタイトルが示す通り、料理に失敗したらオンエアではダイジェスト扱いの憂き目に遭ってしまう新ルールが、この日から付け加えられている。

 MCを務めるおぎやはぎ・小木博明から説明が行われるや、とんねるずの2人がいきなり口火を切る。

石橋「人生と料理は、失敗がつき物ですからね」
木梨「えっ、ゆうこりんの話?」

 ちなみに、小倉が作った丼料理のタイトルは“小倉家のハッピー豚丼”。「ハッピーじゃないイメージがついちゃってるので、私が作る料理はハッピーだということを今日は知っていただきたいと思いまして」という彼女の意志が反映されている。しかし、ここでも「“前のダンナ丼”だっけ?」と口を挟む木梨。

 豚のみならず、玉ねぎや2色のパプリカも色鮮やかで、“小倉家のハッピー豚丼”の見た目はすこぶる華やかだ。

小倉「やっぱり、黄色ってハッピーかなと思って」
石橋「泣いちゃう! 黄色いパプリカ見るだけで涙が出ちゃう(泣)」
小木「いちいち悲しくなりますね」


12
こんな記事も読まれています

これが小倉優子の生きる道? 芸人からの執拗な「離婚イジリ」で新たなママタレ路線へ のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯にサッカー関係者困惑

 ラグビーW杯で日本代表の快進撃が続いている...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

芸能界の「ママタレ枠」は群雄割拠。パッと思い浮かべるだけで木下優樹菜、辻希美、ギャル曽根...
写真