日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 豊田議員にビートたけしが緊急提言
週刊誌スクープ大賞

「このハゲー!」豊田真由子議員に、ビートたけしが緊急提言「ポコチン、コーマンを連呼せよ!」

 7月5日の夜、カミさんと松居一代&船越英一郎の話をしていた時、一通のメールが届いた。

「突然ですが、Aさんの奥さんが今朝飛び降り自殺をしました」

 目が釘付けになった。Aは古い友達である。奥さんとは会った記憶はないが、いったい何があったのだろう。深夜、こういうメールが届くと心が震える。

 松居一代(60)とは私が現代編集長の頃だから、20年ぐらい前に会ったことがある。そのときは、彼女の子どもがひどいアトピーで、アトピーを治すためにいろいろの病院を回り、あらゆる本を漁って研究していると、熱く語っていた。

 私の子どももアトピーがひどく、その後、いろいろアドバイスをしてもらったと記憶している。

 離婚した後で、船越英一郎(56)と再婚する前だったが、思い込みが激しく、こうと思ったら何がなんでも突き進んでいくタイプで、こういう女性と結婚した男は大変だろうなと思った。

 船越のことはほとんど知らないが、父親の船越英二は好きな俳優だった。日本のマストロヤンニといわれた美男俳優だったが、1959年(昭和34年)、大岡昇平原作、市川崑監督の『野火』に主演して、極限状況の敗残兵を演じ映画賞を総なめにした。

 親父に比べて息子は線が細い気がする。そうした男は松居のような気の強い女に魅かれがちだが、この結婚は当初から波乱含みだったと文春が報じている。

「船越家は由緒ある家柄で、英一郎は三十四代目の当主。父で昭和の名優だった英二さんは、後継ぎとしてひとり息子の英一郎に大きな期待をかけていたこともあり、バツイチで子連れの松居との結婚には猛反対。英一郎の両親は結婚式に参列せず、英二さんは07年に亡くなるまで一度も松居と会うことはなかったのです」(船越家の知人)

 松居によれば、船越が両親に松居と結婚したいというと、父親は日本刀を抜いて「親を捨てて女を取るのか」といったそうだ。だが、親に勘当されても愛を貫くという生きかたもある。

 2001年に結婚して“円満”そうに見えたが、11年ごろ、船越が自宅から徒歩1分のところに「支度部屋」を購入した頃から2人の間に波風が立ち始める。

 そして15年に、船越側から離婚の意思を伝え、彼女側は拒否したため完全な別居状態が始まったという。

 船越が離婚を望んだ最大の理由は、松居の「執拗なDV」だそうだ。船越と他の女性とのメール履歴を見つけた松居は、携帯電話を沸騰した鍋に入れて破壊。さらには「離婚する」といって暴れ出し、ハンガーで船越の頭を殴りつけ、台所から持ち出してきた包丁を船越に向けたそうだ。

 椎間板ヘルニアを患って入院していた船越に馬乗りになって、「さっさと電話をよこせ」と怒鳴り、胸ぐらを掴んでベッドに叩きつけた。

 船越が知り合いの女性と他愛のないメールを送っていたのを松居が発見して激昂し、船越の頭を10回以上殴りつけたなどなど、すさまじいDVがあったと、船越の知人が話している。

 07年、船越の父・英二が亡くなった時、松居は船越に「アイツは私にたてついていたから、呪い殺してやった」といった。

 自著の出版記念会で、亡くなった川島なお美と船越が付き合っていたことを暴露し、非難された時も、松居は「死んだ女がどうなろうと自分には関係がない。本が売れればいいのよ」といい放ったという。

 松居という女性はバカではないから、彼女にもいい分がある。船越が糖尿病を発症したとき、おカネより健康が大事だから治療を受けるよういったが、健康食品のCMが入ったばかりだったから頑として受けなかった。

 糖尿病があるから、船越とは10年近くセックスレスだが、私は船越を愛していたから、手をつないで寝るだけで幸せだった。糖尿病の合併症で2度顔面麻痺を起こし、激ヤセしたのが心配だった。

 浮気されるより船越の身体が心配だった。しかし船越はバイアグラを大量に飲んで不倫していた。それも松居の親友と。

 松居は2人が密会をしているところを突き止め、そして彼女はこう決めたという。

「私は絶対に船越英一郎を許さないと。彼は私をとんでもない悪妻に仕立て上げて、自分を被害者のようにして離婚しようとしている。(中略)絶対に嘘をつかないというのが私の信念です。だから今回、きちんと(文春に=筆者注)お話ししたのです」

 両者のいい分は真っ二つ。松居は自分のブログで動画を配信し、船越の不実を詰り自殺すると語ったりしている。

 松居は中途半端な妥協はしないだろう。船越には同情しないが、怖いだろうなこういうカミさんを敵に回したら。結婚は人生の墓場とはよくいったものである。

【巻末付録】

 現代、ポストともに合併号だから、記事よりグラビアに力が入っている。

 ポストは、巻頭で「森高千里 『青春を、もう一度』」。もちろんヌードではない。

 売りは後半の「100人のイキボイス」である。QRコードや書かれているURLにアクセスすると、ここにいる100人の「いくときの声」を聴くことができるというもの。お暇な方はどうぞ。

 見ながら夏だというのに寒気がしてくるのは「ジャズシンガー 真梨邑ケイ、還暦迎えてAV出演」である。還暦にしてはいい体だとは思うが……。

 お次は100人の「お尻総選挙」を制したという麻里梨夏の「原寸大 日本一のお尻」。袋とじは「真夏のアンダーヘア大研究 2017 陰毛の向こう側が見えてきた!」

 ラストは「2017ミス湘南グランプリが魅せた限界セクシー 江藤菜摘」。おまけは元おニャン子クラブ、デビュー30周年の挑戦「渡辺美奈代 47」。47歳にしてはかわいらしい。

 現代へ行こう。巻頭は「時をかけて 原田知世」。50歳目前の原田だが、まだまだおいしそうだ。

 後半は「NHK朝ドラ『ひよっこ』主人公の先輩・幸子役で大ブレイク 島藤子」。なかなか目力のある表情のいい子だ。

 次は「アイドル・ヌードの新星 桃乃木かな」。袋とじはまだやるのかと思わざるを得ない「叶恭子 女神のヌード」。もう見飽きたな。

 もう一つの袋とじは「濃艶バディを完全撮り下ろし 柏原芳恵」。12年ぶりの撮り下ろしだそうだ。

 ところどころ年がにじみ出ている写真はあるが、なかなか引き締まったボディで、かつて皇太子もファンだった頃の面影は残っている。これはスクープといっていいだろう。

 徳間書店から写真集が7月21日に発売される。

 今週は柏原芳恵の写真集を載せた現代の勝ちである。
(文=元木昌彦)

最終更新:2017/07/10 21:00
12345
こんな記事も読まれています

「このハゲー!」豊田真由子議員に、ビートたけしが緊急提言「ポコチン、コーマンを連呼せよ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

今週の注目記事・第1位「船越英一郎が松居一代に離婚調停<全真相>-『一億円を振り込みなさ...
写真