日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 江角マキコ、不倫報道による引退から8カ月――まったく近況が聞こえてこないワケ
サイゾーウーマン

江角マキコ、不倫報道による引退から8カ月――まったく近況が聞こえてこないワケ

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋20年の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者

■松居一代騒動の“落としどころ”

A 前回は「泰葉が大変なことになってる」というお話をしましたが、松居一代に話題を持っていかれましたね(笑)。

C 最初こそ、Webニュースと週刊誌が「どうかしたの?」くらいに触れる程度の話でしたが、松居が船越英一郎の不倫を暴露してからは、スポーツ紙とテレビが参戦してきて、一大ニュースになりました。

B 渡辺謙の不倫釈明会見がかすんじゃった。いや、話題にならないように、あえて松居の騒動にかぶせて会見を開いたのか。

A 誰もがそう思いますよね。実際、そこそこ効果はあったんじゃないかと思うくらい、松居の方のインパクトが強くて。

B スタート時こそ、メディアは松居というモンスターの動向をおっかなびっくり追いかけてたけど、最近では、船越・ホリプロVS松居の構図になってきたね。

A 船越側が訴訟に踏み切りましたからね。これって、やっぱり松居側からの暴露を恐れてということなのでしょうか?

B きっとそうだよ。当初は「相手にしない」っていうスタンスだったものの、ハワイの女性に大宮エリーと、どんどん名前が出てきちゃったから。船越は今の仕事を全部失ってもいいから、松居と白黒つけるって道を選んだと。

C 「俳優生活をなげうってでも離婚したい」と離婚調停に踏み切った、高嶋政伸みたいですね(笑)。

B 世間では、松居を支持してる人より、船越に同情してる人が明らかに多い気がするな。

A でも、船越が不倫をしていないとも思えませんよね。松居は「確固たる証拠」を持っているようですし。

B それを武器に、果たして松居は何をしたいのか。やっぱり最大の目標は、船越本人というより、「メディアに圧力をかけている」とホリプロを攻撃したいのかもね。

C それがイコール、一番船越を困らせられる、と。案外この件は、船越ではなくホリプロが白旗をあげれば、あっさりと解決するのかもしれません。

A でも、世間はもう飽きつつありますよね。メディアもそこまで本気では追わなくなってますし。

C 今やテレビだけですね。でも、テレビがやるのはある意味仕方ないですよ。まだまだ視聴率は取れるので。

B そうなんだ?

C 松居の動向をつかんで執拗に追い回し、ついに独占インタビューに成功した『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)は、平均視聴率5.5%(ビデオリサーチ、関東地区)を獲得しました。これは、普段の5割増しの高視聴率です。加計学園問題を中心に取り上げていた7月27日の放送は、2.4%止まりでしたもん(笑)。

C まだまだ需要はあるってことですね。間違いなく今年の芸能界で、一番のニュースです。

■今年のトレンドは“不倫”より“引退”?

A 年明け早々に江角マキコが引退しましたが、きっかけは不倫報道ですよね。

C 本人は完全否定し、「女性セブン」(小学館)での釈明インタビューをもって、芸能界を引退と。その後、続報はまったくありません。

B 江角はまだ“芸能界の守護神”といわれる弁護士事務所がバックについてて、マスコミも報道しづらいんだよ。ちょっとでも取材をかけると、すぐ弁護士から「ウチを通してください」と連絡がきますし。

A ジャニーズやバーニングを担当している弁護士事務所ですよね?

B そう。だからどこも記事にしないんだよ。面倒だから(笑)。

C 芸能界を引退して一般人になると、芸能人と違って配慮が必要だから、記事にしないんだと思ってました。堀北真希や、元乃木坂46・橋本奈々未を取り扱わないのは、そういった理由からですよね。

A 江角の場合は、ちょっと事情が違うんですよ。

C 今年はほかにも、清水富美加が出家してそのまま事務所と契約終了、山本裕典が「契約内容に違反した」として、契約解除となるなど、芸能界から引退するタレントが続出。淫行騒動の小出恵介も、まぁ事実上の引退ですし。

B 清水はかなりのレアケースだけど、本人は幸せそうだったよ。先日は、東京ドームで幸福の科学の映画主題歌のお披露目をしていたし。

A あの現場、大変でしたよ。清水の出演が終わってマスコミが帰ろうとしたら、「大川隆法総裁が壇上から降りるまでは、マスコミの方々も退場できません」って(笑)。結局最後まで会場に残らされました。

C それはご苦労様でした……。

(後編につづく)

最終更新:2017/08/09 15:45
こんな記事も読まれています

江角マキコ、不倫報道による引退から8カ月――まったく近況が聞こえてこないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ここがヘンだよレコード会社

 今年3月、麻薬取締法違反容疑で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の実刑判決が言い...…
写真