日刊サイゾー トップ > その他 > ウーマン・ウェジー  > 中絶件数が出産件数を上回る40代後半
【wezzy】

“卵子の老化”で油断!? 中絶件数が出産件数を上回る40代後半

意外に多い50代出産

 政府主導の”「卵子の老化」キャンペーン”では、「老化」によって歪んだ卵子の映像と、年齢とともに下がる出産率のグラフがツールとして活用されている。自然に任せた場合の信頼に足る出産率のデータなど存在しないので、代わりに体外授精を行った場合の数値が示されるのだが、例えば「36歳16.8%、40歳で8.1%、42歳で5%、45歳で1%以下」といった具合である。

 2012年2月に放送され、その後書籍にもなった「産みたいのに産めない 卵子老化の衝撃」(NHK『クローズアップ現代』)では、名古屋市立大学大学院教授の杉浦真弓氏が「卵子は胎児のときに最も数が多くって、そして50歳でゼロになるまで、どんどん減少していくんですね」と説いていた。しかし世間を見渡してみると、40代後半や50代で出産している女性もチラホラいる。卵子の数が「50歳でゼロ」というのは言い過ぎではないか。

 もちろん、40代前半と比べると、40代後半の出生数は激減する。それでも2015年度(1)の40代後半の出生数は1,307人。人工妊娠中絶をした人は1,340人いる。 子どもが欲しくても妊娠しない女性たちがクローズアップされるが、私たちが思っている以上に40代後半になっても妊娠する女性はいるということだろう。

 なお30代後半の出生数は228,919人、中絶数は31,765人と、出生数が中絶数を大きく上回り、40代前半でも出生数が53,261人、中絶数が16,368人と、やはり出生数の方が上回る。つまり、40代前半までは出産する人の方が中絶する人よりも多いが、40代後半になると(僅差だが)中絶する人の方が多くなるのだ。ここには、「40代後半の出産は望ましくない」という、妊娠した本人のみならず、家族や世間など多くの人たちの考えが表れている。実際、40代後半の妊娠で受診すると、医師から「妊娠を継続されますか?」と中絶を前提とした話をされることがある

 50代についてはどうだろう。判明しているだけで、2015年度の50代女性の出生数は52人、中絶した女性は18人いる。40代後半では中絶数が出生数を上回ったが、意外なことに50代では出生数の方が多い。出生数とは、無事に生まれてきた赤ちゃんの数である。単に「中絶」と言った場合、流産や死産も含まれるが、ここでは「人工妊娠中絶」だけを指している。したがって、残念ながら流産や死産してしまった女性も含めれば、つまり“妊娠した女性の総数”ということになると、もっと多数に上るはずだ。

 50代の人工妊娠中絶に関しては、「もう妊娠しないだろうという油断から避妊を怠った結果」という意見が聞かれる。たしかに卵子の数が「50歳でゼロ」だと聞けば、油断もしたくなる。とはいえ、実際には50代女性の多くが避妊をしているのではないだろうか。もし避妊をしていない人の割合が高ければ、50代の妊娠はもっと多いはずだ。というのも、避妊をせず自然に任せると、50代女性でも妊娠することが少なくないということが、過去の統計から読み取れるのだ。

大正時代の40~50代女性はもっと妊娠していた

 日本全国の年齢別出生数について確認できる最も古い統計は、1925(大正14)年のものだが、この年、女性の総人口が現在の半分以下であったにも関わらず、40代後半女性の出生数は14,389人、50代女性の出生数は3,648人だった(2)。

 当時は、女性は若いうちに結婚し、その後は閉経まで産み続けることが当たり前だった(多産で月経回数が少なく“卵子を節約”できたため、高齢になっても産めたということもあろう)。そして、かりに「妊娠したくない」と思ったところで、有効な避妊法も存在しなかった(性病予防が主目的だったコンドームが、避妊用として普及するのは戦後のこと。「コンドームの歴史」については、機会を改めて書きたい)。子どもの数をコントロールしようとした場合、生まれた子を間引くという方法が取られることが多く、出産直後の乳児を産婦自身や産婆が窒息死させるといったことが行われていた。このように闇に葬られた乳児の数も入れれば、50代の出生数は統計に残っている数よりも、かなり多かったと考えられる。

 大正時代には、都市から地方へと徐々に電灯が普及するのだが、その時期と出生率が低下しだした時期が一致する。夜が暗かった時代、言い換えれば「他にすることがなかった時代」は性交の頻度が高く、その結果として子どももたくさん生まれていたのかもしれない。

 〝高齢出産〟の医学的弊害が説かれることもなく、なにしろ40代後半を過ぎても出産する女性がたくさんいたため、年齢を殊更意識することもなかったのだろう。さらに言えば、出産にともなう危険性は〝高齢出産〟に限られていなかった。例えば、妊産婦死亡率(10万人あたりの死亡数)は2014年の2.7に対し、1925年は285.4(3)。お産による死が今よりも身近であったにも関わらず、女性たち自身が妊娠をコントロールできない時代があった。

50代の出産が珍しくない時代がやってくる

まとめると、現在は40代前半までの出産は珍しくないため、望んで妊娠する人がたくさんいるものの、40代後半では中絶する人が多い。当然、避妊している人はもっと多いだろう。その背景に、”「卵子の老化」キャンペーン”のような「高齢出産は好ましくない」という考え方があるのは疑いようもない。

 大正時代のように頻繁に性交し、避妊もしなければ、50代の出産はもっと増えるはずである。50代の妊娠、出産率は決して「ゼロ」ではない。メディアが垂れ流す情報を真に受けて、高齢での妊娠、出産を諦める女性が増えることが、数値を限りなくゼロに近づけているのだ。

 今後、生殖医療の進歩によって、50代の出産は徐々に増加していくだろう。増加が呼び水となり、50代の出産が珍しくない時代がやってくるかもしれない。

(1)現在確認できる最新の統計が2015年度のものである。なお、出生数(厚生労働省「人口動態統計」)は年毎、中絶件数(厚生労働省「衛生行政報告例」)は年度毎の統計となっているため、出生数は2015年4月から2016年3月までの月別出生数を合計した。
(2)厚生労働省「人口動態統計」
(3)国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」

最終更新:2017/08/20 07:15
こんな記事も読まれています
関連キーワード

“卵子の老化”で油断!? 中絶件数が出産件数を上回る40代後半のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

サイゾーレビューすべて見る

グッドワイフ

TBS/日曜21:00~

 常盤貴子、19年ぶりの日曜劇場主演!

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

日本テレビ/日曜22:30~

教師・菅田将暉が生徒を人質に学校に立てこもる!

トレース~科捜研の男~

フジテレビ/月曜21:00~

錦戸亮が“科捜研の男”に!

後妻業

フジテレビ/火曜21:00~

木村佳乃がコッテコテの関西弁で「悪女」に!

初めて恋をした日に読む話

TBS/火曜22:00~

“残念なアラサー女子”深キョンが3人の男から……!?

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

さすらい温泉 遠藤憲一

テレビ東京/水曜01:35~

遠藤憲一、俳優を引退して温泉宿の仲居に!?

刑事ゼロ

テレビ朝日/木曜20:00~

記憶喪失の刑事・沢村一樹が事件解決のために奮闘!

ハケン占い師アタル

テレビ朝日/木曜21:00~

杉咲花が「新・働き方改革」の救世主に

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

フジテレビ/木曜22:00~

竹内結子が6年ぶりの地上波連ドラ主演!

メゾン・ド・ポリス

TBS/金曜22:00~

新米刑事・高畑充希が5人のおじさんに振り回される

イノセンス 冤罪弁護士

日本テレビ/土曜22:00~

坂口健太郎が「冤罪弁護」に挑む!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ピエール瀧、コカインで逮捕!

“名バイプレイヤー”の不祥事に業界激震! NHK大河、出演映画はどうなる!?
写真
人気連載

少女が古車に恋する『バンブルビー』

 廃車置き場で眠っていた年代物のビートル(フ...…
写真
ドラマレビュー

『イノセンス』いきなり武田真治が……

(これまでのレビューはこちらから)  坂口健太郎主演ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~...…
写真