日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 『レコ大』私物化“実名告発”の中身
週刊誌スクープ大賞

バーニング・周防氏による『レコ大』私物化“実名告発”の中身とは?「レコ大が死んでしまう」

「週刊文春」(11/30号、文藝春秋)

今週の注目記事・第1位
「貴乃花の逆襲」(「週刊文春」11/30号)
「貴乃花『反撃の肉声』と『裏切りのX親方』」(「週刊ポスト」12/8号)
「暴行『日馬富士』謀略『貴乃花』7つの謎」(「週刊新潮」11/30号)

同・第2位
「前最高責任者が覚悟の実名告発『レコード大賞を私物化したあの男は許せない!』」(「週刊文春」11/30号)

同・第3位
「『安倍官邸』がフタしたい『美智子皇后の乱』」(「週刊新潮」11/30号)

同・第4位
「あぶない刑事」(「週刊新潮」11/30号)

同・第5位
「『5年連続100歳以上』が日本一多い『島根県』の秘密」(「週刊新潮」11/30号)

同・第6位「ビートたけしの『21世紀毒談』」(「週刊ポスト」12/8号)

同・第7位
「2018年、大きく変わる『税と社会保険』いまから準備しないと損をする」(「週刊現代」12/9号)

同・第8位
「『説教中にスマホいじり』許せますか?」(「週刊ポスト」12/8号)

同・第9位
「ZOZOTOWN前澤友作が密愛する17歳年下の美人女優」(「フライデー」12/8号)

同・第10位
「ゴッドマザー『安倍洋子』が悲嘆にくれた『岸信介』の嫡男の寂しき死」(「週刊新潮」11/30号)

同・第11位
「札幌タクシー蹴りまくり弁護士は本誌取材から逃げまくり」(「週刊文春」11/30号)

【巻末付録】現代とポストのSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 いや~まいった。現代に読みたい記事がない。巻頭の安倍政権がたくらむ大増税問題も、少し前にやったポストの記事のほうが余程インパクトがあったし、もう人工透析は要らなくなる腎臓再生は大きなテーマだが、実用化はまだ先のようだ。

 株の記事は、私には関係ない。熱々のご飯に納豆をかけるのは間違っている(熱で納豆キナーゼの働きが弱くなるそうだ)といわれてもな~。

 AbemaTVがテレビを支配する日が来るのかもしれないが、私が見たい番組はまだない。

 林真理子の日経の連載小説が「最高のエロス」で話題だといっても、彼女を思い浮かべてSEXシーンを読むのは……。

 どこか、読者の関心事とズレている気がするのだが。

 今週はどこもかしこも日馬富士暴行騒動で持ち切りだから、この話題に触れていない現代は、ちとおかしいのではないか。

 まずは11月6日に、札幌すすきのからタクシーに乗った杉山央(ひさし・37)弁護士が、酔って運転席の後ろのシートや防護板を蹴りながら暴言を吐き、挙句に「こんなカスに、金ないわ」と車体にスマホを投げつけ、990円の運賃を踏み倒したという文春の記事。

 一部始終はドライブレコーダーに記録されていて、北海道県警が杉山を暴行・器物損壊容疑で書類送検した。

 この杉山、父親は公認会計士で、自身は北海道大学法学部に進み、大学院在学中に司法試験に受かっている。

 約8年前から「赤れんが法律事務所」を立ち上げ、地元では知られた存在だという。

 だがビジネスには熱心だが、仕事を別の弁護士に丸投げするなど評判はよくないようだ。

 文春の取材にも答えることはなく、まあ、答えられないだろうが、逃げまくって、タクシー会社には謝罪も、示談交渉もまだないという。

 弁護士がエリートという時代は終わった。これからは人を見て依頼する時代である。こういう人間は淘汰されていくだろう。


123456
こんな記事も読まれています

バーニング・周防氏による『レコ大』私物化“実名告発”の中身とは?「レコ大が死んでしまう」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真