本多圭の「芸能界・古今・裏・レポート」

斉藤由貴は「パンツかぶってこい!」ビートたけしの“愛のムチ”に、どう応える?

『何もかも変わるとしても』(femme fatale)

 2月25日に都内のホテルで開かれる『第27回東京スポーツ映画大賞』(通称、東スポ映画祭)と『第18回ビートたけしのエンターテインメント賞』の選考が、1月21日に行われた。

 今年は、両賞の審査委員長であるビートたけしこと北野武監督の『アウトレイジ 最終章』が作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、新人賞の5部門を独占。同映画祭は、たけしが「独断と偏見で賞を選ぶ」と公言してきたが、同作品の受賞は、興行配収や評価も含めても異論がないところだろう。

 今年の東スポ映画祭は“アウトレイジ祭り”になるが、他に注目すべきは助演女優賞だ。

 助演女優賞は、これまで何度も東スポ映画祭で賞を受賞してきた是枝裕和監督の作品『三度目の殺人』に出演した女優の広瀬すずと、斉藤由貴の2人が選ばれた。特に斉藤の演技は、迫力があって際立っていた。たけしは「斉藤由貴は、パンティをかぶってきたら主演女優賞をあげるんだけどな」とジョークを言っていたが、それぐらい開き直ってくれることを期待したい。

 昨年夏、「週刊文春」(文藝春秋)に、50代男性医師との“W不倫”が報じられた斉藤。一度は釈明会見を開いて不倫を否定したが、約1カ月後に不倫相手の男性が斉藤のパンティを被っている写真が流出したこともあって、不倫関係を認めざるを得なくなった。結果、NHK大河ドラマ『西郷どん』や、Eテレの『高校講座 物理基礎』、TBSの歌番組の司会も降板。テレビだけでなく、ラジオの『オールナイトニッポン MUSIC10』(ニッポン放送)も降板した。

 テレビやラジオ以上に痛かったのは、飲料水「天使のララ」と携帯電話「au」の2本のCMの打ち切りだろう。不倫騒動で莫大な違約金が発生したという情報も流れたが、実際には発生しなかったという。それにしても、契約金の一部は返済しなければならない。斉藤のCMギャラは推定2,000万~3,000万円。不倫によって、少なくとも5,000万円のマイナスが発生したことになる。もはや、財政的にも死活問題にまで発展しているという。

 それだけに東スポ映画祭の助演女優賞に選ばれた斉藤には、「パンティをかぶってきたら主演女優賞」というジョークを、実際に断行するくらいの開き直りが必要だろう。パンティはかぶらないにせよ、大舞台でたけしにイジってもらえるのは、再起の場としては、いい機会のはず。斉藤が東スポ映画祭の授賞式に出席するのか否か、注目したい。
(文=本多圭)

最終更新:2018/01/28 10:00
こんな記事も読まれています

斉藤由貴は「パンツかぶってこい!」ビートたけしの“愛のムチ”に、どう応える?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

「パパ活」アプリ利用者の実態

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017年)のヒット以後、「パ...…
写真