日刊サイゾー トップ > 芸能  > 文春砲に乃木坂アイドルがガチギレ

“文春砲”直撃でアイドルがガチギレ!? 乃木坂46・能條愛未「匂わせ」連発で、ついに御用……

乃木坂46 公式サイトより

 4月15日配信のインターネット番組『直撃! 週刊文春ライブ』で、乃木坂46・能條愛未の「お泊まり&ドライブデート」が報じられた。配信内では記者が能條を直撃する動画も公開されたのだが、視聴者からは「能條ってアイドルの態度が悪すぎる」といった声が上がっている。

 この報道によると、お相手は『仮面ライダーディケイド』(テレビ朝日系)への出演経験もあるイケメン俳優・戸谷公人。2人は3月に『少女革命ウテナ ~白き薔薇のつぼみ~』という舞台で共演しており、その時から交際していたものと疑われている。

 乃木坂46の1期生であるものの、まだまだ知名度の低い能條。そのためネット上では「誰?」という声も多いが、やはりファンの中には「愛未ちゃん、文春に撮られちゃったか」「いいキャラなのにこれで卒業とかになったら残念」「終わった……」とショックを受ける人も多いようだ。

「今回『週刊文春』はパワースポットへのドライブデートを楽しんでいる2人を直撃し、その時の動画も公開。しかし能條は終始無視を貫き通しており、記者の『ファンの方に一言お願いしていいっすか?』という声も空しく、戸谷と車に乗り込んでしまいます。そんな能條の態度にネット上では、『ドアの閉め方とか相当キレてるな』『態度わる! せめてファンにはなんか言えよ』『これがアイドルの本性か……』といった声が。また車が出発する際にもシートベルトを締める素振りを見せていなかったため、『キレててもシートベルトは締めろ』『恋愛はいいけどシートベルトは許さない』などとも指摘されていました」(芸能ライター)

 熱愛をスクープされただけでなく、態度の悪さも露呈してしまった能條。しかし一部からは「デートを直撃されたら誰だってこんな態度になるでしょ」「下手なこといったら余計炎上するし、あそこは無視で正解」「シートベルトだってあんな状況じゃ締め忘れても仕方ない。私有地だったのかもしれないし」と擁護する声も上がっている。

「アイドルファン以外の層には『もう23歳だし恋愛くらい……』と許容する人も少なくありません。一方で『内緒にしてたらいいけど、この人の場合は前々から匂わせてたしアイドルとして終わってる』という厳しい意見も。確かに能條は戸谷と舞台で共演した3月あたりから、Instagramに同じ“桜”の写真を投稿するなど、さまざまな匂わせ行為をしていました」(同)

 川村真洋や生駒里奈など主要メンバーが相次いで卒業していく乃木坂46。世代交代に向けて大変な時期かもしれないが、今後もファンに夢を与えるアイドルとして活躍してもらいたい。

最終更新:2018/04/16 19:00
こんな記事も読まれています

“文春砲”直撃でアイドルがガチギレ!? 乃木坂46・能條愛未「匂わせ」連発で、ついに御用……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真