日刊サイゾー トップ > 芸能  > たけしも暴露「熱湯風呂」本当の温度

ビートたけしは“暴露”したけれど……それでも熱い「熱湯風呂」本当の温度は?

【校正待ち】ビートたけしは暴露したけれど……それでも熱い「熱湯風呂」本当の温度は?の画像1
ビートたけし

 24日放送の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)において、ビートたけしが「熱湯風呂は本当は熱くない」と暴露し、話題となっている。たけしは「週刊新潮」(新潮社)に報じられた芸能事務所の“熱湯しゃぶしゃぶ鍋事件”を受けて「昔だったら俺も『熱い風呂』に入れたパワハラで、訴えられてるかもしれない」と話し、笑いを誘っていた。だが続けて「本当は熱くないからね、別に。あれでヤケドしたヤツ、見たことない」と企画の裏側を語った。

「熱湯コマーシャル」は1983年から99年まで放送された『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)の名物コーナー。出演者が熱湯風呂に入った時間だけPRができる企画だ。たけし軍団やアイドルなどがルーレットで指名され“入浴”する場合もあり、たけしが当たった回もある。今回、当事者によって「熱くない」と暴露されてしまった「熱湯コマーシャル」は、実際は何度くらいだったのだろうか。

「『熱湯コマーシャル』に使用されているお湯の温度は、50度前後だったようです。これ以上になると低温やけどのリスクがあるため、ギリギリの配慮はなされていたわけです。ただ、人間の体感としては体温から5度上回ると熱いと感じるといわれていますので、100度の熱湯ではなくとも、決して『ぬるい』わけではないでしょう」(業界関係者)

 さらに『スーパーJOCKEY』の「熱湯コーマーシャル」には、時間にまつわるエピソードもある。

「この番組は生放送をうたっていましたが、実際は午後1時から2時の生放送に続き、もう1週分を2本撮りしていたようです。そのため1本目の生放送のお湯は熱く、2本目の収録時には冷めているといった裏話もあったようですね」(同)

 それでも、たけしの言う通り致命的な事故を起こしていない点に関しては、番組制作側にプロフェッショナルの技量があったと評価できそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/11/29 20:00
こんな記事も読まれています

ビートたけしは“暴露”したけれど……それでも熱い「熱湯風呂」本当の温度は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

山田ルイ53世インタビュー

「ルネッサ~ンス」で一世を風靡した……という書かれ方もうんざりするほど経験しているで...
写真