日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 獣姦男「ヤギから同意を得ていた」

「ヤギから同意を得ていた」獣姦容疑で逮捕された男が潔白を主張

実況見分で、「このヤギとヤリました」とばかりに被害者のヤギを指さすカンバニ容疑者

 昨年Twitter上では、#MeTooのハッシュタグとともに、自らが受けたセクハラや性的暴行の被害体験を告白する動きが広まった。そこで加害者として名指しされた人々の多くが口にしたのが、「合意の上だった」という言葉である。

 アフリカ南東の内陸の国、マラウイの農村で逮捕された21歳の容疑者も、そんな釈明を繰り返している。ケネディ・カンバニという男にかけられた容疑は「獣姦」。他人が所有するヤギをレイプしたというのだ。

 草原で放牧されていたヤギの群れの中に一人の男が紛れ込んでいるのを、ヤギの持ち主が発見した。ヤギが盗まれそうになっていると思った持ち主は、仲間を引き連れて男の元へ駆けつけた。

 すると、彼らが目にしたのは、一匹のヤギを後ろから犯している男の姿だった。

 男はすぐさま警察に突き出され、獣姦の容疑で逮捕された。ちなみに日本では獣姦は違法ではないが、世界各国には動物愛護の観点や宗教的な理由から、獣姦罪が定められている国が少なくない。

 警察の取り調べに対し、男は「セックスする前にヤギの許可を得た」と主張しているという。ちなみに、犯されたヤギがメスだったかオスだったかは公表されていない。

 アフリカでは、これまでも似たような事件が各地で起こっている。昨年11月には、マラウイのお隣の国・ザンビアで、妊娠中のヤギを犯したとして逮捕された22歳の男が、15年の強制労働の刑となっている。南アフリカでも、同様に近所の妊娠中のヤギをレイプした男が逮捕されている。

 ヤギやヒツジというのは、尻の高さがちょうどいい位置にあり、また比較的おとなしいことから、獣姦しやすいのだろう。古くから、ヤギやヒツジを放牧するため人里を長いこと離れる羊飼いが、群れのメスを相手に性欲を解消していたとされている。

 とはいえ、そんなヤギたちからセックスの同意を得るのは難しそうである。

 

最終更新:2019/01/16 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「ヤギから同意を得ていた」獣姦容疑で逮捕された男が潔白を主張のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真