日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 期限切れワクチン誤接種で乳児が…

乳児145人に”期限切れワクチン”誤接種で、高熱や嘔吐の健康被害も……

期限切れワクチンの接種で、高熱や発疹など健康被害を訴える乳児もいるという

 中国では近年、偽ワクチンの横行が社会問題となっているが、またもや不祥事が起きた。「ETtoday」(1月14日付)などによると、江蘇省の行政保健機関で、少なくとも145人の乳児に期限切れのポリオワクチンが誤接種されていたことが判明したのだ。期限切れワクチンの影響で全身に発疹が出たり、高熱や嘔吐といった健康被害に見舞われた乳児もいるという。

 同ワクチンは「北京北生研生物制品有限公司」が製造したもので、有効期限は2018年12月11日と記載されていた。つまり、1カ月近く期限の過ぎたワクチンを接種されたということだ。当局も事態を重く見ているようで、保健当局者や県職員など17人に免職や党除籍などの処分が下る、大規模な騒動に発展している。

 だが、期限切れは今回に限ったことではないようだ。この報道を受け、ある親が過去の記録を見返したところ、子どもが14年6月9日に金湖県人民医院で接種したBCGワクチンの有効期限が同4月8日と記載されているのを発見。病院側に問いただすと、「調査したが、期限切れを使用した事実はない。ワクチンがここから衛生院に運ばれた後に、向こうが日付を書き間違えたのではないか」と、責任転嫁とも取れる回答が返ってきた。同病院では別の子どもに対しても、同じロットのワクチンを同5月13日に誤接種していたことが判明しており、過去をたどれば同様の事例はまだまだ出てくるものとみられ、中国医療行政の適当さが露見した格好だ。

自分たちのエリアでは期限切れワクチンが見つからなかったからか、笑いをこらえきれない淮安市洪澤区の役人

 ネットでは当然、非難の声が殺到したが、さらに追い討ちをかけるような出来事が起きた。事件を受け、近隣の淮市洪澤区では緊急会議を招集。その席上で、役人が笑みを浮かべている映像がネット上で拡散されたのだ。同区内で期限切れワクチンの使用は確認されなかったため、「“自分たちは難を逃れてよかった”とでも思っているのか?」といった意見が噴出いている。

 不謹慎とはいえ、そこまでの炎上は揚げ足取りのようにも見えるが、日頃の役人に対する不満が爆発したのかもしれない。いずれにせよ、事件の真相がうやむやになることだけは避けてほしいものだ。

(文=大橋史彦)

最終更新:2019/01/18 14:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

乳児145人に”期限切れワクチン”誤接種で、高熱や嘔吐の健康被害も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真