日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宇垣美里がたどりつく「墓場」とは?

宇垣美里“退社報告”の波紋……フリー転身でたどりつく「墓場」とは?

宇垣美里退社報告の波紋……フリー転身でたどりつく「墓場」とは?の画像1
TBSラジオ『アフター6ジャンクション』公式インスタグラム(@after6junction)より

 かねてより退社がウワサされていたTBSの宇垣美里アナウンサーが、5日放送のラジオ番組で退社を発表。現役局アナとしては異例のグラビアデビューを飾るなど、ルックスには定評がある彼女だが、フリーとしてはどうなのか。

 宇垣の退社発表は、彼女がアシスタントを務めるTBSラジオの『アフター6ジャンクション』で発表された。宇垣は、「やっめまーす」「ちょっとパタパタと飛び立ってみようかな」などと述べ、退社時期については3月末日と説明。4月以降に関するコメントはなかったものの、フリーに転身するものと見られている。これで2015年以降、枡田絵理奈、田中みな実、吉田明世と、立て続けに人気アナを失ったTBSだが、宇垣に関してキー局の関係者はこう語る。

「すでにいろいろな所で報じられていますが、宇垣は昨年3月、『あさチャン』の降板を申し渡された際に、コーヒーカップを壁に投げつけて以来、社内では完全に干された状態でした。青年誌のグラビアを飾れるほどの美貌を持ちながら、地上波のレギュラーが1本しかなかったのが、その何よりの証拠です。宇垣は退社について述べたラジオ番組で、TBSについて『のびのび感はすごかったです。治外法権って言われてましたから』などと言ったようですが、多分周りは、『どうせ辞める人に何を言ってもしょうがない』と、思っていただけだと思うのですが……」(キー局の関係者)

 そんな宇垣の所属事務所としてはオスカーなどの名前が上がっている。『サンデー・ジャポン』では、コスプレを披露し、その美しさが絶賛された彼女だが、前途洋々とは言い難いという意見もある。再びキー局の関係者の話し。

「加藤綾子レベルの人気女子アナなら、フリーになってもそのまま局に出入りできますが、宇垣レベルではまず無理です。彼女の扱いにくさは局の人間が誰よりもよく知っていますから、とりあえずTBSは当分出入り禁止でしょう。宇垣の場合、経験不足なので司会はできませんし、今のテレビ界には毒舌にニーズはありません。『可愛いのに毒舌』というギャップで、1度ぐらいはバラエティに呼ばれるでしょうが、あっという間に炎上キャラになるのがオチでしょう」(同)

 あのルックスでも居所がないとは、芸能界の厳しさを痛感させられるが、近年のテレビ界にはフリーに転身した女子アナがこぞって集結する場所があるという。テレビ情報誌の記者が語る。

「近年TOKYO MXが、キー局を辞めたフリー女子アナの重要な仕事場になっており、田中みな実、上田まりえ、本田朋子、大橋未歩などがレギュラーを掴んでいます。MXはキー局と違ってユルユルな雰囲気で、かなりのことを言っても許されますし、MXの人気番組の『5時に夢中!』や『バラいろダンディ』あたりなら、宇垣にピッタリでしょう」(テレビ情報誌記者)

『サンジャポ』では“闇キャラ”で注目された彼女。元・女子アナらしからぬキャラでブレークするか、あっという間に「あの人は今」になってしまうのか、4月以降の彼女は要注目だ。

最終更新:2019/02/11 21:00
こんな記事も読まれています

宇垣美里“退社報告”の波紋……フリー転身でたどりつく「墓場」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真