日刊サイゾー トップ > 芸能  > 勘違い発言で批判された有名人

『紅白』出演であいみょんが天狗に!? 勘違い発言でバッシングを浴びた有名人

あいみょん 公式サイトより

 ファンや世間からちやほやされる芸能人だが、中には“勘違い発言”で炎上してしまう人も。最近は、人気急上昇中のシンガーソングライター・あいみょんが「天狗になってる」と批判の的にされている。

 あいみょんは今年2月に放送された『SONGS』(NHK)に出演。昨年『第69回NHK紅白歌合戦』に出場した彼女は、番組で「『とんとん拍子ですね』って言われるのがすごい悲しい」「苦悩とか苦労は時間じゃないと思ってる。密度だと思っているんですよ」と語っている。さらに「私とマネージャーさんの“4年間”という密度はすごい濃厚だったので、とんとん拍子って言葉で片付けられるとすごい悔しくなる」とも告白。しかし視聴者からは「4年間で紅白出場したらとんとん拍子って言われるでしょ」「あえてテレビで言う必要ある?」「10年早い」との批判が相次いでしまった。

 今回はそんなあいみょんのように、勘違い発言でバッシングを浴びた有名人を紹介していこう。

 

●道端アンジェリカ

道端アンジェリカ 公式インスタグラム(@angelica_michibata)より

 まずは、“道端三姉妹”の三女・道端アンジェリカ。彼女は以前『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で自身の結婚観を語っていた。番組でアンジェリカは「結構稼いでないと無理かも。年で5,000万円は欲しい」「だって私の生活費も払わなきゃいけないし、家賃も払わなきゃいけない」と告白。“高収入”という部分にこだわりがあるようだが、共演者に「アンちゃん(アンジェリカ)も稼いでるじゃん」と突っ込まれていた。

 すると彼女は「それは私のお金だもん」「女の子からお金取る人なんて絶対いやだ。1円も取ってほしくない」とバッサリ。ちなみに自分のお金は、すべて自分のために使うという。共演者はやや引き気味だったが、アンジェリカは「そういうイメージングしかない」と断言。これには視聴者から「高望みし過ぎでしょ」「自分を何様だと思ってるんだろう」との声が上がっている。ちなみに彼女は2017年に、韓国国籍の一般男性と結婚。きっと彼女のお眼鏡にかなう高収入なパートナーなのだろう。

 

●和田アキ子

ホリプロ オフィシャルサイトより

 お次は大御所歌手・和田アキ子。『アッコにおまかせ!』(TBS系)で毎回さまざまなニュースをぶった切っている彼女だが、番組での発言が炎上してしまうことも少なくない。15年には、歌手・宇多田ヒカルの出産を報道。スタジオに祝福ムードが漂う中、和田は「妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから?」「やっぱり新曲のアレかね…… プロモーション?」と勘ぐった。

 これには共演者も「わからないですけどね、それは」と気まずそうにフォロー。しかしなおも話を続けようとしたため、出川哲朗が「アッコさんちょっとだけ静かにしといてください」と制止。そんな和田の発言に、視聴者からは「素直に“おめでとう”でいいのでは?」「すっかり“ご意見番”気取りだけど、発言がズレすぎ」「『自分なら何言ってもOK』って思ってる?」とのブーイングが相次いでいた。

最終更新:2019/03/14 17:30
こんな記事も読まれています

『紅白』出演であいみょんが天狗に!? 勘違い発言でバッシングを浴びた有名人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真