日刊サイゾー トップ > 芸能  > とんねるずDVDセクハラはカット?

とんねるずDVD発売も、セクハラ・パワハラ案件は全カット?

とんねるずDVD発売も、セクハラ・パワハラ案件は全カット?の画像1
『とんねるずのみなさんのおかげでBOX コンプライアンス 』( ポニーキャニオン)

 昨年春に終了した名物バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)のDVD-BOXの第2弾が近く発売される。「コンプライアンス」と題された全9枚組である。前番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』の内容も収録した30年の決定版だ。

「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」「全落・水落オープン」などすでにソフト化されている企画は除かれているものの、一連の名作ドラマのパロディ企画の中でも秀作といえる「太陽にほえるな」シリーズ、番組スタッフを集めて『紅白』出場まで果たした野猿プロジェクト、「宜保タカ子と行く 心霊体験バスツアー」など、名物企画が多く収録される。だが、別の意味ではとんねるず、特に石橋貴明の真骨頂といえる「セクハラ・パワハラ系」企画は収録されないもようだ。

「よく知られるところでは、1995年に放送されていたコントドラマ『近未来警察072』がありますね。無名時代の松嶋菜々子が出演しており、『ああ、クセになりそう! 私はあなた達のメスブタよ』『ダメ! 中はダメ! 外なら、どこでもいいから!』『オナラじゃないのよ、オナラじゃないのよ、ちょっと空気が入っただけ』といったセリフを言わされていました。いずれも性行為を連想させるフレーズで、これが夜9時台に放送されていたのは驚きですね」(業界関係者)

『近未来警察072』は内容よりも、松嶋にとって黒歴史となるため封印されたといえるだろう。ほかにも、あの名物キャラクターもDVDにはなさそうだ。

「『保毛尾田保毛男』ですね。七三分けと青ヒゲで公務員、岸田今日子演じる母親とふたり暮らしというシュールなコントです。こちらは『おかげです』の名物キャラクターのひとつでした。しかし17年に懐かしのキャラクターとして登場したところ、同性愛者を揶揄していると炎上してしまったのです。このほか、渡辺満里奈、今井美樹、工藤静香らの当時のアイドルたちへのセクハラシーンも見られなさそうですね」(同)

 こうして見ると「決定版」といっても味気ない内容となってしまいそうだ。ある意味では、30年を経てのとんねるずの「オワコン化」を記録する皮肉な内容となってしまったのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/04/20 18:00
こんな記事も読まれています

とんねるずDVD発売も、セクハラ・パワハラ案件は全カット?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真