日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 【珍スポ】高麗人参ランド
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.29

町の至るところに”隠れ人参”が潜む、高麗人参ランド「母子人参像」

今回訪れるのはこんな町です。いえーい

 韓国の真ん中あたりに「高麗人参すぎる町」があると聞いて行ってみた。忠清南道(チュンチョンナムド)・錦山(クムサン)郡。人口5万人ほどの小さな町だ。

 特産物の高麗人参が、町おこしのアイテムとして至るところに出現。町のマスコットキャラクターはもちろん高麗人参であり、毎年秋に「錦山人参祭」という一大フェスが開かれるほか、過去に3回「錦山世界人参エキスポ」までも開催されているという。

 錦山市外バスターミナルまで、ソウルからバスで2時間30分。バスが高速道路を降り街中に入ったところで、我々部外者を迎えるように、いきなり巨大な高麗人参2本が車窓を横切った! ちょっと、心の準備がまだなんですけど……。

 やがてバスは小さなバスターミナルに到着。そこは日中から暇そうなお年寄りたちでにぎわっている。ターミナル前のタクシー乗り場には、待ち人のためなのか暇な人のためなのか運動器具やテレビが並んでおり、そんなソウルとはまったく違う景色に興奮してしまう。

お年寄りが集うバスターミナル前
ターミナル周辺の市場にて、サウンドシステムを積んでポンチャックを爆音で流すママチャリに遭遇

 気になるさっきの高麗人参像までは、タクシーで5分、徒歩でも15分ほどの距離。像が立つ場所「錦山歴史文化博物館」の名を告げ、タクシーに乗り込んだ。

 車が目的地に近づくにつれて、遠くの高麗人参が悪夢のようにぐんぐん大きくなっていく。

1234
こんな記事も読まれています
関連キーワード

町の至るところに”隠れ人参”が潜む、高麗人参ランド「母子人参像」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真