日刊サイゾー トップ > 芸能  > ピン子『おまかせ!』出まくりの理由

“AAA知らない発言”の泉ピン子、『アッコにおまかせ!』出まくりの理由は……?

AAA知らない発言の泉ピン子、『アッコにおまかせ!』出まくりの理由は……?の画像1
和田アキ子 公式インスタグラム(@ako50th)より

 21日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、女性への暴行事件で逮捕されたAAAの浦田直也の話題が大きく取り上げられ、出演者の泉ピン子による「誰これ知らない?」発言が話題となっている。泉は「リーダーなのにバカじゃないのか」「酒の飲み方が悪い」「名前がわかりづらい」「レコード大賞は順番待ってれば来る。大したことない」とまくし立てた。

 泉といえば、2018年4月に同番組に9年ぶりに出演して以来、準レギュラー的に登場し、数々の「毒舌」を炸裂させている。ベッキーと巨人の片岡治大コーチの結婚に関しては「報告がないので失礼」と話したほか、派遣マッサージ店の女性に性的暴行を働いた俳優の新井浩文に対して「もう芸能界に帰ってこなくていい」と激怒するなど、和田をしのぐ“ご意見番”として活躍中だ。

 泉の露出拡大の背景には、番組をめぐる事情がありそうだ。

「『アッコにおまかせ!』は1985年の放送開始以来、30年を超える長寿番組として知られていますが『アッコのコメントが的外れ』『ほかの出演者がアッコに忖度しすぎ』といったマンネリ、オワコン批判が巻き起こっています。泉の起用は明らかに“テコ入れ”の要素があるといえるでしょう。和田と同じ毒舌キャラながら、コメントは的確であり、上沼恵美子を彷彿とさせる『愛のある説教』要素もあるでしょう」(芸能関係者)

 彼女の活躍により予想されるのが、和田から泉へのTBS日曜昼の顔の「禅譲」である。

「和田は来年、70歳の古希を迎えます。『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が一区切りをつけたように、どこかで番組を終わらせるタイミングを見計らっているといえます。後任として、親交がありTBSに絶大な影響力を持つ泉に番組枠を譲り渡すとなれば、和田の顔も立つでしょう。泉の相方としては、『ぴったんこカン・カン』でも共演し“盟友”である安住紳一郎アナウンサーを迎えれば“鬼に金棒”ともいえそうです」(同)

 泉の毒舌は「ポスト和田アキ子」を探るための観測気球とも考えられ、その試みは成功しているともいえそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/04/25 12:00
こんな記事も読まれています

“AAA知らない発言”の泉ピン子、『アッコにおまかせ!』出まくりの理由は……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真